毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4230号 愚か者。その者の名は「株(くいぜ)を守る男」


■人生を変えたいのであれば
 どこかの段階で、

 「自らスイッチを押してやる」

 必要があります。


 そのスイッチとは

 「きっかけ」

 です。



■もちろん、

 誰かからスイッチを押してもらうことを
 待ち続ける、

 そんな選択肢もありますが、


 そういう姿勢を持つ男(あるいは女)は

 「株(くいぜ)を守る」

 と言われ、


 昔から

 「愚か者の象徴」

 ということになっているわけです。



 ※ちなみに、以下、

 「株を守る」

 の意味となります。

              (出典は「ニコニコ大百科」w)


 ------------------------------------------------------


 昔の中国の「宋」という国のお話です。


 あるところに、田畑を耕す人が居ました。

 その人の田畑には切り株がありました。

 ある日、ウサギが走ってきて、その切り株にぶつかり、
 首の骨を折って死んでしまった。

 それを見た彼は、またウサギを得ようと、
 田畑仕事をサボり、すっとその切り株を見張っていました。


 しかし、ウサギが来るわけでもなく、収穫があるわけでもなく。

 結局彼は「宋」の国の笑いものになったというわけでした。


 ------------------------------------------------------



■こんな人間がいたら、笑いものにされても仕方ない、

 と思いますね。


 でも、気がついたら、

 「自分がそんなことになっていた」

 ということであれば大変です。


 実のところ、

 「待っていれば(ときが来れば)
  いつかはチャンスが来るだろう」

 という思考は、実は、

 「株を守る」

 という思考と五十歩百歩です。



■そんな思考で、

 さまざまなチャレンジを行っては、
 人生や仕事を変えてきた、切り拓いてきた、

 という人を見たことがあるでしょうか。


 圧倒的な成果をあげている人は、
 すべからくみな、

 狂ったように

 「決断と実行」

 を繰り返してきたわけです。



■もちろん、

 最初からそんな姿勢が身についていた人は
 (いないわけではないでしょうけれども)

 ごくごく一握り。


 あとの人は後天的に身につけたもので
 ありましょう。

 そして後天的にそうした心的態度は
 身につけられるのです。



■けれども、

 「初めての大きな決断と実行」

 だけは自分でスイッチを入れてやらねばなりません。


 ここで起動し、エンジンがかかり、


 次の決断ならびに実行、

 さらに次の決断ならびに実行、

 さらにさらに次の決断ならびに実行、


 という自走モードに入ることになるのです。



■何度でも繰り返しますが、

 チャンスは待つものにあらず、
 つかみ取りに行くものです。


 「棚からぼた餅」なんか起きるはずがありません。

 よしんば万に1つ程度の確率で
 起きることがあったとしても、

 そのタイミングを外部に委ねるなんて
 愚の骨頂。


 変化のきっかけを外部に依存するのは
 人生を外部に依存すると同じ。



■基本姿勢が人任せの人生で、
 人生を切り拓くなんて、できるはずがありません。


 だから、これまでも、


 「主体性を持つことが大事」


 「毎日、生まれ変わりましょう」


 「自ら意思決定せよ」


 「決断のみが人生を決する」


 「決断を先送りするな」


 「全ての学びは前倒し」


 「きっかけなくして変化なし」


 「おまえが消えて喜ぶものに
  おまえのオールをまかせるな」


 「刃を研ぐ時間を天引きしよう」


 「チャンスは一瞬、
  だからこそ訪れたときには逃さない」


 と、口を酸っぱくして説いてきたわけです。



■ぜひ、あなた自身のために、


 「主体的に」

 「自らの意思決定で」

 「先送りせず」

 「前倒しで」

 「刃を研ぐ時間を天引きするために」

 「この機を逃さず」


 スイッチを入れてやって下さい。


 その決断が、あとあとの人生に、

 「とてつもない波及効果」

 を伴い、響いてくるのです。



■先ほども別メールにてご案内いたしましたが、

 「スイッチボタン」

 はこちらです↓


 ---------------------------------------------------------------

  <【第34回】あなたの人生が2日間で激変する。
   ~メルマガ4200号の精髄をお伝えする「道場形式」講座>


 【日時】2015年5月2日(土曜日)午前10時~午後6時
     2015年5月3日(日曜日)午前10時~午後6時

     の2日間の開催となります。

    ※2日目の夜に懇親会の開催を予定しています。(任意参加)


 【場所】都内某所
     お申し込み下さった方に、改めてご案内いたします。


 【参加費】198,000円+税

      ※分割払いも相談に応じます。
      ※入金先については、お申し込み下さった方に改めて
       ご案内いたします。


 <お申し込みはこちらから>

 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/286


 ※定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

 ※最少催行人数に満たない場合、
  開催を見合わせることもございます。


 ---------------------------------------------------------------


 以下、ご参考までに。


 <2日間セミナー参加者ご感想集>

 http://www.2nd-stage.jp/houdankai/testimonials/henkaku.html

 <2日間セミナーご参加後(1か月~1年以上経過後)のご感想集>

 http://www.2nd-stage.jp/houdankai/testimonials/change.html


 【 鮒谷10数年の軌跡と学びを、2日間に圧縮 】


 してお届けいたします。



■今年の黄金週間を

 「記憶に残るゴールデンウィーク」

 とするのも、


 「記憶に残らず、後悔ばかりが残っている、
  例年通りのゴールデンウィーク(!?)」

 とするのも、


 あなたの勢いを伴う、決断一つです。


 <お申し込みはこちらから>

 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/286


 <今日の一言>


 運勢という字は『勢いを運ぶ』と書きます。

 つまり、運勢は勢いです。運勢をよくしたいと思ったら、
 なんでも勢いよくしましょう。

                     (事業家 斎藤一人)



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生を変えるには自らスイッチを押す必要がある。    すなわち、自らの手でチャンスを掴み取りに行く必要が    あるのである。   ■向こうからチャンスがやってくる、と考えるのは、    株(くいぜ)を守り続ける愚か者と同じ。   ■自ら取りに行かずして、誰が持ってきてくれるというのか。    いい加減、楽観的希望や幻想から目を覚まし、    立ち上がり、動き出すときではないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。