毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4470号 本気を出したら、売り上げは上がる


■本気は伝わる、ものだと思います。


 過去を振り返ったとき、

 手抜きしているときは手抜きしているなりの
 結果しか出なかったし、

 本気を出しているときは本気度に応じた
 成果が出ていたものです。



■そして今年、私は

 「本気モードの一年」

 を過ごしてきたから、

 「本気モードに応じた成果(=売り上げ、利益)」

 が出ているのもまた、
 当然のことのように思っています。



■自分がお客なら、

 「本気の人に頼みたいよね」

 という話。

 そして本気の人は外から見ていても分かるもの。


 異常、異様、異色、逸脱、偏執、オタク、
 奇矯、希有、超凡、人並み外れた、


 といった形容詞で彩られることを
 目指す人だけが、

 お客から追いかけられる存在になれる、

 と信じています。



■年末だからといって、
 そろそろエンジン停止モードに、とか、

 年始だから最初は暖機運転モードで、とか、

 そんな眠たいことを言っていて、


 異常、異様、異色、逸脱、偏執、オタク、
 奇矯、希有、超凡、人並み外れた、


 という評価を頂戴することはできません。



■私も、ことさらに

 (しつこいようですが)


 異常、異様、異色、逸脱、偏執、オタク、
 奇矯、希有、超凡、人並み外れた、


 と記すことによって自らを鼓舞し、
 ますますの奇矯性

 (そんな言葉があるのかどうかは
  知りませんが)

 を追求したいと思っているのです。



■そうして自分で自分を盛り上げ
 調子に乗って加速度を増していったら、

 今年から来年にかけての年末年始に予定が入りまくり、
 一日も休暇を取れなくなってしまいました。


 望むところです。



■こうして自分で自分を扇動することを
 続けていると


 書いている内容(方向性)は
 ほとんど変わらないのに、

 「本気度に応じて受注数、受注金額が
  変わってくる」

 という不思議な経験をすることになります。



■こうした経験を通して気づくのは、

 「発信しているコンテンツの質」

 も大切ではあるけれども、


 それとともに、
 あるいはそれ以上に見られているのは

 「こいつはどこまで本気なんだろう」

 ということなのではないか、ということ。



■私たちが何かを専門家に頼もうと思ったとき、

 「朝から晩まで、自分の専門分野のことしか
  考えていないんじゃないか?」

 と思われるくらいの人(本気の人、偏執の人)に
 頼みたいと思いませんか。

 特に自分の命とか人生がかかっているならば。



■心臓手術を受けなければならないとなったとき、
 できうるならば、


 (そんな人はいないと思いますが、
  たとえば)

 「余暇の合間に手術をするくらいで、あとは
  おねーちゃんと合コンすることしか考えていない人」


 と


 (極端な例かもしれませんが、
  たとえば)

 「手術ならびにその振り返り、
  そして最先端の事例研究で一日を終える人」


 のどちらに手術をお願いしたいか、

 ということです。



■私のコンサルも、

 「自分の人生、ビジネスをなんとかしたい、
  と思って、人によっては命がけで来られるわけだから、

  私も人生をかけよう」

 と思い、
 その本気度合いをメルマガでぶつけるから、


 そうした気持ちが伝わり、
 結果としてお客さまがお越し下さる、

 そんなメカニズムが発動しているのだろうと
 思っています。



■結果として、

 「本気度と成果(売り上げ、利益)は、
  相当程度の相関関係がある」

 ことが理解されるようになるのです。


 でも、これまた不思議なことには

 「売り上げをあげたいから本気を出そう」

 と思っても、本気は出ないんですね。


 けれども逆に

 「本気を出したら、売り上げ上がった」

 は日常的に起こり得ます。



■こうしたことは、

 一度でも人生をかけるくらいの
 本気度を出して仕事をした人には分かるし、

 本気で仕事をしたことのない人には
 永遠に分からないことなのかもしれません。


 まだ、そうした経験をされたことのない方は
 ぜひ

 「本気をぶつけられる仕事」

 が見つかると良いですね。


 そのときが、上に記したことがすべて
 ご理解頂けるようになる瞬間。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■売り上げ(利益)と本気度の間には、相関関係がある。   ■しかしながら売上を上げたいから本気を出そうと思っても、    そんなに簡単に本気は出ないもの。   ■反対に、本気になったら結果として売り上げは上がるし、    利益もついてくるもの。   ■本気を出すことができる対象さえ見つかれば、    あとは勝手に売り上げも利益もついてくる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。