毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3726号 毎日の仕事を「苦行」から「楽行」に変えるには


■ビジネスに携わる人が

  (忘れがちだけれども、当たり前の)

 大切にしたいサイクル、があります。



■それは以下のようなもの。



 「好きで好きで仕方がないことを行う」

       ↓

 「その過程で得られた能力を一生懸命に、
  お客さまに捧げる、尽くす」

       ↓

 「お客さまに喜ばれる」

       ↓

 「お客さまから新しいお客様を
  紹介していただく」

       ↓

 「おかげさまで仕事が増える」

       ↓

 「より多くのお客さまへの貢献の
  チャンスをもらえる」

       ↓

 「お客さまと接する回数・時間の分だけ、

  お客さまの本当のニーズ(潜在ニーズ)も
  深く理解できるようになる」

       ↓

 「もともと好きなことであるから

  そのニーズにお応えするための方策を考える、
  提案することもまた楽しい」

       ↓

 「ますます能力が高まる、磨かれる」

       ↓

 「このようにしてさらに向上した能力を、
  再びお客さまに捧げる、尽くす」

       ↓

 「お客さまに喜ばれる」

       ↓

       ・

       ・

       ・


     (以下略)



■いったん、

 このような仕事のサイクルが回り始めれば
 本当に幸せなことであると思いますし、

 このサイクルをどのようにして
 できるだけ大きく、早く回せるのか、

 にチャレンジするのが

 「仕事の醍醐味」

 といえるのではないでしょうか。



■このサイクルを回すのは、

 もちろん私(鮒谷)にとっても、
 もっとも楽しく、やり甲斐のある仕事です。


 だから私であれば、会社勤めの頃と比べて数倍、

 (というか、本当のことを言えば)

 10倍は働いている自覚があります。


 ※会社員時代はあまりにも働いていなかったため、
  そのような倍率となるのですが(笑)


 でもこの労働は、私にとっては労働ではなく、
 むしろ、

 「遊び、道楽、愉悦のひと時」

 となっているのです。



■仕事をするにあたっては、

 このサイクルを作り上げるまでが
 なかなか大変なことではあります。


 けれども、いったんスムーズに回り始めると
 精神面でも経済面でも大きく安定するでしょう。



■多くの人にとって、仕事は人生のかなりの部分を
 占めるわけですし、

 どうせ働くのであれば、互いに仕事を

 「苦行(くぎょう)」

 ではなく

 「楽行(らくぎょう)→楽しい活動)」

 にしていきたいものですね。



■そのためにも常に

 「自分が好きで、得意で、結果を出せること」

 によって

 「お客さまに喜んで頂く」

 にはどうしたらいいか、

 を常に考えることが大切です。



■幸いなことに、

 おかげさまで私は、毎日、楽しく

 「上のサイクルをぐるんぐるん回しながら」

 仕事しているので

 「楽行実践の毎日」

 を過ごさせていただいています。


 お客さまにはいつも感謝しております。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「自分が好きで、得意で、結果を出せること」    によって    「お客さまに喜んで頂く」    にはどうしたらいいか、を常に考えることが大切。   ■この心がけと日々の実践によって、毎日の仕事を    「苦行」から「楽行」に大転換させることができるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。