毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3047号 「金メッキ理論」で自分を変える


■人は、周囲の人から認識され、
 期待されている通りに振る舞います。


 たとえば、

 「◯◯さんは、元気だ」

 というラベルを周りの人から
 貼られている人は、どれだけ疲れていても、

 「元気」

 に振舞おうとするものです。


 また、

 「◯◯さんは誠実な人だ」

 と思われている人は、その看板の通りに
 振舞おうとするでしょう。



■この文章の

 「元気だ」「誠実だ」

 という言葉はひとつの例であって、
 それ以外にも、


 「優秀だ」「格好いい」「きれいだ」

 「頭がいい」「勉強家だ」「人付き合いがいい」

 「落ち着いている」「集中力がある」

 「商売が上手」「いい人だ」「やさしい人だ」

 「面倒見がいい」「洗練されている」


 などなど、

 一度、人からある評価をされると
 (そしてそのレッテルを本人が気に入ると)

 もっと高い評価をしてもらおうと、
 より行動が強化されるのです。



■私なども、人様から褒めてもらうと、

 「そこのところ、
  もっと褒めて、もっと褒めて(ハアハア)」

 という感じで(笑)


 その評価を励みとし、褒めてもらった部分を
 もっと強化しようと頑張れます。



■本当は怠け者なのに、


 「メルマガを3000日も継続するなんて、
  なんて真面目な、なんて凄い」


 といわれると、

 「もっと褒めてもらいたい(ハアハア)」

 と、どれだけ眠くても、酔っ払っていても
 メルマガが書けてしまったりするのです。



■本当は家で寝ておりたいのに、


 「鮒谷さんは本当に勉強熱心ですね。

  毎日、多くの人と会ったり、
  本を読んだり、勉強会に参加したり」


 といわれると、またまた、

 「もっと褒めてもらいたい(ハアハア)」

 と、どれだけ二日酔いで頭がズキズキ
 していても、会食や勉強会に出かけてしまうのです。



■このように私の中に、

 「褒めてもらいたい」
 「認めてもらいたい」

 という強烈な欲求があるのは
 否定できず、


 であるならば、
 この感情を前に進むエネルギーに
 変えてしまおう、と思って、

 あるとき考えたのが

 【 金メッキ理論 】

 なのです。



■どういうことかというと、

 これから自分が伸ばしたい特性に
 「金メッキ」を施し、

 一生懸命、その分野において実績のある人で
 あることを【演じ】、

 「鮒谷さんは◯◯な人」

 と周囲の人に認識してもらうのです。


 (たとえば、


  ▼勉強熱心な人

  ▼たくさん会食をして
   人とのご縁を精力的に求めている人

  ▼継続力のある人

  ▼一定量の文章を少なくとも、
   書き続けることのできる人


  などなど)



■実際にそうであるかどうかはともかく、
 まず、そのように背伸びするのです。

 背伸びする、というのは演出する、
 ということ。


 そうやって演出しているうちに、
 その表面だけを見られた方から、

 勝手な勘違いで、


 「鮒谷さんは勉強熱心ですね」

 「鮒谷さんは根気があるんですね」

 「鮒谷さんは人とのご縁を大切に
  しているんですね」


 といわれることが増えてくるのです。



■すると私は、


 「もっと褒めてもらいたい(ハアハア)」

 「もっと褒めてもらいたい(ハアハア)」

 「もっと褒めてもらいたい(ハアハア)」


 と変なエネルギーが湧いてきて、

 「金メッキが剥げる前に
  自分を金そのものに変えてしまおう」

 という気持ちになるのです。



■この気持ちが、、


 「勉強熱心であろう」

 「根気強くあろう」

 「人とのご縁を大切にする人間であろう」


 という方向に自らを導いてくれるのです。



■この

 「金メッキを施し、
  剥がれる前に金化(?)する」

 というプロセスが自分を成長させる
 有効な手段だと認識しているのです。


 これを私は

 「金メッキ理論」

 と名づけ、


 「背伸びOK!演出OK!ハリボテでOK!
  金メッキ貼りまくれ!」

 (でもバレる前に、自分を「金化」せよ!)


 と自分の周りの親しい友人や後輩には
 伝え続けてきたし、

 今も、一生懸命、自分に金メッキを
 施しているところです。

 (剥がれる前に、早く「金そのもの」に
  ならないと。

  というか、もうとっくに剥がれてる!?汗)



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人は周囲から期待されているとおりに振る舞う生き物。   ■であるならば、先に、    「◯◯さんは、□□な人」    と自分にとって好ましいラベルを貼ってもらうよう    全力を尽くすべし。(金メッキを貼る、ハリボテ化する)   ■そうやって自分にとって心地よい評価をされていると、    メッキが剥がれる前に、本当にそのとおりになってやろう、    という前向きなエネルギーに満たされてくる。   ■だから、    「背伸びOK!演出OK!ハリボテでOK!     金メッキ貼りまくれ!」    でもバレる前に、自分を「金化」すべし!なのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。