毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3339号 「10万人学びの場、構築プロジェクト(仮称)」を立ち上げます


■今日は昼から夕方まで、

 3日間セミナー参加者限定の
 フォローアップセミナーを開催しておりました。

 テーマは

 「情報発信」

 についてです。



■宮崎奈穂子さんの公演を聴いて、

 直前ではありましたが準備していた話を
 全とっかえし、

 宮崎さんの公演について感じ、思ったことを
 お伝えさせていただいのたですが、

 参加者の皆さまから、早速たくさんの嬉しいご感想を
 頂戴いたしました。



■そのうちの一つを以下にご紹介させていただきます。


 (ここから)
 -------------------------------------------------------------------


 今回のセミナーでは、三日間セミナーでお聞きできなかった
 有意義なお話をたくさん聞くことができました。

 しかし、この二つのセミナーの背後には

 「行動で磁場を生む」

 という文脈がはっきりと現れていて、
 その意味で今回のセミナーは

 「三日間セミナ─の四日目」

 という位置づけだったのかな、
 と感じています。


 今回のテーマであった情報発信の意義については、
 非常に参考になる考え方を三つ身に付けることができました。


 一つ目は、

 「プロジェクトあってこその情報発信」

 です。


 情報過多の現代において、プロジェクトに付随しない情報発信が
 人々の記憶に残ることはほとんどありません。

 しかし、プロジェクトという"動き"の中で情報発信がなされれば、
 そこにストーリーが生まれ、人々の記憶に残りやすくなります。

 その結果として、応援者が現れる、
 すなわち徐々に渦が巻かれていく、

 ということになるようなのです。


 二つ目は、

 「手数を増やすため、プロジェクトの目標は
  荒唐無稽なほど高く」

 です。


 高すぎるほどの目標が掲げられれば、
 必然的に打たなければならない手も増えます。

 言葉を換えれば、

 「目標が高いほど、毎日に小さな改善が多く生まれる」

 ということになります。

 それこそが、現実の変革に多大な影響を及ぼす要因で
 あるようなのです。


 そして三つ目は、これが最も肝要だと思うのですが、

 「情報発信はプラットフォームの形成を目的とする」

 です。


 仮に誰かがすべての有形資産(お金や家など)を
 失ったときに、その人の復活の早さは

 "持っている無形資産の多さ"

 で決まります。


 有形資産への信頼が持てなくなりつつある昨今、

 "知識"や"経験"、"人とのつながり"

 などの無形資産の構築にエネルギーを向けることができれば、

 数年後・数十年後のその人の豊かさは質的に
 まったく違ったものになってくるはずです。


 具体的な情報発信の方法については、「記憶の針」を
 磨いていくことを教えていただきました。

 記憶は、

 1、衝撃的なほど
 2、繰り返されるほど

 残りやすくなるため、針の刺さり方や刺す回数を考え、

 「細く・何度も・抜けにくく」

 を意識して情報発信をすることが必要なようです。


 これらを総合して、我々において何よりも大切なのは

 「コミットメントできる高い目標をなるべく早く
  掲げること(公言すること)」

 なのかもしれません。


 「動いているうちに腹はくくられてくる、
  腹をくくってから動くのでは遅い」

 という鮒谷さんのお言葉を、よく心に留め置きたいと思います。


 鮒谷さんもセミナーの中で、自らの「高い目標」を
 公言されていましたが、

 そのエネルギーには本当に圧倒されるばかりです。


 しかし、我々にそのような一歩を踏み出してもらうことこそ
 鮒谷さんがセミナーを開く最大の理由なのだと考えれば、

 何としても後に続いていかなければならない、
 という気持ちにさせられます。


 有意義な情報以上に、そのようなエネルギーをいただいたことに
 関して感謝の気持ちでいっぱいです。

 鮒谷さん、非常に貴重な時間を
 どうもありがとうございました。

 回り道の多い自分ではありますが、
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。


 ※それにしても、この内容で一万円は本当に安いです。

  実践さえできれば、リターンは何百倍、何千倍にも
  なってくるという確信があります。


 -------------------------------------------------------------------
 (ここまで)


 若柳さん、ご感想、どうもありがとうございました!


 会場でもお話しさせていただきましたが、

 持てるエネルギーを全開され、
 ますますご活躍なされることを心より楽しみにしております!



■それにしても、

 あのまとまりのない話=放談(汗)を
 ここまでよくぞまとめて下さった、

 と感謝しております。


 まさに私がお伝えしたかったことは


 「行動で磁場を生む」

 「プロジェクトあってこその情報発信」

 「手数を増やすため、プロジェクトの目標は
  荒唐無稽なほど高く」

 「目標が高いほど、毎日に小さな改善が多く生まれる」

 「コミットメントできる高い目標をなるべく早く
  掲げること(公言すること)」

 「動いているうちに腹はくくられてくる、
  腹をくくってから動くのでは遅い」


 ということです、頂いたご感想からの抜き書きですが(笑)



■ということで私も

 「10万人学びの場、構築プロジェクト(仮称)」

 を立ち上げ、

 本日よりゴールに向かって
 邁進することといたします。

 (メルマガで内容や進捗状況を
  随時、お伝えしていきます)



■たとえ今はイメージが全く沸かなくても、

 (正直、どういう形で構築するのか、
  今の段階でまったくイメージつきません)


 プロジェクト進捗を意識し、日々、発信し続けているうちに
 夢の方から近づいてくることは、起業当時

 「60日間メルマガ読者数1万人プロジェクト」

 を立ち上げた頃の経験から確信しています。


 <1950号 仮決めのプロジェクトを立ち上げる>



■これまでいろんなプロジェクトをメルマガ上で
 公言し、その多くを達成してきましたが、

 (大学院受験のような未達も
  ときにありましたが 汗)


 いずれにしても

 「冒険せず、代わり映えのしない日常の積み重ね」

 というような人生は送りたくないし、
 だからこそ、


 「斜に構えている人から馬鹿にされても笑われても
  チャレンジし続ける毎日」

 を過ごしたいと思っています。



■とはいえ、ここで大事なことは、

  思い切って大きな目標を公言しても、

  ほとんどの人は拍子抜けするほどあっさりとした
  反応しか返してくれないか、むしろ反応がない、

  という衝撃の事実(笑)。



■ならば

 「(恥ずかしがって)公言しないことは、
  途方もなく大きな機会損失」

 であり、だからこそ、

 「はっきりいって、言った者勝ち」

 なのだと思います。

 言いさえすれば、
 その時点から世界が変わり始めるから。



■ということで、もう一度いいます。


 本日ただ今、

 「10万人学びの場、構築プロジェクト(仮称)」

 を立ち上げました。

 これからの進捗をご期待ください。
 応援よろしくおねがいします。



■そして本日のセミナー参加者の皆さんも
 一人残らず(!?)近日中の

 「プロジェクト宣言」

 を、よろしくお願いいたします。

 一緒に頑張りましょう。

 みんなで渡れば怖くありませんよ(笑)



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■全ては荒唐無稽な(に見える)目標を掲げるところから    始まる。   ■大きな目標を掲げ、進捗を外部に発信し続けることによって    小さな渦は、やがて徐々に大きくなっていくのである。   ■渦が大きくなることでより腹をくくれるようになるし、    実現の確信が生まれてくることにもなる。   ■そして、この確信が新しい現実を本当にもたらしてくれる    こととなるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。