毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3057号 「変われる人」と「変われない人」


■突然ですが、

 私は事務所の壁に、
 下記のような張り紙をしています。


 友人の誰だったかが送ってくれたメールの中で、
 個人的に印象に残ったところを
 抜粋・抽出したものです。



 ▼今居眠りすれば、あなたは夢をみる。
  今学習すれば、あなたは夢が叶う


 ▼勉強に励む苦しさは今だけであり、
  勉強しなかった苦しさは一生続く


 ▼明日やるのではなく今日やろう


 ▼学習は人生の全てではないが、
  人生の一部として続くものである


 ▼人より早く起き、人より努力して、
  初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる


 ▼今の涎(よだれ)は、将来の涙となる


 ▼犬の様に学び、紳士の様に遊べ


 ▼今日歩けば、明日は走るしかない


 ▼一番現実的な人は、自分の未来に投資する


 ▼努力無しに結果無し


 いずれもまったく、その通りだと
 思います。



■これらは

 「短期視点ではなく、長期視点で」

 ということを表現を替え、

 あの手この手で啓蒙、啓発して
 くれている言葉のように感じます。



■これまでのメルマガにおいても、

 短期視点と長期視点の関係について、
 繰り返し、繰り返し、記してきました。


 <2861号 負けてもいい誘惑>

 <3018号 目先の数年くらい、捨ててもいいか>


 成功法則は無数に語られますが、
 つまるところ私は、

 「どんな時間軸で生きるか」

 が将来の運命を決する、

 と考えているのです。



■したがって、もちろん、
 この度の新刊


 【今日のお勧め本 変われる人
           8000人のキーパーソンと会食してわかったこと】


 においても、


 ついつい

 「短期視点」

 に陥ってしまいそうになるのを

 「長期視点」

 に引き戻すための、
 たくさんの考え方を載せました。


 (この本の根底を貫いている思想は
  一貫して、

  「短期より長期で」

  です)



■「分かっているけど、
  やめられない、止まらない」

 から、

 人間はなかなか変われない
 のですが、


 今回の本は、

 『変われる人』

 となるための条件である、

 「分かっていることを
  自動操縦レベルで行える」

 ようになるための処方箋と
 考えて頂ければよいかと思います。



■結局のところ、
 成果を出すことができないのは

 「成果の出ない思考習慣」

 と

 「成果の出ない行動習慣」

 が原因であり、


 であるならば、

 それらをを矯正し、
 再インストールするためには、

 自らを教育し直すしかありません。



■私自身、このことに気づき、
 徹底して自らに再教育を施すことによって、


 ▼今の涎(よだれ)は、将来の涙となる

 ▼一番現実的な人は、自分の未来に投資する


 という、

 この世の(当たり前の)真実を
 ようやく直視できるようになりました。

 (長い道のりでした)



■もしあなたが本当に、

 「変われない人」

 から

 「変われる人」

 になりたいのであれば、


 私が通ってきた旅の軌跡を
 ぜひ参考にして頂ければと思います。



■本なんか読むのは面倒だなあ、

 と思われるかもしれませんが、


 ▼今学習すれば、あなたは夢が叶う


 わけだし、


 ▼今日歩けば、明日は走るしかない


 のもまた、真実です。


 常に私たちは

 「今の楽」と「未来の楽」

 を秤にかけ、どちらかを選択し続けている、
 という毎日を送っているのです。



■再びここで、目の前の道が
 二つに分岐しているようです。


 <右に行く↓>

 【今日のお勧め本 変われる人
           8000人のキーパーソンと会食してわかったこと】


 <左に行く↓>

 http://www.youtube.com/

 http://www.nicovideo.jp/video_top


 いずれも、それぞれの人生です。


 ▼勉強に励む苦しさは今だけであり、
  勉強しなかった苦しさは一生続く


 (あーー、調子に乗って書き過ぎた!汗)



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■私たちは常に「短期の時間軸」と「長期の時間軸」の綱引きの    中で生きている。   ■思考習慣、行動習慣を「短期視点」から「長期視点」に    書き換えるには、自らの矯正、啓蒙、OSの再インストールを    行う必要がある。   ■「変われない人」から「変われる人」になるためには、    そのための学びが絶対的に求められるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。