毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3330号 すべては準備で決まる


■上に記しましたように、昨日は

 「サハラ砂漠マラソン報告会」

 に参加しておりました。


 過去、何人かの友人がこの狂った行に挑戦し、
 成功しているわけですが、

 みな、口を揃えて言うのが

 「すべては準備で決まる」

 ということ。



■これはなにもマラソンのことにとどまらず、

 人生に関わること全てにおいて当てはまる
 真実でありましょう。


  (だからサハラマラソン完走者は皆、
  事業でも大きな成功を収めています。

  そもそも一定の成功を収めていないと、こんなことに
  チャレンジするためのカネも時間も捻出できません)



■これまで何度もメルマガで書いてきましたが、
 私の信条の一つに

 「勝つべくして勝つ」

 「戦わずして勝つ」

 というものがあります。


 「すべては準備で決まる」

 という言葉の別表現と思っていただいても
 いいでしょう。



■戦いを開始するにあたって

 「勝てるかどうか、
  分からないけれども戦う」

 とか

 「乾坤一擲」

 とか

 「伸るか反るか」

 とか

 「生きるか死ぬか」

 とか

 「一か八か」

 とか

 「大博打を打つ」

 とか、

 きっと、そんな眠たいこと(汗)を言ってる時点で
 すでにそこには

 「敗戦が内在、内包されている」

 と思われるのです。


 ※ときには敗れることが予見されても、博打を
  打たなければならない状況もあるとは思いますが。



■ちなみに私が、

 なぜ来る日も来る日もひたすら
 このようにしてメルマガ配信しているかというと、


 「戦わずして勝つ」

 「勝つべくして勝つ」

 (=不必要な摩擦や負荷を避けながら
   得たいもの、得たい環境を手に入れる)


 という明確な目的があるからです。



■そのために心がけていることの一つとして、

 「情報発信している」

 わけですが、ここでは

 「押し付ける情報ではなく、
  惹き付ける情報をお届けし続ける」

 ことを意識しています。



■なぜなら、もうみんな


 「ゴリ押しの情報伝達」

 「ひたすら売りに走る情報発信」

 「定型化されたセールスレター」


 といった営業やコミュニケーションスタイルに
 いい加減、うんざりしているからです。



■そのようなスタイルに
 まだ効果があったとしても、

 いずれ、時間の経過とともに
 どんどん苦しくなっていくはずです。


 従って届けるメッセージが

 「信念・信条の発露」

 でなければ、先方にどんどんブロックされていく。


 そんな傾向がますます強くなっていく、というのが
 これからの時代についての私の見立てです。

 (大きく外しはしないでしょう)



■だからこそ中小企業の社長や個人商店の経営者は
 いうまでもなく、

 会社に勤めているビジネスパーソンも、

 ヒト・モノ・カネを引き寄せるネットワーク構築、
 あるいはプラットフォーム構築のために、

 「正しい情報発信の方法」

 を身につけることは必須となってくる
 はずです。



■であれば、

 少し大変であっても今からその準備を
 しておくことが必要になるのです。

 「すべては準備で決まる」

 わけですから。


 ここで準備をしておく、というのは

 「形式的な発信」

 ではない、

 「無理なく伝わる情報発信」

 ができるように今から自らを鍛えておく、
 ということ。



■慣れるまでが大変ですが、慣れてしまえば
 圧倒的な参入障壁を築くことができます。


 たとえばこれが、

 「勝つべくして勝つ」

 ということ。

 「戦わずして勝つ」

 ということ。



■(正直に告白すると)かくいう私も
 自分が商いをしている中で、

 「勝つべくして勝っている」

 と思っているし、

 「戦わずして勝っている」

 という自覚と自信を持ってやっています。

 そうでなければ、とてもこんなメルマガなんか
 書いていられません。


 (なんて、偉そうでゴメンナサイ。

  本当はちょっと格好をつけて、
  こんなことを言ってみたかっただけなのです)



■以上のような背景、理由から、
 これまでさんざん、

 「情報発信しましょう」

 といってまいりました。


 (調べてみると少なくともメルマガ発行63日目、

  【 平成15年11月15日 = ちょうど9年前 】

  から情報を外部に発信することを
  お勧めしておりました。


  今読み返すと、かなり寒い文章ですね、、
  なのであんまり公開したくない文章なんですが。

  証拠はこちら↓)


 <0063号 ベンチマークされる対象となることを目指せ>


 ※ちなみに文章力についてはともかくとして、

  内容については、9年経った今でも考えは
  全く変わっておりません。



■いずれにしても、

 「押し付けから、惹き付け」

 の時代に入ってくるのは、
 もう何年も前から予見できていたことだから、

 遠回り(面倒)に見えて、もっとも近道であると
 考えた道を歩んできたつもり。


 その過程で得た学び(奥義、秘奥義、秘中の秘)を
 これからは順番に開放していこうかなと思ってます。



■まずは昨日、

 過去の3日間セミナー参加者限定で
 案内を流したのですが、来月開催する

 「情報発信セミナー(ダイジェスト版)」

 でお披露目しようと思います。


 (参加下さる皆さま)どうぞご期待ください!



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■あるべき戦い方は「乾坤一擲」「一か八か」「大博打を打つ」    といった性質のものではなく、    「勝つことが自明」    の状態を作ってから、その実現のために描かれた設計図を    粛々と実行していくことではないか。   ■「躁」の状態ではなく、むしろ「淡々」「粛々」の状態が    セットされることによって、「勝つべくして勝つ」環境が    整えられていくこととなるのである。   ■これからの時代にあっては企業も個人も    「情報発信技術の巧拙」によって将来の命運が決定される。   ■ならば、今から「情報発信技術」を高め、鍛えておくことが    「勝つべくして勝つ」「戦わずして勝つ」ための何よりの    準備となるだろう。   ■何事も「準備の段階で全ては決定されている」のである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。