毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3486号 キングと呼ばれた男


■メルマガ読者さんと初めてお会いしたとき、
 必ずといっていいほど言われる言葉があります。

 それは、


 「鮒谷さんって結構きさくな人だったんですね」

 「実は、テキトウな人だったんですね」

 「案外、いい加減な人だったんですね」

 「偉そうじゃないですね」

 「ざっくばらんな人だったんですね」

 「もっと堅い人だと思ってました」

 「もっと真面目な人だと思ってました」

 「もっと古風な雰囲気だと思ってました」

 「もっとストイックな人だと思ってました」

 「もっと太った人だと思ってました(汗)」

 「(実年齢よりも)10歳くらい上の人だと思ってました」


 などなど。



■メルマガの文章だけを読んでイメージ下さっていて、
 初めて会ったとき、

 「???」

 ということになられるのでしょう。


 そんなことのないよう、出来る限り、
 ありのままの自分を出そう、

 と思って、書いていてさえ(しかも毎日)
 こんな状態なのですから、

 「先入観やイメージは相当強固なもの」

 と思わずにおれません。



■極端なケースになると、
 知らないうちに「聖人君子」になっていて、

 ジョーク一つも言わないとか、
 下ネタ一つも話さないとか、
 あたかも修行僧のようであるとか、

 とんでもない人間にされていたりするものです。



■確かにTPOは弁えた発言は心がけているので、

 お会いしたことがなければそんな傾向で捉えられる
 こともなきにしもあらず、

 なのかもしれませんが、それでも昔は

 「キング」

 と呼ばれた男。

 (註:下ネタキングの略称(恥))



■「すべらない(下品な)話」

 の5本や10本(や20本、あるいはそれ以上)

 のネタは常備していますし、


 高校時代には親しい友人たちと休み時間に

 「陰●じゃんけん」

 に打ち興じていたものです。


 ※じゃんけんに負けるたび、各人が●毛を抜いて
  机の上に置き、山を作るという男子校ならではのゲーム。



■このメルマガは不特定多数に向けて
 お届けしているものですから、

 あんまり変なことは書かないようには
 していますが、


 それでも時々はこのような、ありのままの姿を晒して
 補正を図っておかないといつの間にやら、


 「ストイックで真面目で堅苦しい、
  ジョークも笑い話もエロトークもしない男」


 と思われるようになってしまいます。



■たとえそのように思われても、

 出会いさえすれば、誤解?も解けるものですが、
 発信している情報で


 「こいつは面白くなさそう」

 「石部金吉も逃げ出してしまうレベル」


 とか思われたら、
 肝心の出会いそのものがなくなるわけですから、

 みすみすチャンスを失ってしまうことにも
 つながりかねません。


 そして実際に、

 このような先入観によって出会いが(私の知らないところで)
 退けられてきたケースがたくさんあったのでしょう。



■こんな風に、人間にはともすると、

 「人の一面のみを見て、拡大解釈し、
  一部の側面を全人格だと捉えてしまう」

 という業があるようです。


 だからこそ、

 情報発信者たるもの、このような万人の持つ特性を
 理解し、

 「積極的に、自らの多面性を訴えかける」

 必要があるのです。



■そんなわけで今日は私(鮒谷)の

 「キング属性」

 を語ることによって、

 読者の皆さまが私について抱いていた(かもしれない)
 イメージの補正を少々過激に試みた次第です。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人間には「人の一面のみを見て拡大解釈し、一部の側面を    全人格であると捉えてしまう」傾向があるものだ。   ■だから情報発信者はこのような人間の特性を理解し、積極的に    自らの多面性を訴えかける必要があるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。