毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4403号 世の中には働いてから休む人と、休んでから働く人がいる


■田中角栄の言葉に


 -----------------------------------------


 世の中には働いてから休む人と
 休んでから働く人がいる。


 オレが上京するとき、お袋がこういった。

 「お前は働いてから休む人になりなさい」


 -----------------------------------------


 というものがあります。


 私(鮒谷)が、


 20代後半になっても、

 うだつがあがらず、未来も見えず、
 混沌とした不安と焦りを抱え、

 悶々としていたときに出会い、


 大きな力を与えてくれた言葉です。



■言葉の力は、偉大ですね。

 怠惰で堕落した人間を生まれ変わらせる力を
 持つのが言葉です。


 (田中角栄は毀誉褒貶ある人物ですが)

 少なくとも私(鮒谷)は


 田中角栄の政務秘書であった
 早坂茂三氏をはじめとする、

 さまざまな人によって世に紹介されてきた

 「田中角栄の言葉(語録)」

 に触れることによって、
 息を吹き返し、復活を遂げることができた、


 これは紛れもない事実です。



■その中でも、

 ひときわ強烈なインパクトを与えたのが
 冒頭に紹介した言葉。


 私のメルマガの内容はハッキリいって、
 いわゆる

 「ワーク・ライフ・バランス」

 の流れと完全に逆行するものであるのは、
 百も千も承知しています。



■もちろん、

 その考えを他者に押し付けるつもりはなく、

 各人それぞれ、
 事情があることも理解しています。

 (たとえば共働き家庭で、両者ともに
  仕事に邁進したら家庭崩壊を招くのは自明のこと)


 ただ、私(鮒谷)は、


 自らの意志によって

 「ひたすら働く(=他者に価値を提供し続ける)人生」

 を選択した、


 というだけの話。



■押し付けるのではなく、


 「こういう生き方もあるから、
  よろしければ、どうぞ」

 そして

 「そんな風に生きるということは、
  だいたいこんなライフスタイルになりますよ」

 という雰囲気を掴んでいただくために、

 メルマガを書いているわけです。



■少々、話がそれましたが、


 人生のある時期において、

 徹底した田中角栄研究を行い、
 田中角栄の写真集


 【今日のお勧め写真集
        田中角栄全記録─密着2年半、2万カットからの報告】



 を買うくらいまで研究に没頭し、


 ※参考バックナンバー


 <2539号 陳情はチャンス>



 人間、


 「圧巻の成果を残したい」

 のであるならば、

 「圧巻の働きをしなければならない」

 という、


 ごくごく、当たり前の結論を、

 完全に腹落ちするところまで
 刷り込まれることとなりました。



■冒頭の言葉に戻ると


 -------------------------------

 世の中には働いてから休む人と
 休んでから働く人がいる。

 -------------------------------


 の、いずれの人間になってもいいのです。

 人それぞれ。



 ただし、

 それによって惹き起こされる結果は、

 自ら刈り取らなければならないし、
 誰を恨むことも、文句をいうこともできない、

 ただ、それだけの話。



■それが理解できているならば、
 どちらの道を歩んでもいいのです。

 人それぞれ。


 そして私(鮒谷)は、

 「働いてから休もう」

 と思った、


 ただ、それだけの話。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■世の中には働いてから休む人と、休んでから働く人がいる。   ■いずれを選ぶのも人生であり、各人の自由である。   ■ただし、もし圧巻の成果を得たいのであれば、    圧巻の働きをしなければならない、というだけの話。   ■どちらを選択するのも自由。    しかしながら、その結果について、なにが起ころうとも、    全てを自らの責任によって引き受ける必要があるし、    不都合な結果が生じたとしても他人に責を帰することを    してはならない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。