毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4346号 ワガママは善。ワガママになるほど楽しくなっていく。


■こんな仕事をやっている私(鮒谷)にとって

 「致命的」

 とも言える欠点があります。


 それは

 「パソコンを使うのが嫌い、億劫、面倒くさい」

 ということ。


 だから、せいぜい3泊くらいまでの出張なら、
 ノートパソコンを持っていくこともありません。

 荷物になるし、重たいし。


 「iPadとiPhoneとガラケーの3点セット」

 だけは、しょうがないので持っていきますが。



■でも、それで生産性が下がるかというと、
 案外、そんなことはありません。

 むしろ、本来、やるべきことにのみ
 力を入れられるので

 「かえって自分が好きでもないパソコンを
  触っていたときより劇的に生産性が上がった」

 というのが実感です。



■もちろん、
 パソコンの利用を否定しているのではなく、

 それをフル活用することで
 自分の能力を大幅に拡張し、

 大いに成果を上げている方も多いので、

 パソコンを使った方がいいとか、使わない方がいいとか
 一概に言えるものではありません。



■ここではそんな話をしたいのではなく、

 「一般的に言われていることも
  疑ってみたら案外、そんなこともなかったよ」

 ということがよくある、ということ。


 世間一般では、

 「生産性を上げるために、IT機器をフル活用」

 と思われがちですが、もしそれが本当なら、

 「いやいや、朝から晩まで
  パソコンに向かい続けたくなんてないよ」

 と思った人間は社会不適合、

 は言い過ぎとしても、
 ビジネスパーソン不適合者となるでしょう。



■でも、そんな常識を疑い、逆らったからこそ、

 「パソコンに触れずに、
  パソコンの恩恵を蒙るためにはどうすれば」

 という発想を持つに至れたわけなのです。



■別の例でいうと、

 「営業は足で稼げ」

 と言われたりするけれども、
 そんな話を真に受けるのではなく、


 「移動する時間がもったいないから、
  極限まで減らしたい。

  それにはどうしたらいいのか」


 を考えてもいいんじゃないか、という話。



■あるいは、

 「コンサルティングは
  お客さまのところに行くもの」

 という先入観についても同じ。


 「いやいや、

  お客さんのところには行きたくないんですよ。
  時間がかかるので。


  そんなヒマがあるなら、
  その時間は、能力の伸長に使いたい。

  たとえば本を読んだり、人とあったり、
  講演や勉強会に参加したり。

  そのほうが、結局、お客さんの為にもなるでしょ」


 こんな風にワガママになるからこそ、

 「どうしたらお客さまに来ていただけるか」

 について考えるようになるし、

 実際にそのような状況を作り出すことが
 できるようにもなるのです。



■他にも


 「月に1回は両親と食事会くらいしたいよね、
  でも東京と大阪、離れたところに住んでるし。

  旅行にも一緒に行きたいよね。
  2日に1回は電話くらいしたいよね」


 という願いもあったし、


 「災害大国日本に住んでいて、
  どんな天変地異が起きるかも分からないのだから、

  何かあったとき、すぐに場所を移してでも、
  そのまま仕事を継続できるようになりたいもの」


 あるいは


 「万一、親が認知症とか介護状態となったときには、
  いつでも住居を移せるし、支援もできるように」


 という思いもありました。


 これらの望みについても、おおよそ態勢が整い、
 実現させられました。



■以上、記したいずれもが、

 普通に仕事をしている人にとっては
 なかなかに難しい条件だとは思いますし、

 「働いているから、仕方ない」

 と諦め、

 実現させようという思いすらも出てこない願いだと
 言われる方もあるかもしれません。

 けれども、目指さなければ、
 絶対に実現はできません。



■また、こんな話をすると、

 「お前(鮒谷)は、自分で商売をしているから
  そんな偉そうなことを言えるんだ」

 という声なき声も聞こえてきそうです。


 でも、それは順番が逆で、

 「そういう状態を作ろうと願い、考え、行動したら、
  結果として、自分で商売することとなった」

 というだけの話。



■そんな経緯を経て、今では

 「願い、考え、行動し、振り返り、修正し」

 を繰り返しさえすれば、

 「どれほど不可能に思えることだって、
  ほぼ確実に実現できる」

 という確信があるわけです。


 そして、そんな経験を踏まえて、


 世間一般の常識を鵜呑みにし、

 「そういうもの」

 と思った瞬間、思考停止するから、

 「常識は捨てた方がいいんじゃないですか」

 という提案をしたいのです。



■パソコンを使いたくないので、使わず、
 持ち歩かなくても済むようになったのも、

 営業に行かずとも、
 売らずに売れるようになったのも、


 コンサルに行くのではなく、
 コンサルにお越し頂けるようになったのも、

 月に一度、遠隔地に住む親と食事をしたり、
 旅行したり、頻繁に電話を入れられるようになったのも、

 場所を選ばず仕事ができるようになったのも、


 全部、自分に正直に、ワガママに


 「みんな出来ない、っていうけど、
  それって、本当にそうなの?」

 「違うやり方があるなら、
  それはどんな方法?」


 と疑い続け、考え続け、行動し続けた結果、

 実現したことです。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■もっともっと、自分にワガママになってもいいのでは。    「願い、考え、行動し、振り返り、修正し」    を繰り返しているうちに、    荒唐無稽に思われた理想の状態も、案外、簡単に手が届く    ようになる。   ■世間ではそのように言われている、という常識について    「そもそも、それって本当かよ」    と疑いを起こすところから全ては始まるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。