毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3068号 愚痴を言う人生と愚痴を言わない人生と


■昨日のメルマガでは

 「ついていい嘘」

 というタイトルで、


 「自分の内にある苦悩については、

  (嘘をついてでも)

  外に出す、愚痴を言うことは
  抑えたほうがいいのではないか」


 というお話をいたしました。



■その理由は、


 他者に対する配慮であると
 同時に、

 自分に対して

 「覚悟」

 を促すことにもなるから。



■だから、

 どれだけ大変な状況にあってでも
 苦しみとは無縁のフリをして、

 明るく元気に振舞っている、
 と見せかける、


 そんな「嘘」は積極的についても
 許されるのでは、

 ということを記しました。


 今日も続けます。



■個人的な話で恐縮ですが、

 私はこのメルマガを
 今日の時点で

 「3068日」

 書き続けてきました。



■つまり、およそ8年半の間、
 一日も休まず、配信してきましたが、


 「いま、自分はこんな状況にあって、
  辛いんだ、苦しいんだ、悲しいんだ」

 と書いたことは一度もありません。


 ※「自分に対する誓い」として
  かたくなに守ってきました。



■バックナンバーはすべて、
 Web上にアップしていますので、

 もしそのような、へたれたことを
 書いているバックナンバーを見つけた方が
 いらしたら教えてください。

 お礼に100万円差し上げます。(笑)



■では、本当にそういう状態に
 陥ったことがなかったかというと、

 もちろんそんなことはない訳で、
 夜、眠れない日が続いたこともありました。


 しかし、どんな状況に陥っても、

 「愚痴につながるようなことは
  絶対に書かない」

 と決めていたのです。



■むしろ、

 大変な状況にあるときにこそ、
 あえて、


 「元気です!」

 「絶好調です!!」

 「最高です!!!」

 「楽しいです!!!!」

 「盛り上がってます!!!!!」


 と書いてきました。



■ということで、

 私がメルマガ上で必要以上に
 盛り上がっているときには、

 かえってそんな状況に陥っている
 可能性が高いです。

 労わってやってください(笑)



■それはともかく、

 なぜそんなことをルールとして
 決めていたかというと、

 それまでの人生経験
 (といっても大したものではないですが)

 から、


 「人は悲しいから泣くんじゃない、
  泣くから悲しくなるのだ」


 という法則が体を通して
 理解されていたから。



■そうなのです。

 「言葉や態度が心を導く」

 力は想像している以上に強いのです。

 (皆さんもご経験がおありかと
  おもいます)


 このことから考えても、

 愚痴などは言えば言うほど、
 自らを苦しみの淵に追い込むことに
 なるでしょう。



■極端なことを想像すれば、

 経歴も能力も同じくらいで、
 スタート地点が同じ状況にある人が
 2人いると仮定して、

 3068日の間、毎日、


 2人のうちの1人が、

 「元気です!」

 「楽しいです!」

 と周囲にいい続け、


 もう一人が

 「辛いです、、」

 「苦しいです、、」

 と周囲にいい続けたとしたら、


 2人はそれぞれ、
 どこに導かれるでしょう、

 ということなのです。



■あえて答えをここに記す必要も
 ありませんね。


 私は、自分の人生にとって
 ある行動がプラスになるか、ならないか、

 を考えるとき、

 以上のような極端な状態を仮定し、
 その成り行きを想像してみます。



■そうすると、

 その行動が幸せをもたらしてくれるのか、
 はたまた、不幸を運んでくるのか、

 おおよそのイメージがつかめるように
 なるのです。



■そんな風に


 「愚痴を言う人生」

 「愚痴を言わない人生」


 をシミュレーションしたとき、

 明らかに後者の方が幸せになれるであろう
 ことが確信されたものでした。



■だから、

 文章執筆ポリシーの
 重要な一項目として、

 「苦しみを絶対に外に出さない」

 ことに決めているのです。


 その方針を貫いて今日までやってきましたが、
 この間、

 執筆ポリシーの変更を検討したことも
 なければ、後悔したことも一度もありません。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■言葉や態度が心を導く、ということがある。    そしてこの力は想像以上に強いものである。   ■ならば、意識して言葉と態度をコントロールする必要が    あるだろう。    心の赴くままに言葉を発し、振る舞いを行えば、    その結果はそのまま自分に返ってくる。   ■その行動が人生にプラスになる行動か、マイナスになる行動か    について考えるときには、極端な例を考えればいい。    そうすることによって、それがとるべき行動か、    とってはならない 行動か、おのずと分かってくるだろう。   ■「愚痴をいう」行動は、人生にとってプラスになる    行動ではなさそうである、とも理解されてくるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。