毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3119号 欲望に負け続ける中毒患者に効く、たったひとつの特効薬


■先日、読者さんから


 <オンラインゲームMMORPG中毒者を救ったのは
  カイジにでてくる下衆野郎の一言だった>


 このサイトを教えて頂いたのですが、
 思わず熟読してしまいました。


 ついでにここで紹介されていた動画も
 見ちゃいました。

 <逆境無頼カイジ 破戒録篇 Bet.1「地の獄」>


 (分かっていても止められない、
  昔の自分を見ているようでなんとも。

  自暴自棄になっちゃうところとか)



■この記事は、オンラインゲーム中毒だった人が
 どうしてそこから脱出することができたのか、

 について記されたものですが、


 目先の欲望に負け、廃人になりかけた
 (というか、一時的に廃人になった)

 幾度かの実体験(主にギャンブルとかゲームですが)
 のある私としては

 「まさにそのとおり!!!」

 と、びっくりマークをいくつも付けて、
 首肯せずにはおれない

 「中毒・廃人への道からの脱出法」

 が書かれてありました。



■詳しくは記事をお読みいただくとして、

 「欲望に流されることを肯定するための
  無数に出てくる言い訳」

 からどうやって自分の身を守るか、

 が中毒から抜け出すキモとなるのでしょう。



■上記の例でいえば、この言い訳とは


 「無理はいけねぇ、無理は続かない、
  自分を適度に許すことが長続きのコツさ」


 「下手だなカイジ君、欲望の開放のさせ方が・・・へた。
  カイジ君が本当に欲しいのは・・・これ(焼き鳥)。

  だけどそれはあまりに値がはるから、
  こっちのしょぼいカキピーでごまかそうというんだ」


 「ダメなんだよそれじゃぁ。

  せっかくビールでスカッとしようとしている時に、
  そんなんじゃかえってストレスがたまる。

  贅沢ってやつは、小出しじゃダメなんだ。
  やるときゃきっちりやったほうが良い。

  それでこそ、次の節制の励みになるってもんさ」


 といった、次々と湧き出てくる
 己の欲望を肯定する言葉。


 (上の話では、「班長」が語りかけてきますが、

  「中毒患者」は誘惑に屈するまで
  自分の頭の中で、このような文句を再生し続けます)



■この逃れようと思っても逃れられない

 「蟻地獄」

 から逃れようとおもったならば、
 道は一つしかありません。


 つまり、


 「明日から頑張るんじゃない。
  今日。今日だけ頑張る。

  今日頑張った者。
  今日頑張り始めたものにのみ、明日がくる」


 これ以外のことを考えず、
 誘惑をじっとやり過ごすしかないのです。

 (私も同じ方法を用いました)



■そしてこの

 「今日一日だけ頑張る」

 ことを強烈な誘惑の引力から離脱できた、

 と確信が持てるところまで
 続けて行うことが大切です。



■最初は猛烈に引力が働きます。

 寝ても覚めても、「そのこと」が頭の中を
 駆け巡ります。(中毒症状)

 赤ウーピンがぐるぐる脳内を駆け巡るとか、
 スリーセブンの赤い文字がまぶたの裏に浮かぶとか。

 言い訳も次々、出てきます。
 (まさに「班長の言葉」のような)



■しかし、それに負ければ元の木阿弥。

 情けない自分に嫌気が差して、
 ますます自暴自棄に陥ります。


 だから

 「◯◯をやらない」

 と決めたら、何が何でも、

 「今日一日だけ頑張る」

 これを呪文のように唱えながら
 ぐっとこらえて、しのぐのです。



■その際、

 頭の中で余計な言葉を回しはじめると、
 また言い訳を考えてしまうので、


 「今日一日だけ頑張る」

 「今日一日だけ頑張る」

 「今日一日だけ頑張る」

 「今日一日だけ頑張る」

  、、、、、、、、、


 この言葉だけを考えながら、耐えるのです。



■そうしてとにかく、その言葉以外に
 ついては何も考えないようにする。

 すると、一瞬、すっと楽になる時がきます。

 しかし、しばらくすると再び、
 強烈な衝動(禁断症状)が内から突き上げてくる。



■そうしたらまた、


 「今日一日だけ頑張る」

 「今日一日だけ頑張る」

 「今日一日だけ頑張る」

 「今日一日だけ頑張る」

  、、、、、、、、、


 これを繰り返すと、再び、楽になる。
 そしてまた禁断症状。

 再び、

 「今日一日だけ頑張る」

 、、、、、、、、、、



■どのくらい深くハマり込んでいたか、
 にもよりますが、

 これをおよそ数日から1週間も繰り返せば、

 中毒症状が相当、弱まってきていることに
 気づくでしょう。



■私も何度か廃人になりかけましたが、
 すんでのところ助かりました。

 それは綱渡りを何度か繰り返すうちに、
 上のような離脱法をマスターした?からです。



■その離脱法がご紹介したサイトでは
 流麗な文章とともに、

 明確に言語化されていたので驚き、
 ここにご紹介させていただいた次第です。

 サイトの文章を執筆されている方、
 そしてこのサイトを教えて下さった「は」さん、

 どうもありがとうございました!



■世の中には様々な中毒に冒される
 危険がありますが、

 (それはあるとき突然、やってくるものです)

 もし今、何かにハマって「廃人寸前」になられて
 いる方があったならば、

 ぜひ、参考にしていただければと思います。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■欲望に負け続ける中毒患者に効く、たったひとつの特効薬、    それは「今日一日だけ頑張る」という魔法の言葉。   ■何かにハマってしまい、中毒症状が出てしまった後は、    頭の中で何を考えても、その行為を肯定する「言い訳」と    なってしまう。   ■その際の「言い訳 量産能力」は、平時に発揮してくれよ!!    といいたくなるほどの、大いなる創造性を伴う。   ■余計な想像力ならびに創造力を抑えるためには、何も考えず、    呪文のように「今日一日だけ頑張る」と唱え続けること。   ■そうすることによって、徐々に中毒症状が和らいでいるのに    気づくはず。「引力」が完全になくなるところまで、    あとしばらくの辛抱。「ちょっとだけ」の気持ちが元の世界に    引きずり戻す。最後まで気を抜かない。くれぐれも要注意。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。