毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4329号 私(鮒谷)の「こころの玉手箱」


■日経新聞の夕刊に

 『こころの玉手箱』

 というコーナーがあります。


 ※「こころの玉手箱」は、企業人や著名人が
  人生を振り返り印象深い出来事を披露するコーナー。

  1人の人物に月曜日から金曜日まで
  5日連続で語ってもらいます。

           (夕刊|日本経済新聞ガイド版Webより引用)



■自伝オタクの私(鮒谷)としては、
 当然、見逃すことのできない記事で、


 昔、旅行に行ったときに一目惚れで購入した
 絵画とか、

 就職祝いに父親からもらった高級腕時計とか、

 一族郎党全員が写っている昔むかしの写真とか、

 学生時代になけなしのカネをはたいて買った
 文学全集とか、

 どうしても欲しくて、神田の古本屋街を徘徊して
 ついに手に入れた稀覯書とか、

 人生を変えた一冊の本とか、

 人生の師からの形見分けの品とか、

 退官したときにもらった賞状とか、


 それはそれは、いろんな

 「こころの玉手箱」

 があるんだなあと、

 その人の心情を想像しつつ、読んでいると
 心が豊かになるような気がします。



■さて、そんなコーナーに触発されて、私も

 「自分にとっての『こころの玉手箱』は、
  なんだろう」

 と思いを巡らすことがあります。


 いろんなものが思い浮かび、

 どれもこれも、優劣つけがたいのですが、
 やはりこれははずせない、

 というものがあります。



■その一つが、読者さんから頂くメルマガのご感想。


 <読者さまからの3229の感想メッセージ>

 http://www.2nd-stage.jp/customer/


 10年以上の長きにわたって
 たくさん頂戴してきたものを、

 いまだまとめ切れておらず、
 途中までのもの(3229個まで)となっておりますが、

 こうして頂戴したご感想は私の玉手箱です。



■他にもセミナーに参加下さった皆さまからの
 ご感想、


 <セミナーご参加者からの1000の感想メッセージ>

 http://www.2nd-stage.jp/seminar/#testimonials


 <コンサルティングご利用者からの1000の感想メッセージ>

 http://www.2nd-stage.jp/consult/testimonials.html



■こうして読者さん、お客さまから頂戴してきた

 「やりとりの記録」

 は、何よりの宝物であり、財産。

 プリントアウトすると途轍もない分量になります。


 私にとって、仕事に対する最高の報酬は、

 「お客さまから頂くご感想」

 なのです。



■仕事の報酬と言われても
 お金しか思いつかない、

 というのは、

 仕事をする喜びの、
 きっと数%程度しか味わえていない、

 非常にもったいない状態だと思います。



■私が365日、朝から晩まで働けるのは、ひとえに
 こうしたお声を頂くことができるから。

 あなたも毎日、こうした声を頂くようになれば
 その危険な中毒性が分かるようになると思います。

 こうして人はワーカホリック(仕事中毒)に
 なっていくのでしょう、、、



■でも、健全な仕事中毒は、

 アルコール中毒とか、薬物中毒とか、
 ギャンブル中毒とか、

 と異なり、

 人さまのお役に立つことをしているのだから、
 それでいいんじゃないですかね。



■今の時代、こんなことを書くと、
 きっと各方面からお叱りの言葉を頂くのでしょうけど、

 自分のやりたいことをやって、
 それで人さまに喜んでもらって、
 生計まで成り立たせて頂いているとするならば、

 これ以上、何を望むのか、という風に、
 毎日、本当に思っているのです。



■仕事し過ぎ、とか言われても、

 私から仕事取ったら、
 一体なにをすればいいのでしょうかね。

 テレビ見たり、カラオケ行ったり、キャバクラに行ったり、
 そんな時間つぶしは私には耐えられません。


 なぜなら、私を待って下さる人がいるのだから。

 (一回、言ってみたかった 笑)



■冗談はさておき、

 (むかしの私のように)

 有り余るエネルギーを持て余し、悶々としている人が
 これだけたくさんいらっしゃることを、

 日々、コンサル等を通して、
 分かっているからこそ、


 こんなに脇目もふらず、没頭し、
 仕事をさせてもらうことができる、この環境を、

 まるごと感謝する心しか出てきません。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■一人ひとりの胸のうちには様々な「こころの玉手箱」がある    はずだ。   ■その中の一つに、    「仕事を通して得られた、お客さまとの交流記録」    があると、    玉手箱をひもとくたびに、幸福感を感じられることだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。