毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3079号 人生は手抜き時間の極小化ゲーム


■人生において、大切な事は


 「どれだけ手抜きしている時間を
  少なくできるか」


 だと思っています。


 残念ながら、

 「どれだけ頑張っている時間を増やせるか」

 ではありません。



■なぜなら、

 放っておいたら、
 すぐに手を抜いてしまうのが人間だから、

 「頑張ること」

 にフォーカスするのではなく


 「手を抜かないこと」

 に焦点を当てて対策を練ったほうが
 いいのではないか、

 そんな風に考えてきたのです。



■この場面において、

 「否定形は使うべきではない」

 という

 (特に自己啓発系の方々からの)

 ご意見があるかもしれないことは
 重々承知の上で書いています。

 これは人間観の問題です。



■その上で私は、

 「手抜きしてしまうことを前提」

 として、

 「どうしたら手抜きしてしまう時間を
  最小化することができるか」

 を日夜、考えているのです。



■この一見、後ろ向きな仕事(笑)が、

 一番成果をもたらしてくれるの
 ですから、侮れません。


 逆に、

 「こうやって、がんばるぞ!」

 「このように、気合を入れるぞ!」

 と自分に対して、激を飛ばしたりしていると
 前向きに見られがちですが、

 そう言っているそばから、
 固めたはずの決意がどんどん萎えたり、
 崩れたりしていくのです。


 まるでマンガです。



■そんな姿をありのままに見てみると、

 「人生は手抜き時間の極小化ゲーム」

 と呼ぶのが適当なのかもな、

 と思われるのです。



■このゲームに勝ち抜こうと
 思ったなら、

 「気合、根性、努力」

 が必要なのではなく、


 「気がついたら、

  (大好きな 汗)手抜きをすることも
  忘れるほど没頭してしまっていた」


 という行動が誘発なされるように

 「設計し、システム構築しておく」

 ことが、日常のあらゆる場面において
 大切なこととなってくるでしょう。


 ※設計思想が一番大切なのです。

  セミナーでも、よく話をしている内容です。


 今日は短めですが。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「人生は手抜き時間の極小化ゲーム」と呼んでもいいのでは    ないだろうか。   ■なぜなら、放っておくと、どうしたら手を抜けるか、を    考えてしまうのが人間だから。(それが本性)   ■とするならば、その本性が現れないように、日常のあらゆる    場面において、    「気がついたら、(大好きな 汗)手抜きをすることも     忘れて没頭してしまっていた」    という行動が誘発されるように設計しシステムを埋め込んで    おくことが「手抜き時間の極小化ゲーム」」に勝つためには    必要なこととなるだろう。   ■これは設計思想とシステムの話。    意思の力を過信しない、ということである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。