毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4767号 毎日を真剣に生きている私(鮒谷)が立てている「2つの目標」とは

■私(鮒谷)は毎日、真剣に生きています。


 真剣に生きている人を
 バカにする人も時折、現れますが、

 そういう人は、基本、

 「ヒマな人」

 であるから、

 真剣に生きている私としては、
 特に何かを感じることはありません。



■いかなる罵詈雑言を浴びても、

 受け流していたら、
 受け取っていないのと同じ、

 です。

 受け取らないもの(爆弾)は、
 相手の手元に残るわけですが、

 そのあと、どうなるかは、
 私の知るところではありません。



■さて。

 今日はそんな話をしたいのではなく、

 なぜ私が毎日を
 真剣に生きることができるのか、

 について述べようと思います。


 端的に説明するならば、

 「定性目標と定量目標」

 の2つをハッキリと掲げているからです。



■定性目標は、
 中長期の未来についての目標であり、

 「定性」

 と名付けられているところからも
 おわかりの通り、

 「数値では表せない目標」

 を示しています。


 私であれば、

 「本物でありたい」

 「圧巻の存在でありたい」

 「卓越した存在でありたい」

 「プロフェショナルでありたい」

 「圧倒的な価値を世の中に残し続けたい」

 といったもの。



■これらの目標は、

 「本日、○月○日をもって、
  達成いたしました!パチパチパチ!!」

 といったものではありません。


 「本日、○月○日をもって、
  本物になりました」

 とか、言ってる人があったとすれば、


 その人は紛れもなく、

 (関西弁流にいうと)

 「ニセもん、パチもん、紛(まが)いもん」

 ということになるでしょう。



■つまり、

 「本物でありたい」

 という目標は、
 永遠に目標であり続けます。


 だからこそ、常にピリッと張りつめた
 気持ちを私にもたらしてくれるのです。



■けれども、

 ずっと張りつめた気持ちで
 い続けられるのかというと、

 それはそれで難しい。

 だって、にんげんだもの。


 そんな

 「にんげんな私」

 が惰性に走るのを引き止めるために
 頼むのが

 「定量目標」

 です。



■これは文字通り、数値で表せる目標、です。

 私であれば、
 たとえば一つの例として


 「当期の売上目標」

 「今四半期の売上目標」

 「今月の売上目標」

 「今週の売上目標」


 といったものを掲げています。



■一日、何回もこの数字と進捗率、
 ならびに残日数を確認し、

 常に現実の数字が先行するように
 全力を尽くしているのです。

 (実際には、必死で追いかけていること
  のほうが圧倒的に多いわけですが、、)


 だから頑張れる。



■こうした

 「定性目標&定量目標」

 の両方を持つことによって、


 (やりたいことしかやらないわけだから)

 「楽しみつつも、
  気を抜けない状態」

 を作り出すこととなり、

 毎日、真剣に生きられることになるのです。



■賢明なあなたなら
 既にお気付きの通り(!?)、

 この数日、

 「当社の企画案内」

 が連日のように打ち込まれましたね。


 これは、ひとえに

 「(定量)目標未達」

 が生み出した、私の行動です。



■目標がなければ何をしていたか。

 きっと、ゆったりリラックスしていたのでは
 ないでしょうか。

 (そして、結局、大したことをやらずに
  後悔する)


 でも私にとっては、
 ちょうど昨日(9月末日)が

 「当社の第1四半期の締め日」

 に当たっており、
 未だ、売上目標が未達であったから、


 全力で、前のめりで、
 企画を考え、実行に移し、

 売上を立ててきたわけです。



■私はあなたに

 「絶対に目標は立てたほうがいいですよ」

 とまではいうつもりはありません。

 価値観とかも人それぞれですし。


 けれども同時に、

 「目標から凄いパワーが生み出される」

 ことは間違いないと信じているので、
 その力について、

 信じてもらえる、
 信じてもらえない、

 はともかく、
 お伝えするべきではないか、

 と思い、記させて頂いた次第。



■と、こうして書いているうちに
 なんと、気がついてしまった!!

 今日が

 「当社の第2四半期の初日」

 に当たっていることに(汗)


 ウカウカしていると、また
 後から大変なことになるので、

 スタートダッシュしなければなりません。


 、、、こうして毎日、

 「楽しく、かつ、全力」

 の毎日を過ごさせて頂いているのです。



■人生において、エネルギーがあるのに
 そのエネルギーを持て余し、

 真剣になれない辛さほど、
 辛いものはないのではないか、

 と考えています。

 私(鮒谷)がまさにその状態の、
 長期にわたる経験者であっただけに。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■毎日を真剣に生きたいのであれば    「2つの目標」    すなわち、定性目標と定量目標の両方を    立てるべき。   ■定性目標は死ぬまで到達し得ぬ、    究極の北極星のような目標であり、    定量目標は達成か未達かが明確に分かる、    数値で表せる目標のこと。   ■双方の目標を掲げることによって、    中長期的にも短期的にも、真剣に生きる    ことができるようになる。   ■人生において、エネルギーがあるのに    持て余し、    真剣になれない辛さほど、辛いものは    ないのではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。