毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4697号 完璧主義を廃し、テキトー主義で生きていく

■やるべき仕事を溜めてしまうと、

 溜めた仕事は時間の経過とともに、
 沈殿していくこととなります。


 ここから生じる負担が、心身に、

 あたかもボディーブローのように
 ダメージを与えることになるわけですが、

 思い当たるフシのある方も
 少なくないでしょう。



■こうして、もともと有していた
 100の生産性が90に減じ、

 (処理能力が減少しているにも
  かかわらず)

 再びお得意の先送り癖を発動し、
 さらに仕事を溜めてしまうと、

 時間の経過とともに腐敗し、腐臭を放ち、
 やがては毒素を撒き散らすようになる。



■ここまでいくと、


 脳内メモリーは滞留している
 仕事に奪われるし、

 人さまには迷惑をかけるし、
 自尊心は毀損されるし、

 毒素が徐々に体中を蝕み始め、

 ますます生産性が減じられることに
 なるでしょう。



■こうして80になった処理能力で
 再びタスクを行おうとするわけですが、

 そもそも処理能力がかなり落ち、
 やる気も滅失し始めているので、

 仕事を終わらせきれなくなって、
 ストレスが過剰、過多となり、

 これを幾度か繰り返した、
 挙げ句の果ての行きつく先は

 「敵前逃亡」

 という形になるのです。



■私(鮒谷)自身、

 サラリーマン時代にこのサイクル

 (仕事を溜めて、毒素にまみれ、
  敵前逃亡、、)

 を何回も繰り返し、


 否、独立起業してからも何度も重ね、

 その有り様は文字通り、

 骨がらみの悪癖、
 病膏肓に入る、

 という感じでありました。



■そんな私が、

 沈殿、蓄積された毒素による
 ダメージを受けなくなり、

 ほぼ、ストレスフリーの世界に
 入ることができたのは、

 完璧主義を捨てたことから。


 そして手持ちの時間内で何を、
 どのくらいの時間でできるのか、

 逆算し、見積もり、
 全てを終わらせるためには

 「(ときに)大体でいいや」

 の精神を発動するようになった
 ところから。



■やるべきことは
 きっちりと行うけれども、

 全体を俯瞰しつつ、
 手を抜くべきは潔く、手を抜く。


 さらには、
 いっそのこと、
 タスク自体を棚上げしてしまう。


 そんな赦しを自らに
 与えられるようになったときから、

 人生が変わり始めました。



■何でもかんでも完璧主義で、
 すべてをきっちりと行おうとして、

 タスクを溜め、ストレスまみれに
 なるよりは、

 案件によっては60%、案件によっては30%、
 案件によっては廃棄する、

 といったことをリアルタイムで
 意思決定し、行動し続け、

 寝る前までに、
 すべてのボールを離してしまう、

 これが大事です。



■完全主義、完璧主義で、

 クソがつくほど、
 真面目であるほどに、

 自らの首を絞めることになります。


 そんなことになるくらいなら、

 (良い意味で)

 いい加減、テキトー、見切り発車、
 質よりもスピードを、

 という意識を持ち、
 手元に仕事を滞留させなくなると、

 常にストレスなく、したがって
 処理能力が減じられることもなくなり、

 処理能力が100なら、
 100のまま残るようになるのです。



■こうして量をこなしていくうちに、

 意思決定から行動までのサイクルを
 回す量稽古を、

 圧倒的に重ねることになるから
 必然的に処理能力も上がっていくもの。


 そんな善循環が生み出されることと
 なるのです。

 人生はテキトー主義でうまくいく。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事を溜めてしまうと、そのために    脳内メモリーが奪われ、    急激に生産性が低下することとなる。   ■ひとたび、この状況に陥ると、    生産性の低下がさらなる生産性の低下を    引き起こす、    そんな悪循環に入ることとなる。   ■この悪循環を打破するには、    完璧主義でなく、良い意味でいい加減で、    適当で、スピード重視に切り替えて、    次々に目の前のタスクを処理していって    しまう、    テキトー主義の赦しを自らに与えること。   ■そのうち、量稽古が処理能力の向上に    寄与するようになり、    単位時間あたりの生産性がどんどん    上がっていくことともなるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。