毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3826号 早く始めれば、それだけ早く楽になれる


■人生において、


 「正のフィードバックループ」

 を増やし、

 「負のフィードバックループ」

 を減らす(理想はゼロに)


 ように心がけたいものです。



■それが

 「逓増人生」(時間が経つほど生きやすくなる)

 への道であり、

 この反対の道を歩めば

 「逓減人生」(時間が経つほど生きにくくなる)

 となるでしょう。



■「逓増人生」の道というのは、

 正のフィードバックループが回り始め、
 逓増の世界が開けると、

 例えば、


 ▼人が人を呼ぶ

 ▼時間が時間を呼ぶ

 ▼知識が知識を呼ぶ

 ▼情報が情報を呼ぶ

 ▼経験が経験を呼ぶ

 ▼評判が評判を呼ぶ

 ▼信用が信用を呼ぶ

 ▼評価が評価を呼ぶ

 ▼お金がお金を呼ぶ


 そんな、プラスの傾向が加速していくことになります。



■自らの生活を構成している諸要素を
 システム単位で捉えつつ、

 以上のような視点を持って、

 「逓増サイクル(システム)作り」

 を心がけてみられてはいかがでしょう。



■この感覚をつかむのは、
 自転車をうまく乗れるようになるのと同じです。


 いったんコツをつかめれば、

 一生忘れないし、
 失われることもありません。


 「つかむか、つかめないか
  (乗れるか、乗れないか)」

 二つのうちのいずれかしかないのです。



■逆に、この感覚がつかめなければ、

 いつまでたっても自転車に乗ることはできません。

 (=一生懸命、頑張ってはいるのに、
   逓減の人生となってしまう)


 であるならば、

 このサイクルは複利で回っていくものですから、
 一刻も早く取り組んだほうがよいでしょう。


 早く始めれば、それだけ早く、楽になれます。



■「すべての学びは前倒し」

 と、いつも書いていることではありますが、

 これは本当のこと。


 おかげさまで私は、

 人生の早い段階において、この事実に気づき、
 前倒しで

 「自転車にうまく乗れる」

 ようにしておいたので、

 今はすごく楽になりました。



■過大な負荷もかけず、巡航速度で進んでいるだけで
 いろいろと恵まれることが多く、感謝しています。


 この

 「正のフィードバックループ(逓増システム)の作り方」

 を、3日間のセミナーではご説明しています。



■ちなみに残念ながら、

 例年、そうなのですが、
 3月はセミナー参加者が少なめとなります。

 (年度末だからでしょうか??
  今年もまた 泣)


 そのうえさらに、今回もまた、

 3日間、かつ
 安価でないセミナーのご案内にも関わらず、

 2週間前から慌ててご案内をするという
 相変わらずの行き当たりばったりぶりですので、


 特に今月末のセミナーは少人数、
 場合によっては個別コンサル的要素も多く入るかもしれず、

 お得なチャンスとなる可能性が大いにあり。



■早い段階で逓増人生の核を作るため、
 学びを前倒ししたい方は、

 ノリと勢いで(!)ぜひ、下記よりお申し込みください。



■どうせ、

 「いつかは自転車に乗りたい」

 と思うのであるならば、

 そのための練習は、早めにしておくのが吉、


 そう思われるのであれば、ぜひ。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自らの生活を構成している諸要素をシステムとして捉え、    正のフィードバックループで満たすように心がけてみては    どうか。   ■そうすれば「逓増する人生」が約束されるだろう。   ■「逓増」「逓減」どちらに転がるかは、自転車を乗れるか否か    と同じく、ただ「コツ」をつかめるかどうか。   ■前倒しで、「コツ」をつかめば、その分だけ早く楽になれる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。