毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4694号 本気に勝るマーケティングはない


■今の時代、

 「本気に勝るマーケティングはない」

 のではないかと思うようになりました。


 一言でいえば

 「時代は本気を求めている」

 と言えるのではないでしょうか。



■ここ数年、

 ずっと現場に張り付き、
 (=人と出会い続け)

 感じていることは、


 多くの人の願望が

 「ゆったり過ごしたい」

 から、

 「本気を出したい
  (自分の潜在的な可能性を開放したい)」

 に変わっているように思えること。



■少なからぬ人が

 「魂を燃やしたい」

 という、

 未充足の強いニーズを
 抱えているのは間違いありません。


 極端にいえば、

 「生きながら死んでいる人には
  なりたくない」

 という強烈なニーズが
 潜在化されているのです。



■だからこそ、


 (休日も休暇も取らず、
  盆も正月も関係なく、

  365日、朝から晩まで修行僧のように
  働き続けている)


 普通に考えたら、
 絶対に真似なんかしたくないであろう、

 と思えるはずの私(鮒谷)の
 ライフスタイルであるにもかかわらず、


 少なからぬ方から、
 ほんとうに頻繁に、

 「自分がテーマと設定したことに対し、
  鮒谷さんくらい没頭・没入してみたい」

 と言われるのだと考えています。



■もちろん、

 「ただ忙しく働けさえすればいい」

 といったものではない、


 「世の中の役に立っている」

 「自己の存在意義を感じられる」

 「感謝される実感の持てる」

 「好奇心と興味関心を持って、
  止めろと言われても取り組まずにおれない」


 そんな対象に対し、没頭・没入したい、

 ということなのだと思います。


 そんな世界に至りたい、という
 強い欲求を、

 コンサルクライアントさんからも
 つねに感じています。



■当然、私(鮒谷)も、

 これまで自分が行ってきることが、


 「世の中の役に立っている」

 「自己の存在意義を感じられる」

 「感謝される実感の持てる」

 「好奇心と興味関心を持って、
  止めろと言われても取り組まずにおれない」


 ものであると
 強く感じているからこそ、

 365日、休むことなく働き続けられるし、
 それが一切、苦になりません。



■どうやら、こうした

 「本気」

 には今の時代にあっては
 高い希少性があるようで、

 この本気さに触発され、

 セミナーやコンサルにお越し下さる方も
 多々いらっしゃいます。



■考えてみたら、一昔前の

 「プロジェクトXブーム」

 も、現在であれば、

 「AKBファミリー(?)の興隆」

 も、


 一つのことに本気で打ち込んでいる
 姿に惹かれてしまう

 「人間としての本能、潜在欲求」

 が触発されているから、

 と言えるのではないでしょうか。



■そんなことを考えれば考えるほど、


 (醒めた態度、の逆張りであるところの)

 「本気に勝るマーケティングはない」


 と思わずにはおれません。


 だからこそ、

 これまでもそうでしたが、
 これからは、

 「さらに本気で生きていく」

 ことを、ここに宣言しておきます。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■今の醒めた時代にあっては、    「本気に勝るマーケティングはない」    といえるのではないだろうか。   ■形だけ見れば、どうしたって真似したい    とは思えない、    「24時間365日戦闘態勢」    の姿勢を羨ましいと思う人が少なからず    あるという事実こそが、人間には    「本気で生きたい」    という強い欲求がある、    何よりの証明とはいえないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。