毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3324号 「術→説→論→学→道」のキャリア形成


■ここしばらく、


 出会いや、営業、マーケティングにおいては、

 「『釣り針のかえし』のように先様の脳に刺さる
  のみならず、抜かれず、残り続ける」

 ための、さまざまな戦略や工夫が必要、
 というお話をしてきました。

 今日も続けます。



■昨日は、

 「自分を記憶してもらうためには
  全力投球(滅私の精神で)の回数を重ねることが大切」

 という話をしました。


 これは自分の存在をを認知してもらい、さらに、
 より相手にとっての重要度を高めてもらうための、

 一つの方策となりましょう。

 今日はもう一つ、別の「かえし」について
 語りたいとおもいます。



■話は大きく変わるのですが、
 最近、「さかなクン」に注目しています。


 数年くらい前?から、さかなクンの存在を
 ちょくちょくメディアで見かけるようになりましたが、

 テレビ見ないし(そもそも家にないし)、
 芸能界にも疎い私は、

 なんだかまた色物キャラが出てきたな、
 くらいに思っていたわけです。

 (さかなクン、ゴメンナサイ!!!)



■けれども、

 先日、新聞か雑誌かのコラムを見たときに

 「あ、この人は本気だ、本物だ」

 と感じました。


 なんと、

 魚が好きで好きでたまらない、
 その方向に従って前に進んで行ったら、

 結果として、今のような仕事に至り、
 大学でも教えるようになった、

 という人だったのです。


 (メルマガをお読みの皆さんにとっては
  先刻ご承知の話なのかもしれませんが、

  私はある側面においては社会(情報)から
  隔絶されたところで生きているので、

  本当につい最近、この方の履歴を知り、
  そのキャリアの重ね方に感銘を受けたのです)



■気になってウィキペディアで調べてみたのですが、


 <さかなクン>


 まさに好きを極めたら、仕事になっていた、
 (きっと)毎日、楽しくして仕方ない人生、

 という好例ではないでしょうか。



■最近、私は


 【 「術 → 説 → 論 → 学 → 道」のキャリア形成】


 という説を唱え、論を主張しているのですが、

 (機会があれば、また詳しく書きたいとおもいます)


 小さな興味の固まりが発展し、
 やがて人生そのものになってくる、

 という例は往々にして見受けられます。


 こんなふうなイメージ↓↓


 <みんな大好き塊魂>

 <塊魂TRIBUTE 塊ドライブで出来るだけ早く王様を起こしてみた>



■私の古くからの友人に、いわゆる

 「鉄道オタク」

 がいるのですが、初期の頃は、


 【 東海道線の「東京~神戸」間の全駅が言えますよ、
  という「術」レベルだったのが 】

 やがて、

 【 鉄道についての「説(仮説)」を唱え始め、
   自分なりの「論(主張)」を持つようになり 】

 さらに、

 【 自分なりの鉄道「学」的なものを打ち樹て 】

 ついには

 【 鉄道関連会社に就職し、
   それが人生そのもの(=「道」)となる 】


 というキャリアの展開を見せてくれています。



■こういうのはとても幸せな人生履歴ですね。

 冒頭でご紹介させていただいた絵音さんの人生も
 まさに

 「合コンを極めるところから、世界進出へ」

 ということですから、こちらも大いに参考と
 させて頂きたいところです。



■私(鮒谷)もまた、


 「たまたまこのような人生を歩みました」

 というのではなく、


 「意図的、戦略的、長期的視点をもって、こんな人生
  (=「術→説→論→学→道」のキャリア形成)

  を歩めるようになりました」

 という履歴を重ねていきたいし、

 さらには他の人にも適用できるよう、
 その方程式に再現性を持たせたい

 (そしてその方程式をお伝えしていきたい)

 と思っているのです。



■少し脱線しましたが、

 「一つのことを好きになり、それを徹し、貫き、
  さらに「道」のレベルに至った存在」

 に至れば、

 この「コミュニケーションの『かえし』」は強烈で、
 一目見て、忘れられるものではありませんから、

 先様の記憶から消え去ることは永遠になくなるに
 違いありません。



■言葉を換えれば、

 「好きを『狂う』のレベルで極めた世界に出られたなら、
  存在そのものが「巨大なかえし」になる」

 ということではないでしょうか。


 横着して、小手先のテクニックやノウハウに
 走るのではなく、

 自分の存在そのものをかけて、
 興味を持った目の前のことに取り組む、

 その集積が理想のキャリアを切り開いてくれるし、
 周りの人も放っておけなくなる

 (=釣り針がぐさりと刺さって抜けない状態)

 になるのだと考えています。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■興味を持ったことを「狂う」レベルで極めていくと    「『術→説→論→学→道』の流れでキャリア形成」    されてくるのではないだろうか。   ■そして「道」の世界に出ると、生き様そのものが    「釣り針の『かえし』」のようなものとなり、    やがては存在そのものが、周囲の人を惹きつけるように    なるのではないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。