毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4303号 チャンスを与えてくれる人と出会うには、チャンスを与えてもらえる人になるしかない


■人生、あるいはキャリア上のチャンス、転機は
 例外なく、人を介してやってきます。


 だとすると、

 「どうしたら、そのようなきっかけを
  もたらしてくれる人と出会えるのか」

 というテーマは、非常に大きなものとなりますね。



■私なりの結論としては、


 (駆け出しのうちは仕方ないけれども、
  特に、ある程度の経験を積んだあとは)

 「しかるべき人に自分から突撃していっても
  実りは少ない」


 むしろ、

 「しかるべき人から声をかけてもらえるような、
  あるいはしかるべき人に紹介してもらえるような、

  自分にどうしたらなれるのか」

 について、

 考え続け、実践し続けるのが大切ではないか、
 と思っています。



■そのためには、

 相応の実績も必要でしょうし、

 相応の人柄も身につける必要があるでしょう。


 さらにそのためには、

 「日々の、怠りない修練が、
  実績と(良い)人柄をもたらしてくれる」

 のではないかと思われます。



■そうすると、結局のところ

 「チャンスやきっかけを与えてくれる人との出会いは
  努力や自己修練からしか生まれない」

 ということになるのではないか、と。


 適当に生きている人に、
 しかるべき人が目をかけてくれることなどありません。

 やっぱり相応に、まじめに、頑張っている人に
 しかるべき人が声をかけて下さるのではないでしょうか。



■こういってしまうと身も蓋もないですが、
 世に、近道はない、ということですね。


 でも、身も蓋もない結論だからこそ、


 「しょうがない。

  人生を好転させようと思ったら、
  まずは自己陶冶からしかないんだな」


 と諦めがつく、というものではないでしょうか。


 横着している人にチャンスが与えられるはずがない、

 ということなのでしょう。


 ますます、頑張ろう。


 今日は短めに。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■チャンスやきっかけは、人を介して与えられる。   ■そんな機会を与えてくれる人と出会うには、    そんな機会を与えてもらえる人になるしかない。   ■結局のところ、人生を好転させようと思ったなら、    横着せず、今いる場所で、懸命に戦いぬくしかない。   ■そんなあなたや私を、見るべき人が見て下さっているに    違いない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。