毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4663号 「1を聞いて、10を知る人」こそが空気売り稼業の人の、販売対象者


■世の中には

 「1を聞いて、10を知る人」

 と

 「10を聞いて、1を知る人」

 の2種類の人がいます。



■前者は大した話も聞いていないのに
 勝手に広く、深く受け止めて、

 自らの文脈に紐づけて理解し、
 行動し、成果を出していく人です。


 後者はどれだけ広がりがあり、
 深い話を聞いたとしても、

 我がこととして捉えることができず、
 歩留まり悪く、理解も浅く、

 一向に行動に移せず、
 結果として、成果も出せない人。



■後者の人は、たとえるならば、

 ぼーっと口を開けて、

 何かを放り込んでもらうのを
 待っていて、

 かつ、何を放り込んでもらっても
 満足しない人、

 ともいえるでしょう。



■私(鮒谷)のように、

 セミナーやコンサルを行う人間に
 とっては、


 どちらをお客さまにしたいかというと、
 もちろん、後者(!)、


 ではなく、前者、すなわち、

 「1を聞いて10を知る人」

 です。



■ところで、

 このメールマガジン(平成進化論)は
 士業、コンサル、あるいは、

 それに類似する仕事をされている方
 (すなわち「空気売りの皆さまw」)

 が、たくさんお読み下さっています。


 その方々に向けて、今日は特に

 「空気売り(実体なきを売る!?)の
  極意」

 をお伝えしようと思います。



■その極意とは、


 「言語化された形で、
  圧倒的に高い目標を掲げている人、

  あるいは、
  言語化はされていないものの、

  今いる場所は、
  本来いるべき場所ではなく、

  もっと高いところにあるはずだと
  思っている人」


 のみを対象とすることです。



■高い目標、志を持っている人だからこそ、


 目標と現状の間に真空状態が生まれ、
 たとえ1しか聞かなくとも、

 想像力、演繹力、類推力、洞察力を
 発動させて、

 10を知ることができるようになるし、


 反対に、

 何の目標も定めていない、

 成り行き任せの右肩下がりの人生を
 送っている方は、

 想像力も演繹力も類推力も洞察力も
 発動させる動機が生まれませんから、

 せっかく、10の話を聞いても
 1を知る人にしかなれないのです。



■私(鮒谷)が、
 セミナーやコンサルをするときには、

 会場にはもちろん、

 「1を聞いて10を知る人」

 しかいらっしゃいません。


 別の言葉で言うと、

 顕在的、あるいは潜在的に
 高い目標を掲げられたお客さましか、

 いらっしゃいません。



■なぜなら、あらかじめ、
 あなたのような、

 「1を聞いて10を知る人」

 しか来られないような
 仕組み、仕掛け、システムを、

 自社のビジネスの構造の中にふんだんに
 織り込み、埋め込んでいるからです。



■本日は、

 この仕組み、仕掛け、システムについて
 詳しくお伝えすることはいたしませんが、


 もし、あなたが

 「空気売り稼業」

 あるいは、

 それを目指している人であるならば、


 こうしたことを理解し、
 あるいは留意するだけで、

 上述のような理解を持たずに
 ビジネスをしている人と比べると、

 10倍喜ばれ、10倍儲かるようにも
 なるでしょう。



■どうしても、

 この仕組み、仕掛け、システムを
 自社の事業構造に組み込みたい、

 という方には、

 (メルマガには書ききれず、
  カスタマイズも必要になってきますので)

 別途、個別コンサルにて
 お伝えしています。


 ※需給バランスが本格的に崩れつつあるので、

  睡眠時間を確保するためにも
  近日中の価格改定(値上げ)を検討中、、、


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■世の中には、1を聞いて10を知る人と、    10を聞いて1を知る人の2種類がいる。   ■士業やコンサルタント、セミナー講師など    「空気売り」を生業とする方は、    前者(=高い目標を掲げている人)を    クライアントにする方がよいだろう。   ■なぜならば、そうした方々は想像力や    洞察力や行動力に優れ、成果が出やすく、    楽しく仕事ができ、相手に喜ばれ、利益も    生まれやすくなるからだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。