毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3107号 共感から生まれる加速度


■昨日は、

 【 「この指とまれ!」で渦を巻く 】

 と題し、勇気を出して

 「この指とまれ!」

 と周囲に宣言するところから
 何かが動き始める、

 というお話をいたしました。

 今日も続けます。



■「この指とまれ!」というからには、
 掲げる目的がなければなりません。

 なんとなく、みんな集まろうよ、
 では求心力が生まれてこないでしょう。

 そして求心力は信念、信条、価値観から
 生まれてくるものです。



■ある信念、信条を外に向かって
 投げかけることによって、

 そこに共感を覚える人たちが
 集い始めるのです。


 いつも私はメルマガで


 <「する発想」と「なる発想」(システム貧乏とシステム長者)>


 とお伝えしてきましたが、

 コミュニティ形成についても同じで、

 「人を集める」

 のではなく、

 「人が集まる」

 ようなメッセージを投げかけるべきです。



■また、

 「集めた人は簡単に離れていきます」

 が

 「集まった人は容易に離れない」

 どころか、

 「その場に相乗効果が生まれ、
  大きなエネルギーが発生する」

 ということもあります。



■同じ方向を目指すメンバーを「集める」のでなく、
 「集まる」ようなメッセージを投げかけることで、

 シナジーが誘発されるコミュニティが
 立ち上がってくるのです。



■この姿勢は自分を幸福にし、他人を幸福にします。

 自分ひとりでは動けなかったことが、
 人が集まることに可能になってくる。


 その渦に加速度がついて、
 自分も含め、みんな一緒に巻き込まれていく。

 その結果、一人では為せなかったことが、
 衆力によって、為せるようになるからです。



■そうして、かかわる人たちが、
 みんなハッピーとなるのです。

 そんなメッセージをこのメルマガでは
 配信していければいいな、と思っています。


 そのためにメルマガの冒頭に、

 ------------------------------------------------
  骨太かつ卓越した<本物の教育サービス>を通して
 「変容の喜び」を提供し続ける
 ------------------------------------------------

 という当社の理念を掲げるようにいたしました。



■この理念に共感できる方

 (変容の喜び=自分自身が作り変わる快感、
  といってもよいでしょう、

  と聞いて、それこそ求めていたものだ、という方)

 だけにお集まり頂きたい、
 と考えているのです。

 そういう方々と、
 いずれ一緒に何かを創造していきたい、

 そんな風に思っています。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「この指とまれ!」と周囲に投げかけるのは、信念、信条の    レベルから生まれるメッセージであるべきだ。   ■そこから共感によって結ばれたコミュニティが生まれれば、    相乗効果が立ち現れてくるだろう。   ■そうして最初に勇気を出して「この指とまれ!」と言った人、    そして、それに乗った人、いずれもが一人で行動していたとき    からは想像すらできなかったような世界に導かれる、という    ことがあるのである。   ■自ら渦を巻き、それに巻き込まれる人が現れ、加速度がつき、    一人で為せなかったことが為せるようになる。    一人の「渦を巻く人」の出現によって、関わるみんなが    ハッピーになれるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。