毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3030号 「バサロ泳法」で生きていく


■理想(夢、目標)と現実のギャップが
 大きいほど、ハングリー精神が生まれる。

 そんなお話をこの2日ほど、
 してきました。

 今日も続けます。



■このギャップが大きければ大きいほど、

 ちょっとやそっとで、
 この差は埋めきれない、

 という自覚が生まれます。


 そこから「長期戦への覚悟」が
 固まってくるのです。



■中途半端な目標であれば、

 小手先でなんとかなるかも、という
 期待や幻想を抱いてしまいますが、


 そもそも、小手先でどうにもならない
 レベルの目標を掲げれば、

 自分そのものを作り変えるしかない、
 それには相応の時間がかかるだろう、

 と覚悟と決意をせざるを
 得なくなるのです。



■そうなると、
 日々の生活が整ってきます。

 打ち上げ花火のように派手、人目を引く、
 耳目を集める、

 というような目立つ行動ではなく、


 毎日の活動としては、

 (ある種)単調の上にも単調な活動を
 重ねていくこととなります。



■派手にバタフライで泳ぐ、

 というよりも、まったく目立たず、
 面白みもない?

 「バサロ泳法」

 で生きていくのです。


 ※下記は5年以上前に配信したメルマガですが、
  いまも考えはまったく変わっていません。


 <鈴木大地のバサロ泳法に学べば、
     必ず脚光を浴びる日がやってくる>



■そういった思いがあるから、

 今やっていることがすぐに日の目を
 見ることがないとわかっていても、

 安心して(?)、
 水面下に沈むことができます。


 どころか、目立たないことを行い続けている
 ことそのものが喜びとなり、楽しみとなるのです。



■ちなみに、

 私が今やっていることの8割から9割以上は、
 すぐに結果の現れないものです。

 営業のために会食しているわけでもなければ、
 何かをお願いするために人と出会っている
 わけでもありません。


 大学院に受かって、お金をもらえるわけでも
 なければ、

 高井先生とご一緒して、給与が頂けるわけでも
 ありません。



■しかし、すぐに現れる結果よりも、
 いずれ、もっと大きなものを手に入れられると
 思っているから、

 すぐに収穫できそうなものは極力、
 後回しにすることにしてきたのです。



■メルマガ書き始めた当初から
 そうでしたから、

 3000日以上、そんな姿勢を続けてきた
 ことになります。


 すると、メルマガ執筆初期の頃に
 蒔いておいた種が、

 ここにきて、どんどん芽吹き、育ち始めて
 いるのが分かるのです。



■こと、ここに至って、

 これまでやってきたことに
 間違いはなかった、

 という確信が生まれているのです。


 ですから、これからも同じく、未来を見据え、
 水面下に潜り、地道に種を蒔き、

 水面上に浮上する(そして歓声を浴びる)
 瞬間を楽しみにし、

 あるいは、

 どんどん芽が出て、育ち、
 収穫の日を迎えることを期待し、

 時間の経過を待つだけです。

 (=人事を尽くして天命を待つ)



■そんな毎日なので、
 将来が楽しみで仕方ありません。


 これまで行ってきた
 (そして今行っている投資)は、

 いずれも10年、20年先を見据えた投資と
 思って続けてきたものですから、

 あとは、長生きしてしっかりと投資回収する
 ことが重要な課題となりました。(冗談ではありません)


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■夢と現実のギャップが大きいから「長期戦への覚悟」が    生まれる。   ■長期戦を覚悟すれば、「小手先」ではなく、「本物」を    目指すことになるだろう。   ■「バサロ泳法」的な、目立たず、淡々として、日の目を見ない    活動に喜びを見出せるようになれば、あとは時間の経過が    成功を約束してくれる。(回収するために長生きしましょう)

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。