毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3617号 気づいていないのが一番の問題

■最近、

 未来の予定やら各方面へのアプローチ&フォローを
 入れ過ぎて、久しぶりに


 「毎日が締め切り」

 「毎日が綱渡り」

 「毎日がハードル越え競争」


 の大変な状態となっています。



 (相当、業務効率化は進んでいるのに
  この有様なので、

  長期間するようであれば、
  久々の採用を考える必要があるかもしれませんな)



■秒単位の、とはいいませんが、

 珍しく、分単位での時間意識を持たなければ
 とても予定が追いつかなくなってきております。


 そんな状態にもかかわらず、
 先日の大阪訪問では個別コンサルの合間に


 <THE 世界一展>

 http://the-sekai1.jp/


 を20分の駆け足で訪れたりしたわけですが。

 (大阪(関西)在住者は一見の価値あり)



■海外探訪やら受験勉強やら、
 興味の赴くままの(ビジネス分野以外の)濫読やら、

 あえて数年間を捨て、
 「無用の用」に没頭してきて、

 「仕事を忘れたカナリア状態」

 になっていた私としては、

 久しぶりに仕事スイッチが入った感じになって、
 これはこれで、なかなかいい傾向だ、

 と思っています。



■今さらですが、

 人生、やっぱりメリハリがあったほうが
 いいですね。


 こんな激しい感じがずーーーーっと続いて
 生涯を終えていく、

 というのは、

 「それはそれでちょっと勘弁」

 的なところがありますが、


 数年単位、数ヶ月単位、数週間単位、

 といった形で、時期に応じて緩急がつくのは
 変化があってなかなかに楽しいもの。



■しかも

 「自分で手綱を握っている
  (=自分がコントロール権を持っている)」

 上での緩急なので、


 「速度を緩めようとおもったら、いつでも緩められるし、
  加速しようとおもったらいつでも加速できる」

 という、この状態は最高です(笑)



■ということで本題。


 最近、たまに使う

 「自問自答してみてください」

 ネタですが、


 あなたは今、


 「自分で人生の手綱を握っている感覚を持っている」

 「緩めようとおもったら、いつでも緩められるし、
  加速しようとおもったらいつでも加速できる」


 状況にあるでしょうか。



■そんなこと、考えたこともない、
 というのであれば、

 それこそ、完璧に

 「人生のコントロール権を外部に委ねてしまっている」

 ことであり、しかも

 「その状態に気づいてすらいなかった」

 のであれば、

 それ自体が一番の問題であるのかも
 しれません。


 今一度、自分の置かれている場所について
 自問自答されてみてはいかがでしょう。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■あなたは、自分で自分の人生の手綱を握っているのか、    そうでないのか、    あるいは    「緩めようとおもったら、いつでも緩められるし、     加速しようとおもったらいつでも加速できる」    というコントロール権限を自分で持っているか。   ■もしそのようなことを考えたこともないのであれば、無意識に    人生のコントロール権を外部に委ねているのかもしれず、    その状態に気づいてすらいなかったとするならば、    それ自体が一番の問題であるのかもしれない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。