毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4106号 睡眠を軽視する人は、人生を軽視している人


■元気に仕事をし続けるためには

 「睡眠の質と量が、死活的に重要」

 です。


 昔は頓着しませんでしたが、
 今は私(鮒谷)も、

 睡眠の質と量を確保することに
 かなりのこだわりを持っています。



■睡眠の質を高めるためには、
 まず、目隠し。


 いろいろ試しましたが、
 遮光性、装着感、寝ている間に取れない、

 など、いずれも

 「テンピュールの目隠し」

 が一番でした。



■次に耳栓。

 何十種類もの「お試し耳栓」を取り寄せ、
 一つづつ装着し、


 遮音性、つけ心地、

 直径(耳のサイズにぴったりフィットするものを)、

 朝起きるときまで取れないか、


 といった様々な要素を試して、今は

 「MOLDEX CAMO PLUGS」

 に落ち着きました。


 100個入り?くらいのセットを買っては、
 一日一セット、使い捨ててます。



■合わせて、

 私は鼻腔が小さい?ので、
 寝ている間、口呼吸してしまうことが多いので、

 「ブリーズライト スタンダード」

 を、


 そして冬のシーズンは朝起きたとき、
 それでも喉がカラカラになるので、

 「のどぬ~るぬれマスク 加湿ウイルス対策
   無香 普通サイズ」

 を装着。

 こちらもその都度、使い捨て。



■マットレスはエアウィーブ、

 羽毛布団と枕は特注品。


 寝る部屋は遮光性能の高いカーテン、

 暖房器具は、安全性が高く、空気も乾燥しない
 遠赤外線ヒーターを。


 もちろん部屋に加湿器、枕元にも小さな加湿器。

 ここまで徹底すると、本当に深い睡眠を
 取ることができるようになります。



■様々な対策をしてみて、

 思っている以上に寝具や光や音や湿度が
 睡眠の質に影響していることに気づきます。


 外の車の音とか、冷蔵庫とか、
 電化製品のランプとか、

 寝ているときも無意識レベルで
 気にしていたのでしょう。


 だからこそ、それらを全て防いだ上で、
 眠りにつくと、床についてから朝まで、

 それこそぐっすりと、深い深い眠りを
 堪能できるようになるのです。



■自分の身体に最適化された睡眠環境に
 たどり着くまでに、

 結構な時間を投資してきたし、
 金銭的にも相応の負担がかかりました。

 (というか、今も毎日!
  結構なコストが、かかり続けています)


 けれども、この投資は私の知る限り、
 めちゃくちゃ、費用対効果の高い投資です。



■睡眠の質は毎日の幸福感に大きな影響を
 及ぼし、生産性にも直結します。


 だから、余程のことがない限り、

 睡眠時間を確保することを
 再優先していますし、

 同時に、睡眠の質を高める環境づくりにも
 力を入れています。



■私が日々、仕事に没頭していて、

 しかも一晩眠るごとに成長している実感


 <4084号 大人になっても
     「一晩寝て、朝起きたら強くなっていた」世界を取り戻せる>


 があるのは、間違いなく、

 「日中の経験が、睡眠を通して定着している」

 からだと思われます。



■そして深い学習定着は、

 睡眠環境を整えるところから生まれる
 深い睡眠によってもたらされている、

 と確信されるのです。


 たかが睡眠、などと侮るなかれ。

 睡眠を軽視している人は、人生を軽視している人、
 といったら言い過ぎでしょうか。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■たかが睡眠、と侮ることなかれ。   ■睡眠の質・量は幸福感や生産性に直結しているからこそ、    仕事と同様に、あるいは仕事以上に    「こだわりを持って取り組む」    必要があるのではないか。   ■自分に最適化された睡眠環境を手に入れることができれば、    圧倒的に高いパフォーマンスを発揮できるようになる。   ■相応の、そして相当の、時間的、金銭的コストはかかる    けれども、毎日必ず眠るのだから、    一生を通して考えると絶対に元の取れる、圧倒的に    費用対効果の高い投資なのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。