毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3544号 人は人に見られて変化する


■上述の通り、

 昨日、写真家のテラウチマサトさんに
 ポートレート撮影をしていただきました。

 5月13日に次いで二回目の撮影。



■前回は、

 スタジオならびにビルの屋上、
 そしてビルを背景にして撮って頂きましたが、

 今回は人通りの少なくない
 (というか、大変人通りの多い)、

 都内某所の路上にて撮影を敢行。



■テラウチさんを始め、

 メイク&ヘアメイクさん、スタイリストさんの
 お力を借りながら、

 自分であれば普段絶対に選ばないような服を着て、
 自分では再現不可能な髪型で(汗)

 数百人の人が行き来する路上にて撮影をいたしました。



■そこでリアルに体感したのは

 「見られる」

 ことによって、意識が持ち上げられることでした。


 何百人という人が行き来する路上で、プロ仕様の
 でかいカメラを持ったカメラマンさん(テラウチさん)に
 パシャパシャとシャッターを切られる。



■風が吹いて髪型が乱れると、

 サササッとヘアメイクさんが駆け寄って、
 髪の毛に手を入れられ、汗をかけば額や鼻の頭を
 拭いてもらい、

 あるいは着せ替え人形のようにジャケットを
 着替えさせてもらったりしながら、

 ポーズを作って撮影されるわけですから、
 きっと道行く人からは

 「それっぽく」

 見られているわけでありました。(多分に自意識過剰気味 笑)



■けれども、ここで気づいたのは

 「見られている(ように思う)」

 ことで明らかに自分の意識が高まっていくことでした。

 その意識の高まりが、姿勢や歩き方、表情等に
 影響を及ぼすのです。



■そんなリアルな実体験を通してあらためて思ったのは

 「他者に見られる場所に、自らを置く」

 ことで、

 潜在的な力を最大限に開花させることが
 できるのであろう、

 ということ。



■例えば、私であれば、
 このメルマガをもう10年も続けてきたわけですが、

 文章を読まれること、日々の生活を見られて
 いることが既に日常となっています。


 「いつものこと」となっているがゆえに、
 改めて意識することはありませんでしたが、

 今回のポートレート撮影の経験に照らし合わせて
 考えてみるに、

 毎日自分が経験し、感じたり、考えたことを書き、
 それを見知らぬ他人に読んで頂く、

 というサイクルを回していく過程で、

 「人から注目されている」

 という(自意識過剰からくる)思い込みが、

 「自分に変化をもたらしてきた」

 ことは明白に認めざるを得ないのです。



■よく、女優やモデルさんは

 「他の人に見られるから
  どんどんキレイになっていく」

 という話を耳にするわけですが、


 今回の撮影体験を通して、あるいは自分の日常や思考を
 発信してきた経験を振り返ってみて、

 やはり

 「見られる」 → 「意識する」 → 「姿勢が変わる」

 というサイクルがあることに気付いた次第なのです。

 まさに

 「人は人に見られて変化する」

 生き物なのでしょう。



■であるならば、

 環境の整え方次第で、
 そんな習性を上手に活用することによって、


 勤勉にもなれるし、
 向上心も持てるし、

 人に優しくもなれるし、
 人に気を遣うようにもなれるし、

 格好よくもなれれば、
 おしゃれにもなれる、

 (あるいは、なりたいものにはなんでもなれる!?)


 そんな風に思ったわけなのです。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人は人に見られて変化する。   ■他者から見られている、という環境を作り出し、    見られていることを意識することで、姿勢が変わり始める。   ■このメカニズムを上手に活用することができれば、    環境の整え方次第によって、    勤勉にもなれるし、向上心も持てるし、優しくもなれるし、    気遣いもできるようになるし、格好よくもなれるし、    おしゃれにもなれる、    のではないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。