毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3510号 中途半端な強みも組み合わせ次第で


■昨日は

 「強みの掛け算で、誰にも真似できない世界を提供する」

 と題して、


 自分では

 「取るに足らない」

 と思っているものも、複数組み合わせることによって

 「誰にも真似できない世界」

 を提供できる、

 ということはよくあることなので、

 まずは、自らが持つリソース(資源)を一つ残らず
 棚卸しするところから始めてみてはどうでしょう、


 そんなお話をいたしました。

 今日も続けます。



■前回のメルマガでは


 【 紙加工技術 】

 と

 【 社員の特技 】

  ※石内 奈々絵(いしうち・ななえ)さん

  ▼元女流アマ名人(7冠)・アマ女王
  ▼NHK将棋講座でアシスタントを務める
  ▼立命館大学在学中、学生女流名人戦で4連覇
  ▼「羽生善治の新春大逆転五番勝負」で羽生善治に勝利

 と

 【 福井県の強み
   (福井は恐竜の化石が日本一発掘されている恐竜王国) 】


 とが重なりあったところで


 ≪「きょうりゅう しょうぎ」のHP≫


 というユニークな商品が生まれた、
 というストーリーを紹介しましたが、


 今日は私(鮒谷)が、
 何をどのように掛け算してきたかを記します。



■私の相対的な強みとしては、たとえば、


 ▼本を読むことが苦にならない
  (むしろ、本だけ読み続けられたら幸せだなあ、とすら)

 ▼気軽に文章を書ける
  (時間をかけることなく、大量に書ける)

 ▼毎日異なった人と会食するのは趣味の一つ

 ▼長らく小規模高収益事業の構造についての
  研究を行なってきた


 といったことが挙げられると思っています。



■ここで注目してもらいたいのが、これらが

 「相対的な強み」

 であって、一つ一つについては決して

 「絶対的な強み」

 ではないことです。



■私は


 ▼本を読むことが苦にならない
  (むしろ、本だけ読み続けられたら幸せだなあ、とすら)


 けれども、私などよりもっとたくさん本を読んでいる人など
 世の中にゴマンといるでしょうし、


 ▼気楽に文章を書ける
  (時間をかけることなく、大量に書ける)


 けれども、もっと上手な文章を、もっと短い時間で、
 もっと大量にかける人も無数にあるでしょうし、


 ▼毎日異なった人と会食するのは趣味の一つ


 だけれども、

 毎日のランチならびに夜の会食も7時から夜中まで、
 ダブルヘッダー、トリプルヘッダーを繰り返し、

 あらゆる業種業界に知己がいる、という人が
 私の知る限りでも4、5人はすぐに思い浮かびますし、


 ▼長らく小規模高収益事業の構造についての
  研究を行なってきた


 けれども、そんな研究ばかりを重ねている
 学者さんやコンサルタントさんには敵いません。



■そんな程度の

 「中途半端な強み」

 であっても、2つ、3つ、4つと
 重ね合わせ、掛け合わせると、あら不思議!

 おかげさまでそんなに一生懸命頑張らなくても、
 十分ご飯を食べさせてもらえるようになったのです。



■ここで大切なのは、

 「何を、どのように掛け合わせるか」

 の配合具合、組み合わせ具合でしょう。


 最初から解が分かっているわけではありませんから、

 これだけは、あらゆる科学者が実験を繰り返すのと
 同じように、試行錯誤を繰り返すよりほか、ありません。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■中途半端な強みも配合次第、組み合わせ次第で、    ただ足し合わせる以上の成果をもたらしてくれる。   ■とはいえ、最初から解が分かっているわけではないので、    試行錯誤を繰り返しながら最適解を探し続けるより他はない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。