毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3337号 本やセミナーのモトを必ず取る方法


■本を読んだり、講演、セミナーに参加したときに、

 「必ずモトを取る方法」

 があります。


 そんな話をきくと、

 「それは一体、どんな方法なんですか?」

 と聞きたくなりますね(笑)



■答えは簡単なことで

 「本を読んだり、セミナーで聞いたりしたこと、
  あるいはその内容を触媒として思いついたこと」

 について、


 「即座に行動に移す」

 だけのこと。



■あまりに単純な答えに怒り!?を覚えられるかも
 しれませんね。でも実際にそうなのです。


 たとえばご自身のことを振り返ってみるとき、

 銀行に貯金をするように、
 頭の中にたくさんの知識を溜め込んで、

 「これでよし!」

 ということになってはいないでしょうか。

 (全然よくないんですけどね 笑)


 でも、案外、そういう人が多いのです。



■ですから、

 私は昔から何かを学んだときには必ず、

 「あれもこれも覚えよう」

 ではなく、

 「学んだことの、ただ一つ、あるいは、
  せいぜい二つくらいまでを確実に実行に移す」

 ことに意識を払ってきました。



■「あれもこれも」覚えても、
 行動しなければなんにも変わりません。


 そうではなく、

 「あれもこれもそれも、ほとんど全部忘れたけれど、
  ただ一つ、これだけは行いました」

 ということの積み重ねによって、
 人生は変わり始めてゆくのです。



■そしてもう一つ大切なことは、
 実行する内容は、

 「読んだり聞いたりしたこと」

 だけではなく、

 「その内容を触媒にして思いついたこと」

 であってもよい、といこと。



■だから(極論すると)、
 万一つまらない!セミナーに出てしまっても、

 その時間を

 「セミナーに出てくる言葉をBGMにしながら
  自分の思考を跳躍させ」

 ることに充て、

 「そこで閃いたことを帰宅後、
  すぐ実行する」

 ことにによって、

 どんなにダメダメなセミナーであったとしてさえ、
 簡単にセミナー代のモトを取ることができるように
 なるのです。



■私の開催するセミナーが高いよ!と思われる方が
 あるかもしれませんが、

 お話ししたことの中から、ただ一つでいいので、
 実践してもらえれば、

 以上のような理由から必ず元が取れると思っているし、


 万一、お伝えしたことすべてを既に知り、
 そして実践している内容であったとしてさえ、

 セミナーの時間、空間を

 「思考を飛ばすための場」

 として活用いただき、閃いたり、思いついたことを
 帰宅後、すぐに実行に移して頂ければ、


 以上のような観点から、

 「必ずモトを取って頂ける」

 どころか

 「はっきりいって安すぎる」

 ものとなると確信しているのです。

 (そんな確信が伝わるから、実際にお求めくださる方が
  たくさんいらっしゃるのだと思っています)


 ※まして、私が開催しているセミナーは
  衆人環視の力を用いながら、

  「半強制的に!?」

  行動していただく設計を行い、

  したがって、時間の経過とともに否応なく内的・外的な成果を
  もたらされることを狙って構築したものです。

  (かつて、私がセミナー行脚して一向に成果が出なかった
   理由を考え、

   その原因を、セミナー終了後に回している仕組みで
   一つ一つ、潰しているわけです)



■話が少し脇道にそれましたが、
 以上のような習慣のある人は、

 どんなものも貪欲に吸収し、継続した成長や変化を
 遂げていかれることであろうし、


 そういう習慣を身につけていなければ、

 何をどのように学んでも、目に見える成果となって
 現れることはありません。



■学びを投資とするのか、
 浪費(趣味)に変えるのか、

 の分岐点、分水嶺は、実にこの一点にあると
 思われます。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■本やセミナーのモトを必ず取るためには、    行動を伴わせる必要がある。    どれだけいい話でも、頭の中に銀行預金のように溜め込んで    おくだけでは何の成果も現れない。   ■反対に、たった一つか二つ、学び、あるいは思いつき、    それだけを確実に実行していける人は、時間の経過とともに    どんどん実績や結果を積み上げていくことになるだろう。   ■つまるところ、学びを投資とするのか、浪費(趣味)と変える    のかの分岐点、分水嶺は、実にこの一点にある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。