毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4380号 カネを稼げるようになって、周囲に迷惑をかけずに済むようになった話


■「元・パチンカス」


 ※パチンカスとは。


 だった私が、

 「廃人への道」

 から奇跡的な生還を遂げることができたのは、

 「小さく始めたビジネスのおかげ」

 でありました。



■その昔、

 今ではもはや死語となった
 パソコン通信(ニフティサーブ)に

 「売ります買います掲示板」

 という場所がありました。


 ヤフオクなんか、影も形もなかった頃の話。



■この時代に、

 大阪の電気街であるところの
 日本橋に行っては、

 「中古のノートパソコン」

 の型番、スペックと販売価格を記録し、


 その上で、1~2万円、自分の利益を乗せて

 「売ります買います掲示板」

 に告知する、
 といった副業を行っていたことがあります。



■運良く購入依頼が入れば、

 翌日、日本橋に足を運び、購入して
 申込者に発送する。


 こうすると、

 「利益確約」

 「在庫リスクなし」

 「場所不要」


 のビジネスを行えることとなります。



■運悪く、売り切れていたら、

 「スミマセン、入れ違いで売れてしまいました、、」

 とメールを入れる(汗)


 これは今から20年近くも前の話ですが、
 鮒谷の

 「ビジネス事始め」

 でありました。



■いまだパチンカスから抜け出せなかった私が
 依存症から抜け出すことができたのは、

 ひとえにこのビジネスの成功

 (といっても、初期段階は、たかだか月に
  数万円~10万円程度の利益しかなかったわけですが)

 のおかげです。


 可処分時間のほとんどを台の前で過ごし、

 「十中八九、負ける」

 上に、


 たまに儲かることがあっても、

 「トータルで時給換算すると大したことがない」

 という、

 その時間効率の悪さに気づいたときから
 急激に熱が冷めました。


 これがパチンコ依存克服のきっかけとなりました。



■今では、

 (昔の自分を棚に上げ 汗)

 パチンコ店に吸い込まれていく人を見ては、

 そのエネルギーを働くことに使ったらいいのに、
 その集中力をビジネス立ち上げに用いたらいいのに、

 と思うようにすらなりましたが、


 そんな風に思えるようになった理由の一つに

 「時間効率の悪さ」

 に気づいたことが間違いなく挙げられます。



■月給数十万円のときの5万円の勝ちは、
 それはそれは大きなものですが、

 リスクゼロで、実働の時給換算すると
 数万円ほどの利益が生まれる、

 そんなビジネスが立ち上がると、
 大した喜びも生まれなくなってきます。



■さらに(たとえば)ビジネスで一山当てて10万円、
 あるいは数十万円、

 といった単位の利益がちょくちょく出てくると、


 誰が好き好んで、あんな煙たくて、うるさくて、
 殺伐とした空間に身を置くか、バカバカしい、

 という話になってくるでしょう。



■私がギャンブル(パチンコ・スロット)を
 バカバカしいと思えるようになった一つの理由は

 間違いなく、

 「自分の力で給与以外のカネを稼げるように
  なったから」

 です。

 しかもパチンコよりも効率よく、
 パチンコよりもリスクも小さく(というか、リスクゼロ)で。



■「カネを稼ぐ」とかいうと、
 下品な言葉遣いに聞こえると思われるかもしれませんが、

 私(鮒谷)にとっては、
 カネを稼げるようになったことで、

 「これ以上、周りの人に迷惑をかけずに
  済むようになった」

 のです。



■つまり、

 「カネを稼ぐ力を身に付けられれば、自分を救い、
  周りの人に迷惑をかけずに済むようになる」

 ことだってあるのだから、

 あんまりキレイ事、建前論的なことをいって、
 カネ稼ぎを否定的に捉えないほうがいいんじゃないですか、

 という話。



■否定し過ぎると、
 その思いがメンタルブロックになって、

 当人が、本当にお金を稼ぐことができなくなるのは
 もちろんのこと、

 それによって自分が不幸になり、
 さらには周りにまで迷惑を及ぼすことだって、

 たくさんあるのです。



■ただただ、カネを稼ぐ力を持たなかったがゆえに、

 安易、安直なカネ儲け(パチンコ、スロット)に
 走ってしまい、地獄の釜の底を覗いてしまった、

 そんな昔の私を反面教師として下さい。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■カネを稼ぐ力を持たないと、安易なカネ稼ぎに嵌り込み、    抜け出せなくなることが起こりうる。   ■自分だけが苦しむならまだしも、周囲にまで大きな迷惑を    かけることすらあるから、恐ろしい。   ■カネ稼ぎを否定的に捉え過ぎると、自分も周りも地獄の底に    叩き落とされる可能性がある。    カネを稼げるようになり、初めて救われる自分と周りの人間、    ということが現実にあるのである。   ■深く考えることもなく「カネ儲けは汚い」などと、    キレイ事、建前論的なことは言わないほうがいい。   ■「カネ儲けできぬゆえ、起こしてしまう罪」もあるのだから。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。