毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4309号 人生は「非連続的な出来事の連続」であることに気づくべし


■たまに


 「人生は流れ弾に当たって、
  方向転換する」


 という話をすることがあります。


 物騒なたとえで恐縮ですが、ここでいう

 「流れ弾に当たる」

 とは、


 予測できない出来事に遭遇することによって
 人生が大きく転換する、

 そんなたとえとして用いています。



■あなたのこれまでの履歴を振り返ってみても、
 いく度かは

 「流れ弾にあたることで、
  新しい人生が動き始めた」

 といったことが、あったのではないでしょうか。



■人間、

 想像もしていないような思わぬところで、
 人生の転機を迎える、

 といったことがあるものです。


 その訪れは予期する、予測を行う、
 あるいは戦略を立てる、

 といったものとは対極にあるもの。



■せいぜい学校を卒業するまでは、

 あらかじめ敷設されたレールの上を導かれてきたような
 予定調和な人生であったかもしれませんが、

 そこから先は、実のところ、
 予期も予想もできない世界です。



■その中で幾度かの転機を迎えて今がある、

 ということになります。


 そしてその転機は往々にして

 予期も予想もできず、
 計画を立てていたようなものでもない、

 ということが多いのではないでしょうか。



■いろいろなところで

 人生設計、あるいはキャリア戦略といった
 格好いい言葉を聞きますし、

 そういった言葉に
 私たちは惹かれがちではありますが、

 そのような格好いい言葉を間受けしないように、
 と自分を戒めています。


 そもそも、

 どれだけ戦略とか計画といった格好いい言葉を
 並べ立てても、

 設計図通り、物事がうまく進んでいってくれる
 ことのほうが、

 むしろ少ないと思われるからです。



■どんな人と出会い、あるいは結婚するかによっても
 人生は大きく変わっていくだろうし、

 自分自身が事故や病気でこれまで通りの生活を
 送れなくなるかもしれない。


 あるいは親の介護が発生するかもしれないし、
 子育てがうまくいかないかもしれない。


 さらには勤めていた会社がある日、
 突然倒産することだってあるし(私がそうでした 汗)

 あるいは勤めている会社は安泰でも、
 自分が所属する部門ごと切り出されて、

 他社へと売り飛ばされてしまうといったことは
 もはや日常茶飯事です。



■そんなことを考えれば考えるほど、

 人生あるいはキャリアにおいて計画を立てたら
 その通りにいく、

 などという前提(甘い見積もり)自体が
 間違っていることに、

 そろそろいい加減気づいてもいいのでは
 ないでしょうか。



■とするならば、

 もし正しい人生戦略、設計、計画といったものが
 あるとしても、


 それはせいぜい、

 「何が起きてもそのダメージを最小化し、
  何かが起きたときにそのリターンを最大化させる」

 といった柔軟性をもった準備を、
 日々怠りなくし続けること、

 というくらいしか言えないのかもしれません。



■繰り返しますが、

 人生戦略、人生設計といった格好いい言葉に
 憧れ、あるいは引きずられ、

 予定通り、思惑通りに人生が進んでいくなんて
 ことは考えないほうが良いでしょう。


 人生はそんな連続的なものではなさそうです。


 あえて言うならば、

 「人生は非連続的な出来事の連続」

 といったことくらいしかいえません。



■せいぜい、

 「予期も予想もできない非連続が
  死ぬまで続いていく」

 くらいなものであり、

 むしろそういった世界観を前提として、

 日々の身の処し方について考え、
 実践していく必要があるのではないかと思います。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生は「非連続的な出来事の連続」である。   ■そんな世界において、戦略通り、設計図通り、予定通りに    物事が進んでいくはずがない。   ■むしろ、なにごとも予定通りには進まないことを前提として    それを楽しめる柔軟性を持つことが    「人生をストレスなく楽しむための秘訣」    といえるのではなかろうか。   ■真面目一辺倒になるのではなく、良い意味で    「テキトー」    なのが一番ではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。