毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3449号 「最小効率で最大効果の上がるシステム」を量産する


■メルマガのフェイスブックページ改善に
 まじめに取り組み始めてからまだ2週間ほどですが、

 おかげさまで昨日、「いいね!」の数が2000を越えました。

 https://www.facebook.com/heiseishinkaron



■せっかく書いているのだから、
 できれば多くの方に読んでいただきたい、

 そうおもって

 「1日3改善」

 をキャッチフレーズに、
 毎日、高速で小さな改善を積み上げてきました。


 せっかくなので年内の10000越えを目指そうかと
 &軌道に乗せたら運営の一切をスタッフにお願いするつもり。

 (フェイスブックを更新するのが
  本業ではありませんので)



■それにしてもフェイスブックはPDCAサイクルを
 回しやすいですね。

 無数の改善案が思いつくし、実行してみると、
 フィードバックの速度が尋常でないくらいに早いから
 結果がすぐに出る。

 (やってみて良かったことはどんどん取り入れるし、
  やらないほうが良かったことは捨てていけばいい)

 ほとんどゲーム感覚で行えます。



■ゲーミフィケーション的要素を取り入れながら、
 方法論をブラッシュアップさせ、

 (燃料効率の良い)巡航速度に到達すれば、
 そこから先は淡々と運営していけばいい。



■飛行機が飛び立つときには大きな負荷がかかるけれども、

 いったん水平飛行状態に入れば、時間を味方につけ、
 一定速度で前に進んでいくだけで目的地に到達します。


 だから離陸時はできるだけ早く巡航速度で飛べるところまで
 上昇しようと、エンジン全開するわけです。



■そう考えると、ダラダラやるのが最悪だと
 分かりますね。

 負荷は前倒しでかけて、あとで楽をするほうが、
 トータルでみたとき圧倒的に効率的です。



■実はここからが本当に書きたかったことなんですが、

 フェイスブックページの改善みたいなある意味、
 どうでもいい、些細なことだけではなく、

 人生あるいはビジネスにおけるあらゆる場面について、
 おんなじことがいえそうです。



■目標を掲げ、試行錯誤を繰り返して最適化を図り、
 できるだけ早く

 「最小効率で最大効果の上がるシステム」

 を立ち上げさえすれば、あとは時間を味方につけながら
 淡々、粛々とシステムを稼働させるだけ。

 (時間が勝手に成果を生み出してくれます)



■このようにして浮かせた時間、
 あるいはお金、体力、精神力、といったリソースを、

 さらなる新しい目標設定と、
 方法論の最適化、自動操縦化(システム化)に投下する。



■このプロセスを飽きずに繰り返し

 「(有形・無形の)資産逓増システム」

 を一つづつ増やしていくことで、人生もビジネスも、
 時の経過とともにどんどん楽になっていくのです。



■こうしてみると、

 「たかがフェイスブックページの改善、
  されどフェイスブックページの改善」

 ということになりそうです。

 まさに「一事が万事」です。


 フェイスブックページの改善について
 高い視点から俯瞰すると、

 やがてビジネス全体、あるいは人生そのものの改善に
 までつながっていきそうです。

 深いです(笑)



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■まず目標を掲げ、試行錯誤を繰り返して最適化を図り、    できるだけ早く、    「最小効率で最大効果の上がるシステム」    を立ち上げる。   ■いったんこのシステムが立ち上がれば、あとは淡々、粛々と    巡航速度で時間を味方につけながら、システムから    生み出される有形・無形の利益をありがたく頂戴すればよい。   ■生まれた余剰を、更なるシステムづくりに再投下することで    人生もビジネスも、どんどん楽になっていくだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。