毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4320号 労使ともども、安定したメンタルを維持するために必要なこと


■このメルマガにはたくさんの経営者、経営幹部の方が
 登録し、お読み下さっているので、

 今日はそういった方々に向けて、
 お役に立つかもしれない、

 そんなお話をしようと思います。



■私(鮒谷)も10数年の間、小さな会社ではありますが、
 経営に携わってきましたが、

 経営者の立場として常に心がけてきたのは


 「需要が供給を上回る状態を、
  つねに維持する」


 ことでした。



■この状態を維持し続けることができれば、


 1、お願い営業をする必要がなくなる


 そして、その延長線上として


 2、顧客を選ぶ選択権を、
   売り手側が保持できるようになる


 3、値下げ要求圧力に抗することができる


 といった状況を作り出すことができるようになります。


 つまり、

 「気持よく商売できる」

 ということになります。



■この状況を作り出すことができなければ、

 自転車操業的に、大至急、
 売上を立て続けなければならないわけだから、

 先ほどの逆、


 1、お願い営業を行わなければならない


 2、顧客を選ぶ権利を、
   売り手側が保持できなくなる

   (どんなに理不尽なことをいわれても、
    売上のために聞き入れなければならない)


 3、値下げ要求圧力に抗することができず、
   ずるずると利益率が圧迫されていく


 こととなるでしょう。


 こうしてストレスの溜まる、不快な状態で
 ビジネスを続けなければならなくなるのです。



■やがて、


 経営的な側面(恒常的な赤字体質)だけでなく、

 理不尽な顧客対応という
 精神面への負荷も強化され、


 負のサイクルが加速し始め

 「にっちもさっちもいかなくなる」

 のです。


 そうなる前に、早めの対処が必要です。



■早めの対処、とは、

 早急に、営業を不要にするための、
 マーケティングの能力を身に付けるべし、

 ということ。


 言葉を換えれば、

 自社の前に行列を作り出すための能力を
 身に付けるべし、

 ということ。



■経営者は自らの、
 そして社員のメンタルヘルスのためにも、

 「つねに目の前に行列を作り出しておく」

 使命を担い、かつ、
 そのための能力も培わなければなりません。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■経営者の役割は、    「つねに需要が供給を上回る」    状態を作り続けること。   ■この状態を作るからこそ、    1、お願い営業をする必要がなくなる    2、顧客を選ぶ権利を保持する    3、値下げ要求に抗することができる    というストレスのない状況に身を置ける。   ■一旦、この逆の、負のサイクルが回り始めると、    「にっちもさっちもいかなくなる」    からこそ、できるだけ早く、自社の前に行列を作り出すための    能力を獲得するべきであろう。   ■この力を身につけることで顧客と健全な関係を構築することが    できるようになる。   ■この能力は、そのまま、経営者ならびに社員のメンタル安定の    ための重要な能力となる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。