毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4456号 「前しか向かねえ」の精神で、どんどん捨てていくことが大事


■個別コンサルを行っていると、
 よく、


 「知るべきこと、学ぶべきこと、やるべきことが
  多すぎて、

  何をどういう順番で取り組んだらいいかを
  考えているうちに、

  結局、やるべきことの山に埋もれて、
  一歩も行動に移せないままになってしまう」


 という声をお聞きします。



■高い目標を掲げ、アンテナを立て、
 周囲に意識を払っていると、

 必然的に、入ってくる情報が増え、
 やるべきことも増えてくるでしょう。


 そういった機会が一昔前よりも、
 圧倒的に増えているからこそ、

 「何を学ぶか、何をやるべきか」

 よりも、むしろ、


 「知った、覚えた、学んだことを
  どんどん捨てていく」

 姿勢を身につけることの方が、
 はるかに重要になってくるように思われます。



■それらのものは、

 捨てても、捨てても、
 次から次へと、

 「雨後の竹の子のごとく」

 あるいは

 「雲霞のごとくく」

 に湧いてくるのですから、


 こうなったらもう、潔く、

 「前しか向かねえ」

 という思いで、

 躊躇も未練もなく、サクサク切り捨てていくしか
 ないのではないでしょうか。



■少し前までは、

 「情報こそが命」

 でしたが、


 情報過多の社会においては、
 むしろ、そんなものはいくらでも手に入るし、

 そこから触発されて、
 アイデアも次々に溢れてくるわけだから、


 「学んだ知識や湧いてきたアイデアの、
  1パーセントか2パーセントだけでも実行し、

  あとはどんどん捨てていく」


 くらいの感じでも
 十二分に成果を出すことができるしょう。



■また、

 たとえ、せっかく、閃いたアイデアについて
 手をつけきれなかったからといって、

 もったいないと思わなくても、


 「生きている限り、
  向こうから情報が押し寄せてくる

  (そしてそこにインスピレーションを受け、
   次々にアイディアは湧いてくる)」


 のだから、あまり気にする必要もないでしょう。



■どうせやるべきことは次から次へと
 湧いてくるのですから、

 一つ一つのアイディアについて
 必要以上に拘泥せず、


 できるものについては
 粛々と前倒しで行い、

 できなかったものは
 またいつか機会も来るだろう、

 と諦観するくらいでちょうどいいと考えています。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■今の時代、一昔前よりも    「知るべきこと、学ぶべきこと」    が圧倒的に増えている。   ■だから必要以上に考え込むよりも、どんどん実行に移して    いくと良いだろう。   ■やり切れなかったアイディアを、惜しいと思う必要もない。    どうせ、やるべきことなど、次々溢れてくるのだから。   ■情報に圧倒され、何も行わないことほどの悪手はない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。