毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3159号 人生にウルトラCを求めない


■今日は

 「人生にウルトラCは求めない」

 というお話をいたします。


 以前にも書いたことですが、

 <人生にウルトラCはない>


 我々(というか、私だけ?)は、
 ついつい人生に

 「一発逆転のウルトラC」

 を求めてしまいがち。



■けれども、そのような都合のよいことが
 上手く起こってくれることはめったにありません。


 ドカンと一発、ではなく、

 「1.001×1.001×1.001×1.001×1.001×1.001...」

 という風に愚直に積んでいくのが
 遠回りに見えて、最も近道です。


 ※そしてありがたいことに、この式は

 「足し算」ではなく「かけ算」

 であることがポイントです。


 【今日のお薦め本 仕事は、かけ算。】



■それを横着して、

 「1×100」「1×1000」「1×10000」

 といった起死回生の一打を放ちたいと
 希望的観測(「悪しき」妄想)を抱くことによって、

 眼の前の小さな一歩を歩き始めることを
 放棄してしまうことになるでしょう。



■実は私がウルトラCを求めることを止めた
 ほうがいいと考える本当の理由は

 ▼ウルトラCはめったに起こらない

 のと同時に、

 ▼それを熱望する余り、目の前の小さなことの
  積み重ねを怠る心性が生まれる

 ことが最も恐ろしいことであるからです。



■これらの理由から、

 たとえウルトラCが起きる可能性が
 ゼロではなかったとしても、

 そのような不確実なものに
 期待をかけず、

 そんなことは起こらないと思い、
 毎日、地道な一手を打ち続けるほうがいいと
 考えているのです。



■賭け事をさんざんやってきて、
 重篤なギャンブル中毒に陥った人は

 「必ずウルトラCを願うようになる」

 ものです。

 「過去のツケを一発で返済しようとする」

 ようになるのです。


 さんざん、その道を通ってきた私がいっている
 のですから間違いありません。(汗)



■もし奇跡も大逆転も起きなければ、
 投下資本の「ケタを上げ」、さらなる

 「ウルトラCを狙う」

 「過去のツケの一発返済を目指す」

 ようになるのです。


 この負のサイクルはギャンブラーが
 地獄の底に落ちきるところまで回り続けます。

 (私も一度、釜底を「視察」してまいりました)



■人生においても同じで、

 足元を踏み固めずに
 起死回生の一発を願っているだけだと、

 人生のあらゆる面でジリ貧に陥りはじめ、
 最後は自暴自棄に陥り、

 挙句の果てに、人生が台無しになってしまいます。


 ギャンブルで起こりがちな心理(真理)は
 人生における心理(真理)でもあるともいえましょう。



■ちなみに幸か不幸か、私はとうの昔に、

 「(ギャンブルという)予行演習」

 を通して、この心理を知悉し、
 真理を十二分に体得いたしました。


 以来、けっして人生において

 「ウルトラC」
 「一発逆転」

 を目指すことは止めようと固く心に誓ったので
 あります。



■実のところ、ここだけの話、
 本当のことをいうと、

 「1.001×1.001×1.001×1.001×1.001×1.001...」

 という

 「複利のマジック」

 を転がしていくほどラクで簡単な

 「ウルトラC」

 はどこにもありません。


 ※複利の転がしが、一定回数を超えてくると

  「大変なこと」

  が起こり始めます。



■よく、

 「ギャンブルの必勝法はやらないこと」

 といわれますが、

 「人生の必勝法は複利を回すこと」

 に尽きるのです。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生にウルトラCは期待しないほうがいい。   ■なぜなら、それはめったに起こらないから。さらにそれを    期待する気持ちは地道な一歩を遠ざけてしまうから。   ■最初は小さな逆転を期待する、それがだんだん大きくなり、    ケタも増えていき、最後は、起死回生の一発を求めるように    なる。   ■そして「これがうまくいかなければ全て終わり」という    土壇場まで追い込まれてしまう。   ■ギャンブルで起こりがちな真理(心理)は、    人生における真理(心理)でもあるのである。   ■ギャンブルの必勝法はやらないこと。    人生の必勝法は複利を回すこと。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。