毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3363号 「顧客からのどこまでも高い評価」を求める


■セミナーを開催するとき、
 私は全力で、全身全霊でお話をしています。


 (とはいえ、別に大きな声で話をするとか、
  大きな身振り手振りをするとかではありません。

  考えていることがどうしたら伝わるだろうかと、
  思考的な部分、精神的な部分で全力を尽くしています)



■ですから、

 よく、このメルマガではセミナーのご感想を
 ご紹介させて頂きますが、

 頂戴するご感想が自分にとって
 何よりのご褒美だと思っているのです。


 (変な意味ではなく)

 「ご感想を頂くために働いている」

 といっても過言ではないくらいに。



■商品やサービスを販売、提供しているものにとって、

 顧客からの率直な評価が高ければ高いほど、
 やりがいも満足度も高まりますし、

 お褒めの言葉をいただくと、

 「もっと、もっと、もっと、
  より高い評価を頂きたい」

 という気持ちで、取り組むことになるのは当然です。


 「やっつけ仕事」で、さんざんな評価を受けても
 売上げが上がればそれでいい、

 ということでは、なにより自尊心や自己重要感が
 満たされません。



■だからこそ、仕事に携わる人はすべからく、

 「顧客からのどこまでも高い評価」

 を求めて仕事するべきだと思っています。

 (これにゴールはありません)


 私は継続的に、率直なご感想を頂き、
 メルマガでご紹介することによって、

 「回数を重ねる度、自分の提供しているサービスの
  品質があがっているか」

 を衆人環視の環境に置きながら、
 よりよいものを作りたい、

 と常に考えています。


 (いい加減に行なっていたら、
  悲しいご感想しか頂けないはずで、

  そうならないように、というプレッシャーを
  自らにかけているのです)



■そのような思いの延長線上で、

 今回、さらに再現性の高いコンテンツを開発するべく、
 一旦、3日間セミナーを終了させることを決意し、

 同時に、さらにブラッシュアップさせた形で、
 いつの日か、改めて皆さまの前にお届けできれば、

 そんな風に思っている次第です。



■果たしてどこまでご満足いただけたか、
 について

 「衆人環視の環境」

 に置きながら、

 最後の3日間セミナーのご感想を
 以下にご紹介させていただければとおもいます。


 みなさま、3日間ありがとうございました!


 (ここから)
 --------------------------------------------------------


 3日間どうもありがとうございました!

 メルマガを拝読したときからずっとこのセミナーが
 気になっていました。

 自分で作った夢リストに

 「鮒谷さんのセミナーに参加したい!」

 と書いていたほどです。
 本当に書いたことは実現するんですね!


 このまま最後のセミナーに参加せずに3連休を
 道楽で過ごしていたらきっと一生後悔していたと思います。

 念願叶ってよかったです。


 実際に参加して、正解!でした。

 3日間かけてOSを入れ替えるに必要なエッセンスを
 注入し続けていただいたおかげで、
 セミナーを終えて得たものは4つあります。


 1、心地好い疲労感

 OSを書き換えようと3日目ずっと語り続けられた
 鮒谷さんのパワーやセミナーのシステムに驚きました。

 おかげさまで頭だけでなく全身で、心で受け止めた分、
 ガツーンときました。


 正直に言いますと疲労感はありますが、
 鮒谷さんの言葉を少しでも吸収したいと思って1日1日を
 過ごしたので、とても心地好い疲労感でいっぱいです。

 (ちなみに3日間でびっしり書いたノート26ページ分は
  宝物です!)


 2、今の私には行動量が圧倒的に足りていない

 →「だから今まで変われなかった」という現状の認識ができた

 私は頭でっかちになりすぎて、悩みもがいていたことに
 気づかされました。

 今後はもっと外に出る仕組みを作り、心を震わせていきます!
 どんどん出逢いの風呂敷を広げていきます!


 3、他の参加者からの学び

 参加者の方々の所作や気配り・心配りのレベルの高さに
 驚きました。

 セミナー以外の時間(休憩時間や放課後)でも
 非常に勉強になることばかりでした。

 そんな素晴らしい方々と一緒になってこれから3項目を
 継続させていただけるのはさらなる勉強につながると思います。

 素晴らしいシステムを作っていただき
 ありがとうございます!!


 また参加者の中で、今の私にとってロールモデルにしたい!と
 思える方にも出会えました。

 こんな素敵なご縁をいただけてとても感謝しています。
 これからもいただいたご縁を大事にしていきます!!


 4、「私は人前で自分がどうありたいかについて語れる!」
   という自信

 目標にはBeing,Doing,Havingの3つのレベルがあると
 知りました。

 受講中は、自分がどうありたいかというBeingレベルの
 目標はまだ立てられないだろうと弱腰でした。

 しかしセミナー終了後に他の参加者とBeingについて
 語り合った時、自分の言葉で語れていました。

 言えた自分に驚きでした。
 言葉にすると不思議と根拠のない自信がついてきました。

 公言する力はすごいですね。
 これからも言葉の力を大きくしていくために
 毎日省察していきます!


 **************


 ある意味で、期待していたセミナーとは違いました。

 おしゃれで大量のレジュメがあり、パフォーマーのような
 鮒谷さんのプレゼンがあり、

 会場は常に盛り上がっているものであるだろうなと
 勝手に思い込んでいたからです。


 しかし実際はとてもシンプルでした。

 レジュメも、鮒谷さんの語りも、会場の空気も、
 盛り上がりすぎていないのです。

 いつの間にか鮒谷さんの語りに引き込まれ、
 まるで具体と抽象を行ったり来たりする鮒谷ワールドに
 入り込んだアリスになった感覚でした。


 それから、鮒谷さんの誠実さにとても感謝した場面もあります。

 最終日の目標を書き始める前の休憩時間で、疲れたそぶりに
 見せてしまったのか、ボーっとしていた私に
 声をかけて頂いたときのことです。

 その心配りにとても感謝しています。
 ありがとうございました!


 3日間ですっぽり変われるわけがありません。

 しかし核となるOSが書きかえられたことでゆっくりと
 着実に変化していける自信があります。

 これから100日間の挑戦は確実に、勝ち試合ですね。
 盛り上がりすぎずにこれから勝ちに行きます!

 温かく見守っていただけたら幸いです。

 どうもありがとうございました!

                      (M.Yさま)

 --------------------------------------------------------
 (ここまで)


 (ここから)
 --------------------------------------------------------


 鮒谷さん,3日間本当にありがとうございました!


 3日間セミナーが終わって次の日,
 本当に世界が違って見えました。

 正確にいうと,見えている物理的な世界は同じなのですが,
 自分の頭の中ががらっと変わって,

 結果として世界が違って見えたのだと思います。


 今までは,歩いているときや信号待ちをしているときなど
 ふとしたときには,

 ある歌の歌詞を思い浮かべていたり,ぼけーっとしていたり,
 今抱えている仕事のことを何となく考えていたりしていました。

 しかし今日は,第2領域・2度あることを3度繰り返さない
 ・具体と抽象などなど,いままで考えたこともなかったことが
 頭の中をぐるんぐるんしていました。

 すごく前向きな気分になれるし,なんだかわくわくしてきます。


 人間の貸借対照表で1番大きいのは無形資産であり,
 それを増やしていけば勝手に有形資産は生まれてくる

 という考え方は,貸借対照表を常日頃目にしている自分から
 しても衝撃的でした。

 どうしても数値や金額に目がいきがちなのですが,
 数値に表れない部分にも目を向けて行きたいと思います。


 また,割と自分は気合いや精神論が好きだったのですが汗,
 気合いを入れない・淡々と粛々と・モチベーションに依存しない

 という点についても納得させられました。

 できるところから仕組み化して,どんなときでも60点以下には
 ならないようにしたいです。


 OS,アプリ,アドオンや,具体と抽象の話では,いかに自分が
 いままでアプリやアドオン,具体的なものに振り回されていたか
 よく分かりました。

 このままでは本当に一生変わらなかっただろうなと思うと
 ゾッとします。

 OSや抽象化ということの大切さを教えて下さった
 鮒谷さんには本当に感謝しています。


 楽しいことを先送りすると金利が付いて返ってくる!
 という考え方は今後いろんなところで使っていきます。


 面倒くさいなと思ったら,ありがとう!
 (それを1つ解消できれば生活がどんどんラクになると
  いうことですもんね!)


 行くときは期待も大きい分不安も大きく,
 ちょっとおっくうな気持ちもありました。

 まるで,合格発表の掲示を見に行くときのようなそんな感覚でした。

 しかし,結果として,すばらしい仲間にも恵まれ,
 本当に価値のあるセミナーだったと実感しています。


 文句なしの合格でした!

 (決して上から目線ではないので,
  あくまでも比喩としてご理解ください。。。すみません。。。)

 これからが本番なので,淡々と,盛り上がりすぎずに続けていきます。

 本当にありがとうございました!

                      (尾崎 智史 様)


 --------------------------------------------------------
 (ここまで)


 (ここから)
 --------------------------------------------------------


 鮒谷さん


 三日間、本当にありがとうございました。

 個人的な事情もあり、申し込んだ後も参加できるか不安な中、
 やはり今しかないと思い、参加させていただきました。

 色々とお気遣いいただき、心から感謝しております。


 昨日、三日間を終えて帰ってきたときには、

 頭がトランス状態というか、疲れもあり、
 大量の情報と思考のシャワー

  (というのが適切かわかりませんが)

 を浴びて、痺れたような状態でなかなか整理が
 つきませんでした。

 しかし、鮒谷さんがおっしゃっていた通り、
 今日一日過ごしてみて、明らかに

 「見える景色が変わって」

 いました。


 違うところに視点が行くようになったといいますか、
 そんな感じです。

 能力は何も変わっていないのに、今日会社でこなした仕事の量は、
 恐らく今までの一日分の1.5~2倍くらいはあったと思います。

 睡眠不足にも関わらずです。
 もしかしたら、少しだけすでにOSが切り換わりはじめている
 のかもしれません。不思議な感覚でした。


 そして、この三日間で手に入れた一番の財産は、鮒谷さん、
 セミナー同期生とのつながり、これから励まし合っていける仲間と、

 もう一つは、鮒谷さんが再三おっしゃっていた、自分の

 「没頭・没入できるもの」
 「ぶち抜けられる可能性のあるもの」

 が何かがはっきりわかったことです。


 私には、音楽しかないということが明確になりました。
 「しかない」、と言っても、決して消去法ではありません。
 ポジティブな意味での、「しかない」です。


 正直に申し上げて、今回のセミナーで、私はある種の「悔しさ」も
 感じました。

 それは、あれだけの強烈な同期生に囲まれた中で、
 私には今、何も提供できるものがない、という思いです。

 特別頭がいいわけでもない、しゃべりがうまいわけでもない、
 面白い話を提供できるわけでもない、何かの分野において
 専門的な深い知識を持っているわけでもない、

 輝かしいキャリアや肩書を持っているわけでもない、
 興味を引くような特別な経験がそれほどあるわけでもない。

 毒にも、薬にもならない。

 (ネガティブですね 笑 でもこっからポジティブです 笑)


 しかし、そんな気後れするような状況だからこそ、
 自分の唯一の武器に意識が行くことになったのですから、
 人生わからない、面白いものですね。

 自分の強みでないものや、何となく取り繕ってきたものが
 通用しない状況になり、削り取られていくと、自分のコア、
 本来持っているものが掘り出されてくるのですね。


 今まで、あまりにもハートが弱く失敗を恐れてきたせいで、
 自分が最も好きなこと、最も自分らしいこと、
 最も可能性を秘めているものが何かわかっていながら、
 行動に移せない自分がいました。

 でも、もう迷うのはやめました。

 勿論、小さなことで迷うことは多々あるでしょうが、
 音楽という大きなキーワードから外れることは、
 もう死ぬまでないと断言できます。

 その機会を与えていただいた鮒谷さんに、
 本当に感謝しています。


 具体的には、自分自身の音楽活動を、
 プロという形ではないにせよやはり本気でやりたいということ。

 (これは、自己表現の意味もありますが、
  自分と人とをつなぐ最も強力な媒体であることが
  経験上わかっているということもあります)

 そして、人の心に音楽がどのように影響を与えるのかを、
 行って、見て、会って感じ、勉強し、
 それを人・社会に還元していくことです。

 (やっていくうちに、いい意味での方向修正などは
  勿論あると思いますが...)


 今、久しぶりに心の底から燃えています。

 でも、強火、という感じではなく、静かに静かに、
 とろ火(弱すぎますか 笑?)のごとく燃えています。

 消さないように、飛ばし過ぎず、少しずつ少しずつ育てていきます。


 そしてまた、誰にも負けないくらい本当に「弱っちい」私だからこそ、
 一つ一つ壁を乗り越えてこれから変革していくことが何よりも
 そのまま「伝道」になるかもしれませんし、

 物語としてダイナミックで面白いものになるのではないか、
 と、勝手に都合良く解釈しております 笑

 もしかしたら、それが誰かに勇気を与えることに
 なるかもしれません。


 また、鮒谷さんとのご縁という意味で言いますと、

 鮒谷さんの中に、私の記憶がどのように、
 どのくらいの強さで残っているか、いささか不安ではありますが、、

 いつか、音楽で鮒谷さんのお役に立てる、鮒谷さんに
 プラスの痕跡を残すことができるように、
 日々コツコツと無形資産を増やしていきます。

 それが何よりも恩返しになるのではないかと思っています。


 想いが膨らみすぎて、際限なく言葉が出てきて収拾が
 つかなくなってきそうですので、この辺でやめておきます 笑

 本当に、語り尽くせないくらい、感謝しています。
 ありがとうございました。

  そしてこれからもよろしくお願いいたします。


                      (H.Hさま)


 --------------------------------------------------------
 (ここまで)


 (ここから)
 --------------------------------------------------------


 鮒谷さん、セカンドステージのスタッフのみなさん、

 3日間セミナー、本当にありがとうございました!
 じわじわと、自分に効いてきているのを噛みしめています。

 鮒谷さんがお話された内容については、
 メルマガで触れたことがあるものが多かったんですが、
 生で聞くのは、揺さぶられる感じが全然ちがいました。

 頭では理解しているつもりでしたが、

 次から次へと出てくる事例を聞くにつれ、
 全く自分の身についてないことを痛感し、
 定着するところまで至っていないことがよく分かりました。

 とくに、

 <する発想>と<なる発想>
 <モチベーション>と<システム>
 <他責>と<自責>

 の3つに関しては、自分ができていると思っていた
 レベルの低さに愕然としました。

 (これから成長する余地がたくさんあるということで、
  うれしいです。)


 しかし、なんといっても、私にとっての一番の収穫は、
 "変わる"ということがどういうことかを、体感できたことです。

 「日常の引力は、体に巻きつけられているゴムみたいなもの。
   引っ張られながらも、向こうの世界に杭を打ちに行く。」

 と表現されていましたが、この感覚がすごくしっくりきました。

 「"向こう側"に思考を飛ばしていると、
  だんだんそっちに臨場感が移ってくる」

 「体験試乗で、所有権は半分うつっている」

 など、表現を変えて何度もこの感覚を伝えていただきました。


 鮒谷さんも少し触れられていた『上達の法則』という本に、

 水泳選手の練習方法として、体にロープを結び付け、
 目標タイムのスピードで引っ張って、そのスピード感を
 体に覚えさせる、という例が紹介されていたのを、
 帰宅してから思い出したんですが、

 まさに、ロープで引っ張っていただいた3日間でした。


 他にも、刺さった言葉=考え方が、
 40ページにわたるノートに、たくさん散りばめられているので、
 一つ一つ身体化すべく、刷り込んでいこうと思います。

 非日常の3日間を終え、改めて毎日届く平成進化論を読むと、
 まるで、鮒谷さんが語りかけてくるようです(笑)

 ペースメーカーとして、また、この3日間のリマインダーとして、
 これからも読み続けます。

 鮒谷さんにも、ご一緒させていただいた皆様にも大感謝です。
 本当にありがとうございました!

                      (Y.Nさま)


 --------------------------------------------------------
 (ここまで)



■皆さま、大変嬉しいご感想をありがとうございました!

 皆さまのお役に立てるよう、
 これからも継続して(半永久的に!?)

 メルマガその他を通してのフォローアップを
 今後も頑張ります!



■なにより、たくさんのこのようなご感想を頂戴し、
 私が一番、元気を頂いております。

 相互にエネルギーをやりとりしながら、
 元気を増幅・増大させて頂いている感覚があります。

 これからもよろしくお願いいたします!


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事とは、顧客からの(有り難い)ご感想を頂くために    行なうものなのかもしれない。   ■有り難いご感想を頂くことによって、さらによりよい商品、    よりよいサービスを提供したい!と必ずなるはずだ。   ■仕事に携わる人はすべからく、    「顧客からのどこどこまでも高い評価」    を求めて取り組むべきだろう。それが自尊心や自己重要感を    高めてくれることにもつながっていくのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。