毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4541号 「楽して儲かる」という言葉を絶対肯定すべし


■ビジネスにおいて、

 「楽して儲かる」

 という言葉はあまり聞こえがよくない、

 あるいは、

 下品な言葉のように取り扱われます。


 確かに疑問を感じるような文脈で、

 「楽して儲かる」

 という言葉を見聞きすると、

 大いに違和感を覚えざるを得ません。


 しかしながら

 「(正しい意味での)楽して儲かる」

 という状態は、絶対肯定してもよいのです。



■なぜならば、


 楽してより儲かる仕組みとは、

 より多くの人に、
 より効率的に価値を届けている仕組み、


 ということに他ならないから。



■前者、すなわち、

 「楽して儲かる」

 という言葉に盛り上がる人もあれば、


 後者、すなわち、
 「より効率的に価値を届ける」

 という言葉に盛り上がりを覚える人、


 はたまた、両方が一致したときにのみ
 盛り上がれる人、

 それぞれあると思います。



■でも、

 本質的には、どちらも一緒だから、
 最も盛り上がる方法で追究すればよいのです。


 正しい意味で用いるならば両者は、


 裏と表の関係であり、

 陰と陽の関係である、


 からです。



■ビジネスの合理化、効率化を徹底すれば、

 投下資源(時間、お金、人など)
 一単位当たりの生産性が高まります。

 そうすれば、
 結果として儲かるのは当たり前です。


 儲かっている原因は、

 「より多くの人に、
  より効率的に価値を届ける」

 ことが徹底されたからに過ぎません。



■したがって、


 「楽して儲けるという」

 言葉を決して悪い意味では解釈せず、

 その状態を正しい意味で、
 絶対肯定すればいいのです。


 この状態を正しい意味で、
 徹底追及していけば

 結果的により多くの人に、
 より多くの価値を提供する、

 ことができるようになるでしょう。

 (結果、儲かりもする、と)



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】

  ■ビジネスにおいて一般的に「楽して儲かる」という言葉は、
   あまり聞こえがよくないものと認識されているようだ。

  ■しかし、正しい解釈でありさえすれば「楽して儲かる」とは、
   より効率的に価値を届けていることの言い換えに他ならない。

  ■すなわち、より多くの人に、より効率的に、価値を届けて
   いるわけだから、結果として儲かるようになる、ということ。

  ■(正しい意味での)楽して儲かる、という言葉を絶対肯定し、
   徹底追及することで、ビジネスの生産性を高め、

   より多くの人に、より多くの価値を提供することに
   注力してみてはどうだろう。

   (結果として、あなたは儲かることにもなるだろう)

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。