毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4430号 (体験談)Sさんへのリスペクトは、どこから生まれたか


■上述の通り、

 昔、経営していた会社のCOOをやってもらっていた
 Sさんは、

 性格や、破滅型ライフスタイルについては
 ノーコメントとしておきますが(!)


 私(鮒谷)から見て


 「仕事を遂行する上で、
  他者に文句をつけさせぬ、圧倒的な熱量と力量」


 を持って、ことに臨んでいたことは間違いありません。



■その熱量と力量は、


 二人の関係が悪化したときでさえ、
 私から彼への

 「リスペクト(敬意)の精神」

 を失わせませんでした。


 過剰なまでの熱量と力量ゆえ、

 私がお連れした顧客(あるいは見込みのお客さま)と
 しょっちゅうケンカしては、私が仲裁に入り、

 ということを繰り返し、


 あるとき、ほとほと嫌気がさして、

 お互い、一旦、
 離れようということにはなりましたが、


 それでも仕事にかける情熱という
 ただ一点において、

 認めざるを得ないところがあったのです。



■考えてみると、

 それ以降、Sさんのような人と
 出会えたことはほとんどありません。


 24時間、常に戦闘態勢で、
 実務も行い、営業もするし、勉強も怠らず、

 (偏固、偏屈、頑固ではあるけれども)

 仕事に全てを捧げる男。


 一緒に仕事をしていて、
 その部分は本当に気持ち良かったのです。



■ときおり、

 「オレは結構、頑張っている」

 という人に出会います。


 けれども、

 あくまで周りにいる人の(ヌルい)頑張りと
 比較相対して、

 「その中で頑張っているように見える」

 ということあるかもしれませんが、


 奇人・変人レベルで、仕事に没頭している人を
 一度でも見たことがあれば、

 とてもじゃないけれども、
 そんなセリフは吐けないだろう、


 と思うこともしばしばです。

 (口に出しては言いませんが)



■そういった意味では、

 (いろいろありましたが)

 Sさんのような人と、特に会社立ち上げから
 安定軌道に乗るまでの間、


 激論しつつ、ときに、ケンカしつつ、

 「ガチンコ・ファイトクラブ」

 みたいなノリで一緒にビジネスに取り組めたのは、

 私(鮒谷)にとって、
 大きな財産になっているように思います。



■いろいろ考え方もあるのでしょうけれども、
 少なくとも人生のある時期において、


 「持てる時間、体力、精神力、おカネ、
  その他全てを限界まで叩き込み、

  何かをやり切った」


 という経験には、
 金銭換算できぬ価値があります。


 一緒に戦う、
 そんな仲間が見つかると幸せですし、

 いろいろあったとしても、その時期を
 一緒に過ごした相手とは、

 長く付き合いが続くもの。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■24時間戦闘態勢、の世界観を共有できる人との付き合いは    得難い宝物となるだろう。   ■全ての資源を限界まで叩き込み、やりきった、という経験は    金銭換算できぬ、大きな価値がある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。