毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3424号 「直撃即ゲームオーバー」の恐怖


■昨日は危機管理、ならびに再起する力の大切さについて
 思うところをお伝えいたしました。

 今日も続けます。



■いつなんどき、なにが起こるか分からない
 世の中だからこそ、

 なにはなくとも、

 「再起できる力」

 が欲しいところです。



■来るべき想定外の事態はどこからどういう球として
 飛んでくるか分かりません。


 でも、

 (来るな、来るなと乞い願うよりは)

 いずれ必ず飛んでくる、と思って対策を立てて
 おくほうが、心のゆとりも生まれそうです。



■飛んでくる危険球は


 経済的な側面かもしれないし、

 社会的な側面かもしれないし、

 肉体的な側面かもしれないし、

 精神的な側面かもしれないし、


 けれども、たとえ直撃を食らって
 巨大なダメージを受けることがあっても、

 (その確率は無視を決め込めるほど
  小さなものではないように思われます)


 「復活のためのタネ銭」

 さえ手元に残しておけば、それを元手に再び、
 一から勝負することができます。



■だとするならば、乾坤一擲の大勝負は避けるべきで、
 なにはなくとも

 「余剰、備蓄」

 を残しておくことが大切、

 そんなことを考える今日このごろ。



■「余剰、備蓄」というと、

 金銭とか食料とか燃料とか、目に見えるものを
 考えがちで、もちろんこれらも重要ですが、

 それ以上に、

 何かあったときに助けてくれたり、応援してくれる
 人のつながりとか、

 稼ぎだす力とか、感情コントロールの方法とか、
 目に見えない資産が役に立つでしょう。



■「有形資産」と「無形資産」をバランスよく、
 さらに分散させた形で備蓄する。

 そんな準備を平時から怠らないように
 しておきたいもの。


 どれだけ準備をしていても避け切れない種類の
 直撃弾もあるでしょうけれども、

 「直撃即ゲームオーバー」

 の確率をどこまで極小化できるか、
 そんなことも考えてみてはどうでしょう。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■何が起こるか一寸先は闇、という時代だからこそ、    「なにはなくとも再起できる力」を持っておきたいもの。   ■金銭、食料、エネルギー備蓄は大切ですが、同時に、    人のつながり、稼ぎだす力、感情のコントロール力、    といった目に見えないものも疎かにはできない。   ■有形資産と無形資産をバランスよく、さらに分散させた形で    備蓄していくことを平時から心がけておきたいもの。   ■「直撃即ゲームオーバー」の可能性の極小化を目指そう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。