毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4319号 言葉を自在に操れれば、人生を操れるようになる


■初めてのことにチャレンジするときは、
 必ず、失敗します。

 失敗することもある、ではなく、
 必ず、なんらかの失敗をするものです。


 けれども、本当は、それは失敗ではなく、

 「千里の道も一歩から、の第一歩」

 であり、それはそのまま二歩目以降の

 「改善のきっかけ」

 を与えてくれるもの。



■だから、初めての一歩を踏み出す際に頭に浮かぶ

 「失敗」

 の言葉は全部、

 「成功」

 と書き換えていいのです。



■失敗するから、すぐに改善できる。

 失敗しなければ、永遠に改善できない。

 だからこそ、失敗大歓迎。失敗バンザイ。


 言葉の定義を書き換えるだけで、
 行動が変わります。



■新しいことを始めるにあたって、

 「失敗が怖い」

 ではなく、


 「これが記念すべき、未来の成功の第一歩である」

 「この一歩が、未来永劫続く、
  改善のチャンスにつながっていく」


 という風に理解する。

 このように、すべてを最も自分にとって
 都合の良い解釈に変えたらいいのです。



■言葉によって状況の解釈を変えるから、
 力が湧いてくる。

 言葉の定義付け次第で、
 持てる力が減衰したり、増大する。


 言葉を自在に操ることができる者だけが、
 人生を自在に操ることができるようになる、

 といったら言い過ぎか。


 今日は短めに。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■たとえば、何かを始めるにあたって「失敗」という言葉が    出そうになったときには、    「成功の第一歩」    「未来永劫続く、無限の機会につながっている」    といった意味に捉え直し、    「失敗」を「成功」という言葉に書き換えると、    新しい力が湧いてくる。   ■言葉を自在に操ることができる者だけが、    人生を自在に操ることができるようになる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。