毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4256号 週末に必ず調子を崩してしまうあなたへのアドバイス


■個別コンサルを受けて下さっているクライアントの、

 およそ3分の2の方は、
 経営者、個人事業主、士業の方ですが、


 残りの方は起業志望、あるいは、
 今いる会社でより大きな成果を残したい、

 と考えていらっしゃる会社員の方。



■特に後者の方々から、よく尋ねられるのが、


 「せっかく平日はそれなりに仕事を頑張っていても、
  必ず土・日に調子を崩すんです。

  どうしたらいいでしょう?」


 という、ご相談。


 この問いに対する私の答えは、


 「習慣として定着するまでは、

  機械的に土・日の朝9時、遅くとも10時開始の
  予定を入れ、外に出続けて下さい」


 というもの。



■そもそも、なぜ土日に活動が鈍るのか、
 というと、


 土日の朝に起きなければならない理由が
 ないから、目覚ましもかけず、

 「目が覚めたときが起きるとき」

 などと考えているから。



■翌朝、予定がないのだから、
 必然的に金曜の夜に夜更かししてしまいます。

 眠くて眠くてたまらなくなるまで
 夜中2時、場合によっては3時、4時、、、

 まで起き続け、

 翌日、目が覚めるときまで眠るわけですから、


 寝覚めたときには既に朝10時、11時、
 ひどいときには正午近く、

 ということもあるでしょう。



■こうして、

 せっかくの休日にもかかわらず、
 太陽が高く上がりつつある11時とか正午くらいに起き、

 「半端ない、やってしまった感」

 が生まれてくるわけです。


 こうして、朝起きて、気分が乗らないまま、


 だらだら歯を磨いたり、

 だらだらシャワーを浴びたり、

 だらだら朝食を食べたり、

 だらだたテレビを見たり、

 だらだらネットにアクセスしたり、

 だらだら新聞を読んだり、


 しているうちに、昼の3時くらいになり、
 ますます後悔の念が強くなってくる。



■そうこうするうちに、

 日も沈み始め、暗くなってきてから
 ようやくエンジンがかかり始める(笑)


 夕食をとったらエンジン全開、
 調子に乗ってきて、深夜までやるべきことに取り組む。

 こうして土曜日の夜は更けていく、、、



■ギリギリまで我慢して起きて、
 翌朝、目が覚めたら、

 せっかくの日曜日なのに、

 「もう正午!!(汗)」

 ということで、またまた気分が乗らず、
 前日と同じようなことを繰り返して、

 日曜日も終わっていき、
 明日、月曜日は再び、出社。


 ああ、この週末も、無為に過ごしてしまった、、、

 という人が

 (もちろん全て、ではありませんが)

 本当に多いのです。特に独身の方(笑)



■そもそもこんなことになるのは、
 土・日の午前に予定を入れていないから。


 そろそろ、

 なんの予定を立てることもなく週末を迎えたら、
 こんなことになる、

 と気付きましょうよ(笑)

 という話。



■長らく、こんなことを繰り返していたんだ、

 と気づきさえすれば、対処も可能になります。


 あらかじめ強制的に予定を入れておき、
 環境を整え、自分を遊ばせないようにするのです。


 「そんなの息が詰まります」

 と言われることもありますが、


 「週末を終えるときの『やってしまった感』と
  息が詰まる苦しみの、いずれが大きいか」

 を考えると良いのではないでしょうか。



■少なくとも私(鮒谷)は、

 「またも、しでかしてしまった後悔」

 を幾度となく繰り返し、


 「もう二度とあんな不完全燃焼感は
  味わいたくない」

 と思っているから、それと比べたらむしろ

 「息が詰まるほど予定が入っているほうがマシ」

 と考えているのです。



■そして、

 そのような生活が体に馴染んでくると
 さらに心境の変化が起こり、


 「息が詰まるほど予定が入っていて最高!」

 「みんなが休んでいるときに、
  こんなにやることたくさんあって嬉しい!!」

 「どんどん差をつけることができるわい!!!」


 という気持ちになってくるのですから、
 不思議なもの。



■別にどちらの人生でもいいのです。


 せっかくの週末なのだから、
 だらだら過ごす、

 それも一つの生き方です。

 (私は御免被りたいですが)


 でも、万一、あなたが毎週末ごとに、

 「またも、しでかしてしまった後悔」

 を繰り返し、
 自尊心が毀損され続けているとするならば、

 「週末の時間割を見直す」

 ことに取り組んでみられてはいかがでしょう。



■土日の午前中に人と会う予定を入れておけば、
 前日の夜更かしも

 「ほどほど」

 にしておこうという自制心が働くようになりますし、


 こうして土日の午前にエネルギー量を高めておくと、
 午後からの活動に弾みがつき、

 そのまま夜まで有意義な活動を行い続ける
 ことができるようになるのです。



■たちえば私であれば、


 こんな風にして平日と土日、
 さらには盆、正月、ゴールデンウィークも、

 普段と変わらず予定を入れるようにして
 曜日感覚がなくなってくる頃から

 「圧倒的な充足感、満足感、達成感」

 を感じられるようになりました。



■もちろん、特に会社にお勤めの方は、

 「(良い意味での)完全なる曜日感覚の欠如」

 にまで至るのは難しいかもしれませんが、
 この喜びの一端をお伝えできれば、

 と思い、記させていただきました。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■土日に調子を崩す、という人への処方箋は、    毎土日の午前中に予定を入れて下さい、というもの。   ■土日の午前にいつも通り、起床し、外に出て行きさえすれば    午後以降も調子よく、過ごすことができるようになるだろう。   ■長年、続いてきた、ほねがらみの病は、    「自らの意思や気持ちを過信、過大評価しない」    ところからしか、改善させられない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。