毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4473号 学ぶ者は「座談」「放談」の場にこそ身をおくべし


■実のところを言うと、学ぶ者にとっては

 「放談(を聞く)ことこそが、一番の価値」

 であると思っています。


 だから私も書籍を読んだり、
 セミナーに参加したりして

 「これは!!」

 と思った人とは、


 「書籍やセミナーを通して伝えられる、
  体系立てられた学びでは網羅され『得ぬ』学び」

 を汲み上げるために、

 極力、プライベートな場面で
 お付き合いさせて頂きたいと思い、

 実際にそのように努めてもきました。



■こうしたプライベートの場では
 徹底的に

 「世間話(=座談、放談)」

 をお聞きするようにいたします。


 長時間、さらにはできるだけ多くの頻度で
 世間話を聞かせて頂くことによって、

 「(その人に内側に)内在する世界観」

 そのものをまるごと理解することを
 目指しました。



■やり方だけ見ていても、

 「内在する世界観」

 を理解していなければ、

 せっかくその人から教わった知識や情報も
 宝の持ち腐れとなるからです。


 なぜならば、

 知識や情報を活用するのは、
 あくまで知識・情報を所有するその人であり、


 したがって、

 まずはその人の世界観の
 おおよその枠組みだけでも理解しなければ、

 その世界観に合致する形で構築された
 知識、情報を学んでも、

 現実の社会で活用することができないのです。



■だから、これまで何度もメルマガで、

 「やり方よりも、まずは、あり方」

 と書いてきたわけです。


 ある人の

 「あり方(世界観)」

 を深く洞察するためには、

 日常で接触する機会をできるだけ増やし、
 放談、座談を極力長く聞かせていただくことです。


 それによって教科書的な知識体系からは
 どうしても抜け落ちてしまう、

 しかしながら豊穣な学びを手に入れることが
 できるようになるのです。



■体系化された学びは、

 あたかも工場で精製される、必須栄養素のみで
 組成されたサプリメントのようなもの。


 それはそれで、
 必要な栄養素は取れるかもしれませんが、

 真に身体を健康に保つためには、

 天然素材由来の、必須栄養素以外の栄養素も
 バランスよく摂取する必要があるでしょう。


 そうした豊かな栄養素は畑からの作物でしか
 取れないもの。



■座談・放談からの学びは、
 そのようなものではないかと考えているのです。


 だから、私は、

 「これは!!」

 と思った方には極力お近づきさせていただき、

 その方からの座談、放談を楽しみに
 聞かせて頂き続けてきました。



■そして私もまた、

 伝える側の人間としては、
 体系だった学びをセミナーやコンサルで行いつつも、

 「あり方」をお渡しするために

 「年間プログラム」

 という名の、一年間を通した

 「座談会」「放談会」

 を開催しているわけなのです。


 ここでは体系だった話をすることは一切なく、
 朝から晩まですべてが

 「放談、座談」

 です。

 分かる人だけ、お越し下さい、

 というマニア向けのサービスです(笑)



■このようなサービスを提供しているのも
 ひとえに冒頭に記したような、


 「書籍やセミナーを通して伝えられる、
  体系立てられた学びでは網羅され『得ぬ』学び」

 を提供するためであり、


 「内在する世界観」

 を感じていただきたいと思っているからです。



■けれども、その価値を分かって下さる方は
 きっと、

 「ほんの一部」

 であり、またそうした

 「ほんの一部」

 の方にこそ、お越し頂きたいと思っています。


 だから積極的に営業を行うことも
 してきませんでした。

 学びには順番があり、まず始めに、
 積極販売していくようなサービスではないからです。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■学ぶ者は「座談」「放談」の場にこそ身をおくべし。   ■体系化された学びは大切だが、    そこで得られた知識、情報を活用するためには、    「使い手」の内に内在する世界を知る必要があるのである。   ■ある人物の内在世界を知るための最短の道は    その人が行なう「放談」「座談」の場に足繁く通うこと。    これによって「あり方(世界観)」と「やり方(方法論)」が    一つのセットとして捉えられるようになるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。