毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4135号 「人生大崩落」の悲劇に見舞われぬための心がけ


■私(鮒谷)が最も恐ろしいなと思うのは、

 「自覚なく嫌われる、避けられる」

 そんな態度、習慣、習性を身につけてしまうこと。


 世の中には、特段、意識せずとも、

 生きているだけで、好かれ、
 自然と多くの人が集まる人がいる一方で、


 悪気なく他人と接しているのに、

 どんどん人が離れていく、疎まれる、
 忌み嫌われていく、

 そんな人もあるものです。



■今だから告白しますが、


 かく言う私も後者、すなわち、

 なぜか理由は分からないけれども、
 どんどん人が離れていく、


 そんな典型の一人でありました。



■これは、大変恐ろしい、自覚なき病であって、
 この病に罹患していると


 ▼出歩けば出歩くほど、嫌われる

 ▼人と会えば会うほど、疎まれる

 ▼活動すれば活動するほど、
  どんどんチャンスから遠ざかっていく


 ことになっていくのです。



■ビジネスにおける能力やスキル、
 センスを身につけることは、

 成果を出すために
 とても大切なことではありますが、


 それらを強固に下支えしてくれるものが、
 上に記したような、

 「自然と人から好かれる、お人柄」

 であるわけです。



■この、お人柄の部分が、

 「嫌われ体質、疎まれ体質、避けられ体質」

 になっていると、


 その土台の上に、
 どんな能力や知識を載せようとしても、

 軟弱な地盤の上に、脆弱な基礎を築き、
 その上に、


 <ブルジュ・ハリファ>

 http://livedoor.blogimg.jp/bluestylecom/imgs/e/b/ebe174d5.jpg



 を超える、世界一のビルをぶっ建てよう、

 というようなもので、

 「そんなの建つわけない」

 のです。


 せいぜい、20~30階くらいまで
 建築を進めたところで、

 大音響とともに、大崩落の憂き目を
 見ることでありましょう。



■そんな目も当てられぬことにならぬよう、


 ▼言葉遣い

 ▼態度

 ▼立ち居振る舞い


 あるいはそれらを根底から支える


 ▼他者への配慮、心遣い


 といった、


 「他の人から見たとき、
  自分がどのように見えているのか」

 「どんな人柄だと認識されているのか」


 について日常的に振り返り、

 ときに率直に周りの人に向けて、自分に対する
 忌憚ない評価、評判を聞く必要があるのです。



■くれぐれも

 「知らぬ間に、世界が閉じていく」

 「ある日、突然、大崩落」

 そんな悪夢のような状態に陥らぬよう、
 お互い気をつけていきたいものですね。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「人生大崩落」の悲劇に見舞われぬために、    自らが他の人からどのように思われているのか、    振り返り、ときに聞いてみる、    といったことを心がけるべきであろう。   ■もし自分が    「嫌われ体質、疎まれ体質、避けられ体質」    となってしまっているならば、一日生きれば一日生きただけ、    嫌われ、疎まれ、避けられていってしまうのだ。   ■そんな状態のまま、いくらビジネスのお勉強をしたところで    軟弱地盤に脆弱な建物を建てようとするようなもので、    いずれ大音響とともに(人生)大崩落の憂き目を見ることは    必至。   ■そうならぬよう    「好かれ体質、愛され体質、慕われ体質」    への体質改善を、普段から心がけていきたいもの。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。