毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4386号 「ホームラン級のバカだな!!」と顧客を叱責する、熱い情熱


■昨日は、


 ビジネスをやるにあたって

 「闘争心」「戦闘意欲」

 は、めちゃくちゃ重要。


 そしてその精神は自分に向けるべき、

 とも書きました。



■今日は、

 昨日、書いて、配信してから、
 改めて思い返したことについて、

 補足的に記したいと思います。



 私は、いまのような醒めた時代だからこそ

 「ガチンコ」

 で自分の人生や仕事に臨みたいと思っています。


 その思いから

 「闘争心」「戦闘意欲」

 も湧いてくるのだと思います。



■この闘争心、戦闘意欲を、


 クライアントの状態を丁寧に観察しながら、
 状況に応じてお客さまにもぶつけるのが、

 本当の真摯さ、丁寧さ、
 顧客への愛情にもつながっていくのではではないか、


 とも思うのです。



■もちろん、

 今はまだその勇気はないのですが、
 本当のことを言うと

 故・一倉定先生ばりに


 「空理空論を嫌い、
  徹底して現場実践主義とお客様第一主義を標榜。

  社長を小学生のように叱りつけ、
  時には、手にしたチョークを投げつける反面、

  社長と悩みを共にし、親身になって対応策を練る。

  まさに「社長の教祖」的存在であった

           (日本経営合理化協会サイトより)」



 というくらいの

 「クライアントに対する闘争心(?)」

 のようなものが、
 どこかで必要になってくるのではないか、

 とも思わないでもありません。


 そのほうが、
 クライアントのためになるのであれば。



■さすがにチョークを投げつけるわけには
 いきませんが、


 いずれ、いつか、

 「お前、ホームラン級のバカだな!」

 くらいの叱責を投げかけられるくらいの
 熱い思いは持っておきたいもの。


 <「ホームラン級のバカだな!」元ネタ動画>

         ※注意!音が出ます。腹筋崩壊必至。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■真に顧客のことを考えるのであれば、    ときに厳しい叱責を行なうことを恐れてはならないのでは。   ■それが真摯さ、ということもあるだろう。   ■ただし、それを実行に移すとなれば、叱責する側の人格・能力    その他が全面的に見られることとなる。   ■いずれ、いつか、顧客を遠慮なしに叱責できる(そしてそれが    許容される)、そんな人格・能力・人徳を身につけたいもの。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。