毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4365号 「私を理解できない、あなたが悪い」という甘えの精神


■一昨日、昨日と、


 <「仕事遂行能力」を高める前に、身につけておくべき力とは>

 <目線を「己の基準」から「世間標準」に書き換えよ>


 というタイトルで、


 仕事をガンガン取ってきたり、
 ここぞというチャンスを掴む人間になるためには、


 「能力を身につけるよりも先に、
  好かれる力を身に付けることが必須」


 そんなお話をいたしました。

 今日も続けます。



■実は、

 上に記したようなことを通してお伝えしたかった
 本当の狙いは


 「自分の内側にある『甘えの精神』を叩き壊す」


 ことの必要性に思いを巡らして頂きたいと
 思ったから。



■故・一倉定先生は

 「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも
  すべて社長の責任」

 という有名な言葉を遺されました。


 冷静に考えれば、
 NTTや日本郵政の社長でもない限り(!)


 「電信柱や郵便ポストと
  社長とは、何の関係もないだろう」


 と思いそうなものですが、
 個人的には、


 「このくらいのレベルで、

  自分の人生におきる一切の事象を
  自責(自らの責任)として捉えねばならない」

 という教えに完全同意です。



■というよりも、私自身、

 この教えに100%、納得も得心もして、
 実践を心がけるようになってから

 「圧倒的に人生、そしてビジネスが好転し始めた」

 のは、間違いのない事実なのです。



■ですから、


 こうした姿勢が人生に対して、

 「(逃げを打ったり、責任転嫁することなく)
  真正面から向き合う気概をもたらしてくれる」

 と固く信じています。


 だからこそ、


 (正直に告白すると)

 自分にとって気に入らない出来事があるたびに
 すぐにイラッと来たり、

 その思いを態度に表したり、


 という人に対して、

 「甘えるな」

 という風に思ってしまいます(スミマセン汗)



■そもそも、


 「イラッとする感情に襲われるのは、

  そのような環境に身を置くことを許した
  自分の責任」

 だと捉えるところから、


 前向きにそこから脱するための環境づくりに
 取り組めるわけです。



■反対に、

 常にイライラしている人があったとするならば、

 自分以外の外部に責任を押し付けて、
 自身の精神の均衡を保とうとする、

 という思考ならびに行動パターンからくるもの。


 つまり、

 「原因を他人のせいにするだけの人生」

 なのだから、

 根本的な解決にもならず、
 その世界から脱却できるはずもありません。



■こうして

 「いつまでたっても
  イライラし続ける人生」

 が続いていくことになるのです。


 それでいいのなら、良いのでしょうけれども、
 結局のところ、

 「苦しみ続けるのは当の本人」

 ということになるのかもしれません。



■そこから抜け出したいのであれば、

 「一にも二にも自助努力」

 しかありません。


 この世知辛い時代にあって、
 基本的には誰も自分を助けてくれる人などいない、

 自らを助ける姿勢を持った人だけが
 他のところから救いの手が差し伸べられる、

 くらいに思っていて丁度いい、

 そんな風に私は自らに言い聞かせています。



■もし自助努力を放棄して
 周りに文句だけを言う人があったとするならば、

 その人の人生は

 「甘えの人生」

 であるといって良いかと思います。


 「いい加減、
  人の文句をいうのはやめたらどうでしょう。

  そんなことで未来を切り開けるはずが
  ありません」


 という話。



■ちなみに、


 もちろん、大勢の方の目に触れる、
 このような場で

 あえてこんな挑発的なことを書いているのは
 私自身が、


 「あえて衆人環視の環境を作ることによって
  『自らの甘え』を破壊し尽くそう」


 と思っているためです。



■こうした取り組みによって


 「自分の内にある甘えを破壊しつくし、

  その上で、たとえ嫌われても、
  他人の甘えを打ち壊すのが一番の優しさ」


 になるのだと確信しています。



■ただし、

 そのレベルに至るためには
 まだまだ精進が必要なようなので、

 せめてその勇気を身につけられるまでは、

 「自分の甘えを打ち壊し、
  他人の甘えには目を瞑る」

 くらいの世界には出られるようになりたいもの、


 そんな風に考えている今日この頃。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「私を理解してくれない人が悪い」という他責の精神で    人生が好転するはずがない。   ■「何が起きても私の責任」という、人生に起きる一切の    出来事を引き受ける精神が、主体的な生き方を促してくれる。   ■甘えの精神を打ち壊し、自分の人生は自分で切り開く、    そんな自助努力の精神を持った人のみが、自身と誇りを持って    人生を生き抜いていけるのではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。