毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4185号 コンサルタント必見!成果を出すために提供すべき3つのもの


■私(鮒谷)が、

 セミナーや個別コンサルを行うに際して、
 もっとも心がけているのは


 1、必要な知識や情報をお渡しする

 2、長期的に持続する情熱

 3、短期的に爆発する情熱


 の全てをお渡しすることです。



■いつも書いているように、

 コンサルは、

 「知識ややり方をお伝えして、それで終わり」

 ではなく、

 「お伝えしたやり方に対して、
  その気になり、行動に移して頂くことこそが肝要」

 だと思っているからです。



■「長期の情熱」をお渡しするためには、

 たとえば、


 ▼高い基準を提示する

  (それによって目線を大きく引き上げ、
   遠大な夢、希望を持って頂く)


 あるいは、


 ▼自らに対する「赦し」を与えても良いのではないか、
  というお話をする

  (それによって自分に対する期待値を
   より高いものにして頂く)


 といったことを行います。


 これによって、

 「長期視点に立った人生・経営・ビジネス」

 について考えて頂けるようになります。



■と同時に、

 「短期の情熱」

 すなわち、

 「一時的な感情の盛り上がり」

 をお渡しするためには、

 「具体的極まりない、極小のPDCAサイクル
  (フィードバックループ)を回す方法論」

 についてもお伝えさせて頂きます。



■成果を出すためには、

 知識だけをお渡ししていても、
 行動につなげて頂かねば成果は期待できず、


 行動に移していただくためには、
 上に記したような

 「長期の情熱と短期の情熱を
  高いレベルで維持して頂くための様々な方法論」

 を持つ必要があるわけです。



■補足しておくと、


 短期的な情熱の火を燃やし過ぎるのも
 考えものであり、

 その反動としての、

 一時的な感情の盛り下がりは、エネルギーが切れたときの
 落ち込み方も極めて大きなものとなるため、


 「盛り上がらずに盛り上がって頂く」

 ための、

 感情変化の機微についても理解し、
 注意深く意識を払う必要がある、


 と思っているのです。



■ただ知識を伝えるのが、コンサルの価値の

 「1」

 とするならば、


 こうした

 「長期&短期のやる気をお渡しし、かつ、
  (上振れ、下振れのない)適正な範囲に収めて頂く」

 ためのあれやこれやは、

 「9」

 に相当する、

 そんな風に考えているわけです。



■自分以外の他人に対し、

 コンサルしたり、コーチングしたりするために
 以上のようなことに留意するのは絶対的に必要ですが、


 自分自身に対するコンサル、コーチングにおいても
 役立つ考え方である、

 と思っています。


 参考になるところがありましたら。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■結果を出すにあたっては    1、方法論    2、長期的に持続する情熱    3、短期的に爆発する情熱    この3つをバランスよく、揃える必要がある。   ■知識だけで成果は出せず、高い目標だけでも成果は残せず、    短期的なやる気だけでも成果をあげることはできない、    ということ。   ■以上は、他の人をコンサルしたり、コーチングする際に    留意すべきであるのはもちろん、    自分自身のコンサル、コーチングにおいても意識して    取り組むと良いだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。