毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3097号 みんな悩んで大きくなった


■短い人生においては、

 「やらないことを決める」

 ことが大切だと考えています。



■時間は有限なのに、

 「やったほうがいい」

 ことは無限にある。


 ならば、

 「やったほうがいい」

 ことの中でも、
 泣く泣く序列をつけて、


 「やったほうがいい、やりたい。
  でもやらない」

 と決める態度を取る必要があるのでは
 ないかと思われるのです。



■よく聞く話でいえば、たとえば

 「私は○○(な存在)になりたい」

 と思いつつ、


 同時に、

 「周囲の人からいい人と思われたい」

 と八方美人になり、

 あらゆる期待や依頼に応えようと
 する人があります。



■そうすると、本当は

 「○○になる」

 ための準備をするのが当人にとっての
 最優先事項であるにもかかわらず、

 周りの人の期待に応えようとして
 そちらに時間や精神力を取られて、


 結局、

 「○○になる」

 ための行動を何もできなかったと
 後悔するならば、まさに本末転倒です。



■だからこそ、
 ときに心を鬼にする必要があるのです。

 そうしなければ、
 たとえば上の例で言うと、

 八方美人であろうとするあまり、
 滅茶苦茶な忙しさに巻き込まれ、


 ついには、

 「美人」に見せようとしていた
 当の相手に対して、

 「怒り」「憤り」

 の感情を露(あら)わにしてしまうこと
 だってあるかもしれません。



■周りからの期待や依頼と、
 自分が本当に取り組みたいこと、

 この両者の最適なバランスを保つのは
 永遠に不可能なことかもしれません。


 しかし、ここぞというときには、

 「自分の欲求を大切にする」

 ことを意識しなければ、

 真に自分の人生を生き抜くことは
 できないのかもしれません。



■今日、取り上げた例以外にも
 たくさんの

 「やったほうがいい、やりたい。
  でもやらない」

 と決めなければならないことが
 あるかもしれません。



■この過程における苦悩、懊悩、煩悶は、

 大切にしたいと思うものに
 対しての

 「覚悟」

 を自らに問い直す機会とも
 なるはずです。



■野坂昭如さんではありませんが、

 「みんな悩んで大きくなる」

 のです。

 何事かをなそうとおもえば、
 必ず通らねばならぬ道なのでしょう。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生においては「やったほうがいいこと」がたくさんある。    しかし人生は有限だ。   ■この矛盾の中、序列をつけて「やったほうがいい、やりたい、    でもやらない」と決断するのは至難である。   ■しかし、そこを通らなければ大人にはなれない。    過去に偉業を成した人も「みんな悩んで大きくなった」ので    ある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。