毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4382号 「オリジナルでユニークな経験をして、言葉に残す」ことの価値


■私(鮒谷)は昔から、

 「投資は、モノより経験に」

 と思ってきました。


 なぜなら

 「オリジナルでユニークな経験のみが、
  人を惹きつけるから」

 です。


 そして今の時代、

 「人の注目を集める(=時間を頂戴する)」

 ことができる力は、

 有形財ならびに無形財を生み出す資産と
 なり得ます。



■さらに、

 モノはなくなるけれども、
 経験はなくなることはありません。


 認知症となり、
 ゆっくりと子供に戻っていき、

 幸せで平和な老後を迎え、
 完全に忘却してしまわない限り、、、



 ※本編とは関係ありませんが、

  メルマガ読者さんには
  ぜひお読み頂きたいと思っております。


 【今日のお勧め本 ペコロスの母に会いに行く】


 【今日のお勧め本 ペコロスの母の玉手箱】



■ここで唐突にお尋ねしますが、

 私が書いているメルマガの内容なんて

 「ぶっちゃけ、どこかで聞いたような話」

 ばかりだと思っていません??


 実際、そうなんですから、

 否定いたしませんし、できません。



■でも、それって当たり前のこと。


 結果と出すための原理原則を
 追求していると、

 当然、既に世の中に流布している話に
 ならざるをえないでしょう。

 珍しいウルトラCなんか
 出てくるはずがない。



■むしろ、

 もし、そういったものがあったとすれば
 99%、眉唾もの、と思っていいと考えています。

 だから、

 「ぶっちゃけ、どこかで聞いたような話」

 になるのは当然のことであって、


 その事実を否定的に見たり、
 見下す人があったとすれば、

 その人のほうがおかし(、、、以下、自粛)



■ただし、

 それでもなぜ、少なからぬ方々が
 このメルマガをお読み下さっているのかというと、


 あくまで憶測ではありますが、


 (私がいうのもなんですが)

 「文章に独特の力が宿っているから」


 に違いありません。



■こうした独特の力が生まれる理由は
 ただ一つであって、

 別に文章がうまいからでもなければ
 構成が巧みだからでもなく、

 ただただ、

 「鮒谷個人の、
  オリジナルでユニークな体験」

 が随所に織り込まれているから、でしょう。



■私の体験から導き出してくる結論自体は、
 ほとんどの場合、

 別にどんな本を読もうが、
 どんな講演やセミナーに出ようが、

 同じことが書かれていたり、
 言われたりされている、

 既視感満載のもののはず。



■それでも私の書いたものに、

 なんらかの価値を見出して頂いているのだと
 するならば、

 その理由は、


 (たとえ提示される教訓とか原理原則は
  一般的なものであったとしても)


 「珍しい、独自の体験に紐付けられた教訓だから

  (相対的に)

  振り向かせ、さらに粘着する力がある」


 ところにあるのだろうと思っています。



■たとえば

 「何かを学ぶには
  しっかりとしたコーチにつきましょう」

 といった言葉で、

 ビジネスで成果を出すための原則だけ
 渡されるのと、


 同じことを言っているにもかかわらず、

 個人的な体験談が含まれているもの(↓)


 <3979号 0から1への立ち上げを支援してくれる名伯楽>


 と、

 「どちらが読み手、聞き手を惹きつけ、
  記憶に粘りつけられるか」

 という話。


 圧倒的に体験が含まれている文章のほうが、
 伝わることが分かる(はず、、)



■だからこそ

 「オリジナルでユニークな経験をして、
  言葉に残す」

 ことを習慣化している人は、


 それがそのまま、

 「人に注目してもらい、動いてもらうための、
  とてつもない無形資産を構築」

 していることになっている、


 と本気で思っているわけです。



■いや、思うだけではなく、実際に、

 日記も含まれば20年以上の長きに渡り、

 「オリジナルでユニークな経験をして、
  言葉に残す」

 ことを続けてきたわけです。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■投資は、モノより経験に。   ■経験を、言葉に変えておくことにより、    「オリジナルでユニークな体験談をフックにして     人から注目を集め、定着力を高める」    そんな力を手に入れることができるようになるから。   ■こうした力の蓄積、累積は人生やビジネスにおいて、    圧倒的なパワーをもたらしてくれるだろう。    だからこそ、影響力が欲しければ、    「オリジナルでユニークな経験をして、     言葉に残す」    ことを行なうべきなのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。