毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3581号 言葉の収集&活用以上にコストパフォーマンスの高いものはない


■これまで私(鮒谷)は、これはハッキリと意識して、

 できるだけ多くの、できるだけ多様な人と
 お会いしていくように務めてきたつもりです。


 結果として、おそらくは
 少なくとも同年代の平均的な人よりは、

 出会ってきた人の数も多く、
 その方々が活躍するフィールドも多方面に
 わたっていると思います。



■けれども、私などよりも圧倒的に多くの人と出会って
 来られた方も、勿論たくさんいらっしゃいます。

 先日、立花岳志さんからお誘い頂き、
 会食をご一緒した上阪徹さんもそのお一人。

 ベストセラー連発の有名&売れっ子ライターとして
 活躍されている方です。



■先日、食事をしているときにも、
 楽しく勉強になるネタが次々と繰り出されます。


 それも当然のこと、
 これまでの長いインタビュー歴(20年超)の中で、

 名経営者、五輪金メダリスト、ベンチャー起業家、
 ハリウッド俳優、名プロデューサー、W杯出場サッカー選手、
 ミリオンセラー作家、第一線の科学者、


 など、様々な人たちと対話を繰り返してこられた
 人だから。

 ライターとして取材してきた人は実に3000人以上に
 上るそうです。



■なかなか会えない、そんな人たちと接してきた中で

 「成功の本質」
 「成功の要諦」

 とでもいえる、みな、共通して述べていることが
 気になるようになり、

 遂にそれらを本の形にまとめられたのが、


 【今日のお勧め本 成功者3000人の言葉】


 この本です。



■基本的に、

 特に最近はビジネス書はあまり(というか、ほとんど)
 読まないし、

 メルマガで紹介することもほとんどありませんが、
 この本は別扱いといたします。


 なんといっても、私の道楽である

 「人生をひらく方法(=ピークパフォーマンス方程式)」

 を私の代わりに(!?)

 圧倒的多数の社会的成功者と言われる人たちに取材し、
 その言葉を要約し、エッセンスをまとめて下さった、

 という本だから。



■実際のところ、何度も書いてきましたが、

 「成果を出している人の言葉」

 ほど、コストパフォーマンスの高いものはありません。


 私など、

 このことを薄々理解できるようになって以来、
 20年以上も日記を書いてきましたし、

 このことをハッキリと自覚し、理解するようになって以降、
 10年にわたってメルマガを書いてきましたが、

 日々、その成果・効果を体感しています。



■ある時期からは、まさに

 「言葉の収集&活用以上に、
  コストパフォーマンスの高いものはない」

 と確信したからこその投資を行ってきました。


 毎日会食を繰り返してきたのも、
 時間を見つけて本を読むのも、

 ひとえにこのためです。



■実際に、

 「言葉が世界を切り出す」

 わけですから、

 「いかに短い時間で、質の高い言葉に巡りあい、
  その言葉を自分のものとできるか」

 について、人はもっともっと、こだわるべきだと
 おもいます。



■先日も

 『ことば絵本 明日のカルタ』

 という本から、


 「落ち込んじゃってブルーな気分。
  いえいえブルーは空の色」

 「凹んでも大丈夫。
  人間は最初から形状記憶合金」


 といった言葉を引用し、
 言葉の持つ力について述べましたが、

 自分の認識や行動を良い方向に変える言葉を増やし、
 活用できればできるようになるほど、

 人生は豊かになり、明るくなり、可能性に満ちたものへと
 変わり始めることでしょう。



■だからこそ、

 まずは、(良い)言葉を収集し、
 その後、言葉を操れる人になる、

 ことと目指したいもの。


 そういう意味で

 「言葉の使い手、達人
  (=その結果として成果を発揮した人)」

 の珠玉の言葉がたくさん集められたこの本は、
 面白かったし、役だったし、

 私の辞書をさらに厚くしてくれることに
 なりました。



■この本に限らず、

 多くの先人の言葉に触れ、記録に残し、
 記憶に叩きこみ、いつでも取り出せるようにする、

 のが可能性をひらく秘訣、だと私は考えています。



■ところでこの本の中で、

 もっともグサリと刺さって抜けなくなったのが
 この言葉。


 【 そもそも世の中は理不尽で不平等である 】


 これは文学専攻の著名な大学教授を取材をしたときに
 おっしゃられた言葉だそうです。



■ドストエフスキーを読まなければいけない理由として、
 その方は


 「ドストエフスキーの小説には、
  人間というもののすべてが詰まっているんですよ。

  特に人間が生きる世界が、いかに理不尽で、無慈悲で、
  不平等で、不合理で、残酷なものであるかが語られている。

  それを理解して生きるのと、まったく理解しないで
  生きるのとでは、人生は大きく変わっていくんです」


 と語られたそうですが、
 なるほどその通りだなあ、と頷かずにおれません。


 たとえばこのような認識を持って生きていると、

 その認識が言動や行動を変え、
 やがて人生そのものをも変えていくに違いありません。


 言葉の力とはそれくらいに強力、強大なもの。
 決して疎かにしてはなりません。



■人生の質とは、つまるところ、このような言葉を
 どれだけ集め、身体化できるかではないか、

 とすら思えます。


 そんな言葉をたくさん紹介してもらいました。


 【今日のお勧め本 成功者3000人の言葉】


 たくさんの人、たくさんの本と出会うことで、

 良い言葉と出会い、良い言葉を追い風にして、
 豊かで幸せな人生を送りたいものですね。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■我々は言葉によって世界を切り出すのであるから、    人生を豊かに、幸せにしてくれる言葉を収集し、その言葉を    使いこなせるようになりたいものである。   ■人生の質とはつまるところ、良い言葉をどれだけ集め、    身体化できるかではないか、とすら思える。   ■たくさんの人、たくさんの本と出会うことで、    良い言葉と出会い、良い言葉を追い風にして、    豊かで幸せな人生を送りたい。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。