毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3825号 徒然草に学ぶ、無駄な回り道をしない方法


■人が変わるためには、いくつか重要なポイントがあります。


 箇条書きすると、



 1、高い基準(高い基準が、「姿勢」を作る)


 2、思考OS(成果を出すにあたって、
       普遍的に必要と思われる認識や思考)


 3、アプリケーション(各人の専門分野において、
            必要とされる知識や技能)


 4、習慣(やればいいと分かっていることを、
      実際に行動に移せる力。

      最終的には「それをやらなければ、気持ち悪い」
      というレベルまで自分のものとするのが目標)


 5、環境(1-4をを助けてくれる、応援してくれる、
      引き上げてくれる、アドバイスしてくれる人が集う、

      「文化」のある場所・仲間を作る、身を置く)


 これらが揃っている必要があります。

 どれか一つ欠けても、いけません。



■これまで個別で書いてきたことなので
 一つ一つ、詳述することはいたしませんが、

 これまでに書いてきたことの総括として、
 要は、


 1、低い目標(やる気の出ない目標)しか持たないのでは、
   そもそも力が出ない

   目線が上がらず、「姿勢」が正されない


 2、思考OSとは、たとえば


   「時間でお金を買っているのか、
    お金で時間を買っているのか」

   「何か起きてから対処するのか、
    ことが起きる前に準備しているのか」

   「キリギリス的な短期的享楽を求めるのか、
    アリさん的、長期逓増の人生を目指すのか」

   「狩猟型の戦略か、農耕型の戦略か」

   「縁に出会って縁に気づかないのか、
    袖触れ合う縁をも生かすのか」

   「他責の人生を生きるのか、
    自責の人生を生きるのか」


   など、基本的な考え方。

   この考え方が行動を生み出し、結果(人生)に反映される。


 3、各人の専門分野について、どれほどの勉強をしているか

   自分の専門書籍を数十冊から100冊程度は、
   最低でも読んでいるか(できれば数百冊)。

   それ以外に人的ネットワークを構築し、セミナーや講演に
   参加し、一般書も読む。

   その程度のことを終えた時がようやくスタート地点と理解し、
   学ぶべきことを学び、スキルを高める努力をしているか


 4、学んだことを、思考を経由せず(すなわち自動操縦的に)
   身体知化された形で、行動に移すことができるか


 5、1-4を実践し、さらに高みに登るために

   志を同じくし、人柄が良く、肯定的フィードバックで
   叱咤激励してくれる人たちの集う場所を確保する。


 ということを理解し、実践することができれば、
 必ず人は変化する、

 とお伝えしておきたいとおもいます。



■そして

 「変わりたいのに、変われないのはどうしてか」

 という悩みをお持ちなのであれば、


 これらの5項目を自分の力でなんとかしよう、
 というのも悪くはありませんが、


 「セミナーに参加することによって、
  数年間、あるいはそれ以上の時間を買う」

 そんな選択もあるかもしれません。



■私(鮒谷)も長年、それを心がけてきたから、

 無駄な回り道をせず、圧倒的に効率的、効果的に
 行きたい所に到達することができたし、

 のべ何年、あるいは何十年という膨大な時間のムダを
 省くことができた、

 と思っています。


 徒然草に、

 「何事も先達はあらまほしきことなり」

 (これ↓)
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1121980811


 と記されている通りです。



■ということで、

 以上に挙げた5項目を、最短期間でお渡しすべく、
 3月21日から23日まで、会場で待機しておりますね(笑)

 他のことはいざしらず、少なくとも「この道」においてだけは

 「先達」「水先案内人」

 であるという矜持を持って、過去26回にわたって、
 お話しし続けてきました。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人が変わるためには、    1、高い基準    2、思考OS    3、アプリケーション    4、習慣    5、環境    の5つを準備する必要がある。   ■自分で準備できないのであれば、「先達」を水先案内として、    数年単位の時間を購入、という選択肢もあるのではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。