毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3143号 「10倍速」で成長する方法


■今日は

 「『10倍速』で成長する方法」

 という内容でお届けします。



■このメルマガではいつも、

 「様々なことに関心を持ち、
  分野の異なる人と交わりましょう」

 そんなお話をしています。

 と同時に、

 「選択と集中が大切ですよ
  (資源を拡散させず、一点突破で)」

 ということを書くこともあります。



■たまに、この点について問われることが
 あります。(矛盾してないか、と)

 実は私の中では一切、矛盾していません。


 ただ、限られた誌面の中で両者の関連性に
 ついて、お伝えしてきたことがなかったなあ、

 と気づいたので、今日から、
 私の考える二つの関係について記します。



■まず、このメルマガでは

 「可能な限り、没頭、没入、没我の境地で
  取り組めることに集中したほうがいいですよ」

 と書いてきました。

 そのくらいの集中力で物事に取り組めば、

 「10倍速」

 で、成長していくものだと信じている
 からです。



■10倍速というのは、
 あくまで感覚的なものですが、

 たとえば、

 「そんなに思い入れもなく、仕事として」

 平日9時~18時まで働く人は
 実質の労働時間は8時間となります。

 (1時間の休憩を入れて)



■けれどもその仕事が本当に好きで、

 体力その他の事情が許すところまで、
 限界までやり続けたい!

 と思えるものに対しては、

 寝ている時間以外はすべての時間を
 叩き込みたい、と思うはずです。

 (昼ごはんを食べているときでも、
  関連する本を読んだりするでしょう)



■すると、おそらく睡眠時間などを除いて
 16時間くらいは取り組めるのではないでしょうか。

 もしそれを実践したら、それだけで単純に
 平均的な人の2倍の時間を投下できます。

 それに加えて、平時の5倍くらいの「集中力」が
 発揮されるのと思うのです。



■たとえばあなたが中学生くらいのとき、

 ゲームに夢中になったことがある人なら、
 あの没頭ぶりを思い出してください。

 何度、親にご飯だよと呼ばれても、
 返事はすれど、激怒されるまで部屋から出ず、

 食卓についても大急ぎでご飯をかきこんで、
 すぐに部屋に戻った、あの当時のことを(笑)



■あのとき、ゲームするのに発揮していた
 集中力は、

 おそらく今、仕事をしているときに出している
 集中度合いの、ゆうに5倍くらいはあっただろう、

 と思いませんか?(笑)

 (勿論、そんなことないよ、と言われる方が
  圧倒的大多数であることを固く信じていますが)



■ただ、もしそういう人があったと仮定して、

 その集中力をある分野に叩き込んだとすれば、
 単なる義務感で取り組んでいる人と比して、

 「2倍×5倍」

 すなわち

 「10倍」

 の速度で成長するのではないでしょうか。

 まずはそんな問題提起から始めてみたいと
 思います。


 なんだか長くなりそうなので、
 明日に続けますね。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「拡散か、集中か」それが問題だ。   ■集中、没頭、没入、没我の境地に至ると10倍速で成長は    加速する。   ■単純に考えて、取り組む時間が2倍までは増やせ、    さらに(平時に比べ、推定)5倍の集中力が発揮されるから。   ■両者の積である「10倍速」くらいまではスイッチが入れば    出せるはず、そう思わないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。